バレーボール久光スプリングスに「神戸市スポーツ特別賞」 天皇杯・皇后杯優勝で

2022/03/24  13:30  第3段落の受賞回数を「10回以上」から「12回」に改めました。

【神戸経済ニュース】神戸市は23日、昨年12月19日の決勝戦で天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会で優勝を決めたバレーボールチーム「久光スプリングス」に「神戸市スポーツ特別賞」を贈ると発表した。久光スプリングスは本拠地を佐賀県鳥栖市としているが、専用の体育館を神戸市西区に構えて主な練習拠点としている。神戸市に本拠地を置き1998年に休部したダイエー(神戸市)の旧オレンジアタッカーズの流れをくむ。

 26日にグリーンアリーナ神戸(神戸市須磨区)で開催する東レアローズ戦の試合開始前に表彰式を開く。久元喜造市長が表彰状や花束などを手渡し、記念撮影する予定という。贈呈式は午後0時50分ごろからになる見通し。

 神戸市スポーツ特別賞は、国際大会に日本代表の選手として出場し、優秀な成績を記録した選手やチームなどに贈る。久光スプリングスは神戸市スポーツ特別賞をこれまでに12回、受賞している。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告