神戸電鉄、ラッシュ時の便数減・終電を繰り上げ 3月12日ダイヤ変更

20220222新開地駅

【神戸経済ニュース】神戸電鉄は3月12日の始発からダイヤを変更する。朝夕のラッシュ時に運転本数を見直すほか、最終列車の時間帯を繰り上げる。かねて乗客が減少傾向にあったのに加え、新型コロナウイルスの影響で一段と乗客が減少したのに対応する。特に深夜の乗客が減っていることから最終列車を繰り上げ、鉄道施設の保守作業を効率的にできるようにする。

 朝ラッシュ時間帯は平日に、有馬、三田、粟生線方面から新開地行きの上り列車3本を減便。新開地から鈴蘭台・有馬方面行きの下り列車6本を減便する。土休日は上り3本、下り4本を減便する。粟生線の粟生上り急行列車2本と、小野発上り急行列車1本を準急に変更。粟生線は終日、急行列車の運転を廃止する。

 夕方のラッシュ時間帯から深夜にかけては、新開地方面行きの上り列車を8本減便し、2本増便する。新開地から鈴蘭台、三田方面の下り列車は11本を減便し、1本を増やす。三田発上り急行列車1本を普通に、新開地発下り急行列車1本を準急に変更する。土休日は上りを8本減便、下りを10本減・1本増便する。

 終電は平日・土休日共通。鈴蘭台〜谷上の上り最終列車を15分繰り上げ。新開地〜道場南口の下り最終列車は約10分、神鉄道場〜三田の下りは約27分の繰り上げになる。粟生線では鈴蘭台〜三木ので約30分繰り上げ。志染〜三木間の下りでは約24分の繰り上げ、鈴蘭台〜志染間の下りは約20分の繰り上げになる。(写真は新開地駅の神戸電鉄方面ホーム=資料)

 各駅の時刻表は22日から神戸電鉄公式ホームページに掲載する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告