日和産、売掛債権2億9900万円が回収不能のおそれ 取引先が民事再生申し立て

【神戸経済ニュース】東証2部上場で配合飼料の日和産業(2055)は4日、2億9900万円の売掛債権が回収できないか、回収が遅れる可能性が高まったと発表した。取引先で養豚業の「長島ファーム」(鹿児島県出水郡長島町)が3日付で民事再生手続き開始を申し立てたことから、同社への売掛債権で損失が発生する見通しになったという。

 債権額は現時点での概算額という。損失額が確定し、業績予想の見直しが必要になった場合には改めて発表する方針としている。

 同社は22年3月期の連結売上高を前期比微増の400億円、純利益を2.2倍の3億円と見込む。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告