3フロアで多彩な世界観を楽しむ新店舗 ルイ・ヴィトンが神戸に3月オープン

20220201ルイ・ヴィトン神戸店
【神戸経済ニュース】仏高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の日本法人であるルイ・ヴィトンジャパンは、神戸市中央区の旧居留地に新店舗「ルイ・ヴィトン神戸店」を3月19日オープンすると発表した。ルイ・ヴィトンは1983年に神戸に出店。現在も旧居留地内に店舗を構えるが、交通の利便性が高く、広い店舗を確保した。(図は外観の完成予想図=ルイ・ヴィトン提供)

 現在の店舗は旅行用ラゲージ(トランク)のほか、バッグ、小物、婦人・紳士服、靴、時計・宝飾、香水などすべての分野の製品を取りあつかう。新たな店舗も全分野をあつかう豊富な品ぞろえに加え、3フロアを活用することでブランドの多彩な世界観を楽しむことができる店舗にする計画だ。浪花町筋をはさんで大丸神戸店と対面。立地もJR元町駅に近づき、公共交通機関でも立ち寄りやすくなる。

 営業時間は午前11時〜午後8時を予定。不定休。一時的に開設している大丸神戸店内のルイ・ヴィトンの売り場は、新店舗のオープンをめどに終了。販売を新店舗に集約する。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告