専門学校生が記念ケーキ製作 JR駅のプリコ神戸10周年・プリコ垂水5周年で

20220302プリコケーキ

【神戸経済ニュース】JR神戸駅、JR垂水駅の高架下を活用したショッピングセンター「プリコ神戸」「プリコ垂水」では、前回のリニューアル以来3月でそれぞれ10周年、5周年を迎えることから「アニバーサリーフェア」を開催する。これを記念した「シュガーケーキ」(1枚目の写真、プリコ神戸にて)の展示が1日に始まった。駅周辺の風景や電車をケーキに取り込んだデザイン。製菓の専門学校で学ぶ学生らが製作を担当した。プリコ神戸、プリコ垂水で31日まで展示する。

 ケーキを製作したのは神戸国際調理製菓専門学校(神戸市中央区)の学生たちだ。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、同校でも行事の中止が相次いだ。特に専門学校生は在学期間が2年とあって、今春卒業する学生は多くの行事を経験せずに学生生活を終えることになる。ショッピングセンターの運営会社であるJR西日本アーバン開発(神戸市東灘区)は、記念イベントを検討するなかでこうした事情を知り「学生たちの作品を発表する場にもなる」と同校にケーキの製作を依頼した。

 ケーキはキャンペーンを告知するポスターのメーンビジュアルとしても採用。展示初日の1日には朝からケーキを製作した学生らが、プリコ神戸、プリコ垂水の展示場所を訪れてケーキを飾り付けした(2枚目の写真=JR西日本アーバン開発提供)。

20220302プリコ飾り付け

 このほかプリコ神戸、プリコ垂水では11〜13日に買い物券が当たる「春の大抽選会」を開催。7〜13日に買い物した際のレシートを対象に、税込み3000円分で1回の抽選に参加できる。ただしプリコ神戸、プリコ垂水の間でのレシートは合算できない。クイズに答えて「ジョイワンカード」のポイント1000円分をねらう「プリコクイズチャレンジ」は1~31日に実施。1〜14日には対象商品を購入した来店客に、記念のクッキーを配布する(なくなり次第終了)。プリコ神戸の北側出入り口前にあたるJR神戸駅北側ひろばには、25〜27日にキッチンカーが登場し、日替わりで多彩な料理を楽しめるようにする。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告