神戸市、坂本花織選手に神戸栄誉賞 北京冬季五輪フィギュア「銅」獲得で

20220303坂本選手横断幕

【神戸経済ニュース】神戸市は3日、北京冬季五輪の女子フィギュアスケートシングルと、フィギュアスケート団体でいずれも銅メダルを獲得した坂本花織選手(シスメックス、神戸学院大)に「神戸栄誉賞」を贈ると発表した。坂本選手は神戸市灘区の出身で、神戸学院大(神戸市中央区)に在学中。神戸市内に本社を置くシスメックス(6869)と所属契約を結んでいる。表彰式などの日程は改めて調整する。

 神戸栄誉賞は神戸市在住の人などで、五輪やパラリンピックで3位以上の成績を記録した選手を表彰する制度。1984年に制定し、これまでに23人を表彰した。東京五輪では兵庫区出身で、五輪での柔道史上初になるきょうだい同日で金メダルを獲得した阿部一二三・阿部詩両選手を神戸栄誉賞として表彰。東京パラリンピックでは車いすラグビーで、日本代表の一員として活躍した須磨区出身の倉橋香衣選手に神戸栄誉賞を贈った。

 神戸市では、坂本選手が活動の拠点としたポートアイランドスポーツセンターのほか、神戸阪急、大丸神戸店、センタープラザ(いずれも神戸市中央区)に懸垂幕を設置。坂本選手の結果をたたえる。(写真は神戸市役所に2月28日まで設置した横断幕)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告