ボクシング谷口将隆選手に「神戸市スポーツ特別賞」 世界王座獲得で

【神戸経済ニュース】神戸市は14日、昨年12月14日の世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチでTKO勝ちして世界王座を獲得した谷口将隆選手(ワタナベボクシングジム=東京都品川区)に「神戸市スポーツ特別賞」を贈ると発表した。谷口選手は神戸市出身で、高校時代は神戸第一高等学校(神戸市中央区)のボクシング部に所属し、インターハイに出場した。

 18日に表彰式を開く。谷口選手とワタナベボクシングジムの渡辺均会長が神戸市役所を訪れて、久元喜造市長らが表彰状などを手渡す。当日は午後1時25分ごろ、神戸市役所1号館1階ロビーで同選手らを出迎える予定だ。

 神戸市スポーツ特別賞は、国際大会に日本代表の選手として出場し、優秀な成績を記録した選手やチームなどに贈る。ボクシングでは2017年5月に久保隼選手、同6月に山中竜也選手に贈った。16年12月には神戸市を拠点に活動し、同年限りで引退した長谷川穂積さんに、神戸市スポーツ賞とスポーツ特別功労賞をあわせて贈った。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告