(動画)神戸ポートタワー「プロジェクションマッピング」が大型化

2022/02/25  19:30  記事本文を過去形差し替えしました


【神戸経済ニュース】改装中の神戸ポートタワー(神戸市中央区)では5日から、プロジェクションマッピングを大型化した(動画)。足場がポートタワーの頂上付近まで組み上がったことで、これまで高さ40メートルだった映像を、高さ80メートルになるよう画面を拡大した。投影する映像は同じ内容だが、これまでは映し出していなかった部分も明らかにした。

 第1回の投影は5日午後6時半から。時刻になると、プロジェクションマッイングが美しく見えるメリケンパークには、大きくなったプロジェクションマッピングを楽しもうとメリケンパークを訪れた人の姿や、カメラを構える人の姿が目立っていた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告