FDA、2月後半に神戸〜高知を運休など 「まん延防止」で減便を再強化

【神戸経済ニュース】地域航空会社のフジドリームエアラインズ(FDA、静岡県清水区)は27日、2月後半(14日以降)に航空便の減便を再び強化すると発表した。神戸発着便では、2月14〜28日は神戸〜高知便が実質的に運休になる。神戸〜青森を2月14・16日に、神戸〜花巻を2月16日にそれぞれ運航する以外は、両路線の便を欠航にする。

 1月は減便を実施しなかったが、足元で政府が34都道府県に「まん延防止等重点措置」を適用するなど新型コロナの感染再拡大で、再び低迷する航空需要に対応する。2月前半は減便を名古屋発着便に限っていたが、足元で改めて移動を控える動きが目立っていることで、神戸発着便や静岡発着便などにも減便対象を拡大する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告