神戸市内の映画ロケ地を巡るバスツアー、無料のモニター参加者を募集 商品化へ

20211221落合クリーンセンター

【神戸経済ニュース】旅行代理店のJTB神戸支店(神戸市中央区)は20日、「神戸フィルムオフィスが案内する神戸ロケ地巡りモニターバスツアー」のモニター参加者の募集を始めた。映画などのロケに使用した場所を日帰りで巡る、新たなバスツアーを実証運行する。ロケを誘致した神戸観光局の神戸フィルムオフィス担当者が全行程に同行し、何が、どういった場面に使われたかなどを案内する。2022年1〜2月に開催する3コース全10回のツアーでは、参加費を無料とする代わりにツアーに関するアンケートに回答する。(写真は映画「亜人」で佐藤=綾野剛=の隠れ家として登場した落合クリーンセンター)

 Aコースは神戸市西部地域を巡る。訪れるのは停止したゴミ焼却施設「落合クリーンセンター」や、神戸港の埋め立てに使った土を運んだベルトコンベアのトンネル跡など。「るろうに剣心 The Beginning」「スパイの妻」「鋼の錬金術師」などのロケに使われた。1月13・28日、2月7日に開催する。

 Bコースは神戸市中部を巡り、歴史的建造物の旧加藤海運本社ビル、デートシーンで使用した雑貨屋やカフェ、地元の人だけが知る絶景の公園などを訪れる。「繕(つくろ)い裁つ人」「アルキメデスの大戦」「思い、思われ、ふり、ふられ」などのロケに使った場所だ。1月16・27日、2月6日に開催。

 Cコースは神戸市東部を巡る。神戸らしい海の見える坂道や、首相官邸として登場した「旧乾邸」、40メートルの吹き抜けがある六甲アイランドの神戸ファッションマートなどを訪れる。「アウトレイジ」「日本の一番長い日」「彼女がその名を知らない鳥たち」などのロケに使われた。1月22・30日、2月3・12日に開催予定だ。

 各出発日とも15人を募集。複数回の参加はできない。AコースとCコースに参加する場合は昼食代を自己負担する。Bコースは午後のみ。このほかAコースは、あいな里山公園の入園料も自己負担する。集合場所は三宮。1月28日に開催するツアーまでは、1月3日までに申し込む必要がある。それ以外も16日まで募集する。応募者多数の場合は抽選になる。申し込みには専用ホームページを使用する。

 新たな旅行商品を開発するための観光庁の補助金「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業 交通連携型」の実証事業向けの補助金を活用。参加者の旅行代金負担をなくす。みなと観光バス(神戸市東灘区)を代表事業者、神戸市、神戸観光局神戸フィルムオフィス、JTB神戸支店などを参加事業者として同補助金に採択された事業だ。のちに商品化して、観光客など多くの人が有料で楽しめるツアーに育てたい考えだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告