ノザワ、総額20億円の融資枠契約を継続 合計60億円の融資枠契約を維持

【神戸経済ニュース】東証2部上場で建設資材を製造するノザワ(5237)は28日、総額20億円のコミットメントライン(融資枠)を継続する契約を同日付で更新したと発表した。新たな契約期間は2022年1月4日〜22年12月30日。シンジケート(協調融資)方式の契約で、アレンジャー兼エージェントは三井住友銀行が務める。同行に加え、山口銀、兵庫県信用農業協同組合連合会、みずほ銀、三井住友信託銀、池田泉州銀、三菱UFJ銀、みなと銀、りそな銀がシンジケート団に参加する。シ団の顔ぶれも従来の契約と同じ。

 融資枠の確保で、引き続き機動的、安定的な資金調達ができるようにする。同社は21年8月31日にも個別相対方式による総額40億円の融資枠契約を結んでいた。今回の融資枠と合わせた借り入れの上限は合計で60億円になる。ただ現時点では融資枠を使った金融機関からの借入金、ノザワ単独で融資枠以外の金融機関からの借入金のいずれもない、としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告