旧北区役所の跡地、北区文化センターを新築へ 神戸市が活用方針

20220306旧北区役所

【神戸経済ニュース】神戸市は北区役所の跡地(写真)と中畑山公園を活用して、老朽化が進む北区文化センターと北図書館などの複合施設を新築する方針を決めたと発表した。旧北区役所の庁舎は耐震性能不足であったことなどから18年9月に鈴蘭台駅ビル「ベルスト鈴蘭台」に移転。旧庁舎は取り壊してビルを新築し、北区文化センター、北図書館、すずらんだい児童館、駐車場を整備する。

 北区文化センターには体育館、地域活動・文化活動に利用できる会議室などを整備。北図書館には書架と閲覧室のほか「お話の部屋」、多目的室、自習室、交流スペースなどを含む。すずらんだい児童館には学童保育の機能も併設する。このほか意見募集の結果をふまえ、鈴蘭台駅方面からの登り坂への負担軽減を意識した設備配置の工夫や、ユニバーサルデザインの重視などを方針に盛り込んだ。

 新しい北図書館には現在よりも広い蔵書と面積を確保することも決めた。2023年度までに新築するビルの設計と、旧北区役所庁舎の解体工事を実施する。24年度から建設工事に入り、25年度中には利用を開始する計画としている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告