山本住友ゴム社長「何事もまず素直な気持ちで」 事務系・技術系の新入社員58人に

20211213山本住友ゴム社長

【神戸経済ニュース】住友ゴム工業(5110)の山本悟社長(写真=資料)は1日に開いた入社式で新入社員向けにあいさつし、「何事もまずは素直な気持ちで受け止めてみる姿勢が大事」と語った。よいと感じたことは素直に取り入れていくことで、実力が蓄えられると強調。社会人として「素直の気持ちを持って、誠実であることは強いベースとなります」と心構えの大切さについて述べた。そのうえで「自分を変化させるのほ勇気がいる」ことだが「一歩踏み出す勇気を持って、積極的にチャレンジしてもらいたい」と呼びかけた。

 22年度にの入社式には事務系、技術系の新入社員58人を対象に開催した。新型コロナウイルス感染防止対策を徹底したうえで対面方式で、同社の本社で実施。人事総務本部長で人事部長を務める井川潔執行役員も出席した。山本社長のあいさつは、1日に住友ゴムが発表した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告