(動画)三菱重、海自向け潜水艦「たいげい」引き渡し 神戸造船所


【神戸経済ニュース】三菱重工業(7011)は9日午前、神戸造船所(神戸市兵庫区)の第三岸壁で潜水艦「たいげい」を防衛省に引き渡した。同潜水艦は海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)の第4潜水隊に配備する。中曽根康隆・防衛政務官と三菱重の阿部直彦・常務執行役員(防衛・宇宙セグメント長)が引き渡しに関する書面を交換する「引き渡し式」を実施。続いて、新造船に最初に自衛艦旗を掲げる「自衛艦旗授与式」を開催した。

 防衛省からは中曽根政務官のほか斎藤聡海上幕僚副長、三島茂徳防衛技監ら多くの関係者が出席。三菱重の関係者らも併せて約150人が式典に参加した。自衛喚起授与式の後、船尾付近のポールに自衛艦旗を掲げて中曽根氏が訓示。午後に開催した出港セレモニーでは、海上自衛隊の呉音楽隊が岸を離れる潜水艦を「蛍の光」の演奏で見送った。

 神戸造船所で戦後建造した潜水艦としては29隻目になる。たいげいは海自の現行潜水艦「そうりゅう型」の後継機種にあたる「たいげい型」の1番艦。リチウムイオン電池を採用したことで潜行性能が向上したほか、探知能力も向上。基準排水量は3000トンと、そうりゅう型(2950トン)を超えて過去最大だ。建造費用は約800億円。

 全長84メートル、幅9.1メートル、深さ10.4メートル。主要な装備は水中発射管など。2018年3月に起工し、20年10月に進水式を開いていた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告