FDA、神戸〜新潟線を新規開設 3月27日から1日1往復

20210816FDA機

【神戸経済ニュース】地域航空会社のフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市清水区)は18日、夏ダイヤの運航開始日である3月27日から神戸〜新潟線を開設すると発表した。1日1往復の運航を予定する。神戸空港と新潟空港を結ぶ便を開設するのは、今回のFDAが初めて。3月からFDAは神戸空港と新潟に加えて松本、青森、花巻、高知の5都市を結ぶ。

 神戸〜新潟の所要時間は1時間15分〜1時間20分を見込む。新潟発は午後4時50分発、神戸発が午後6時40分を予定する。これまで神戸〜新潟間は鉄道を使っても、高速バスを使っても何度か乗り換える必要があり、新幹線を使っても4時間以上かかる。このため近畿と新潟を直接結ぶ航空便には一定の需要があると判断したもよう。

 3月27日〜6月30日までは就航を記念して、7日前までに予約・購入することで運賃が最安で片道6000円になる割安な運賃も設定する。7月以降の運賃については改めて発表するとしている。(写真は神戸空港で出発を待つFDA機=資料)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告