石原ケミ、期末配当14円に積み増し 従来予定は12円50銭・実質増配幅を拡大

【神戸経済ニュース】ハンダめっき液大手の石原ケミカル(4462)は18日、2022年3月期末の配当金は1株あたり14円にすると発表した。従来予定の12円50銭から1円50銭積み増す。同社は21年10月1日付で1株を2株に株式分割しており、中間配当は分割前の1株あたり25円を実施していた。

 分割前の1株に換算すると、今期の年間配当金は実質的に前期比10円増配の53円に相当する計算だ。従来予定でも計算しても実質7円の増配になるが、増配幅を広げた形だ。

 同社は今期の連結純利益が前期比26%増の19億円と、過去最高を更新する見込み。好業績を受けて、株主への利益配分も増額する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告