斎藤兵庫知事、県内初オミクロン型「3人とも海外渡航歴なし」対応など確認

2021/12/30 14:15 写真を追加しました

20211230対策本部員会議

【神戸経済ニュース】兵庫県の斎藤元彦知事は、30日午後に開いた新型コロナウイルス感染症対策本部の関係部局による会議で冒頭にあいさつし、変位株「オミクロン型」の感染者が兵庫県で初めて確認されたと明らかにした。感染者は3人で「3人とも海外渡航歴はなく、おそらく市中感染だろう」と指摘した。会議では「年末年始も接近する中で、改めて対策を確認、強化したい」と話した。会議は斎藤知事のあいさつをのみ報道機関に公開した。終了後に斎藤氏が記者会見して詳しい状況などを説明する。(写真は会議冒頭の様子、中央にあいさつする斎藤知事)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告