カルナバイオ、新株予約権の行使停止を要請 22日〜1月4日

【神戸経済ニュース】創薬ベンチャーのカルナバイオサイエンス(4572)は21日、7月30日に発行した「行使価格修正条項付第19回新株予約権」の割当先である米証券のキャンターフィッツジェラルドに対して、同新株予約権の権利行使を停止するよう要請したと発表した。停止期間は22日〜22年1月4日とした。

 カルナバイオの株価水準を考慮し、より高い株価水準での資金調達を目指すため。同社株は7月5日に年初来高値の1736円を付けたが、今回の新株予約権の発行を7月14日に発表して以来、徐々に水準を切り下げる展開。12月に入ってからは、ほぼ一貫して1000円の節目を下回って推移していた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告