GセブンHDが急伸 3期ぶり最高益見通しを好感、物価高で業スーに追い風とも

終値 1459円 +134円(+10.11%)【神戸経済ニュース】14日の東京株式市場では「業務スーパー」「オートバックス」の加盟店を展開するG-7ホールディングス(GセブンHD、7508)が急伸。一時は前日比137円高の1462円まで上昇した。終値でも東証プライム市場の値上がり率ランキングで14位に浮上した。前日大引け後に、2025年3月期の連結純利益が8%増の56億円と、3期ぶりに最高益を更新する見通しと発表した。好業績期待で買...

日経平均反発、終値は前日比3万8356円 前日比176円高

【神戸経済ニュース】14日の東京株式市場では日経平均株価が反発。終値は前日比176円60銭高(+0.46%)の3万8356円06銭だった。東証株価指数(TOPIX)も反発した。▽株式関連コンテンツ・神戸経済ニュース「業績・株式」記事一覧・メールマガジン「今日の株式相場」(まぐまぐ)・メールマガジン「<無料版>今日の相場」(まぐまぐ)・神戸経済ニュース相場班(twitter) 神戸経済ニュース<トップ>...

◆三星ベ、今期純利益31%増の93億円に 前期は微増の71億円

これは見出しだけの速報です。 神戸経済ニュース<トップ>        <記事一覧>...

GセブンHD、今期29店舗を新規出店へ 純利益8%増の最高益56億円に

【神戸経済ニュース】「業務スーパー」「オートバックス」の加盟店を展開するG-7ホールディングス(GセブンHD、7508)は13日、2025年3月期の連結純利益が8%増の56億円になりそうだと発表した。同日に記者会見した金田達三会長兼CEO(最高経営責任者)は、今期の出店計画を「29店舗」と明らかにした。仕入れ価格がじわりと上昇する中で、引き続き出店攻勢で増収増益をねらう。首都圏の1都3件で「業務スーパー」15店舗...

シャルレ、今期純利益92%減に シャワーヘッド販売減り採算悪化、前期に旧本社売却

【神戸経済ニュース】レディースインナー(婦人下着)の訪問販売が主力のシャルレ(9885)は13日、2025年3月期の連結純利益が前期比92%減の4500万円になりそうだと発表した。神戸市須磨区の旧本社ビルの土地や建物を売却した固定資産売却益がなくなる。加えて高採算の商品であるシャワーヘッドの販売が減ることで、同社全体の採算も悪化する。 売上高は4%減の127億円、営業利益は93%減の4000万円を見込む。訪問販売では、新...

神戸電鉄、今期純利益12%減に 地下鉄北神線の業務受託終了で減収

【神戸経済ニュース】神戸電鉄は13日、2025年3月期の連結純利益が前期比12%減の9億円になりそうだと発表した。鉄道での輸送人員は新型コロナウイルスで受けた影響の回復が一巡して前年並みを想定。流通業は増加が続く。だが神戸市営地下鉄北神線の運行受託業務が24年3月で終了したのが響く。前期に20年ぶり復配した年間配当金は、据え置きの10円(中間なし)を予定する。 売上高に相当する営業収益は3%減の216億円、営業利...

monoAI、大日印に第三者割当 第2位株主に・9億9000万円を調達

【神戸経済ニュース】イベント用仮想空間「メタバース」の開発・運営を手掛けるmonoAI technology(モノアイテクノロジー、5240)は13日、印刷の国内最大手である大日本印刷(7912)と資本業務提携すると発表した。資本提携では、monoAIが第三者割当増資を実施し、大日印に対して1株557円で179万5000株を割り当て。9億9900万円を資金調達する。大日印は議決権の14.78%を取得し、monoAIの本城嘉太郎社長に次ぐ第2位の株主になる...

今日の株式相場・小幅続落か、個別物色の展開続く 3万8100円台が中心に

【神戸経済ニュース】14日の東京株式相場は小幅続落か。2024年3月期決算の発表も最終盤に入り、中小型銘柄の発表が増えている。このため個別銘柄に視線が向きやすく、日経平均への寄与度が大きい銘柄から資金が流出したり、利益確定の売りが出やすい。外国為替市場で円相場が1ドル=156円台の円安・ドル高水準で推移しているのは株式相場の下支えになるとみられる。日経平均株価は3万8100円台を中心とした値動きか。 13日の米...

神戸の予定・14日 市民広場駅の周辺でライトアップ開始

【神戸経済ニュース】・神戸製鋼が神戸市にグランドピアノを寄付で式典(神戸市役所、11:00)※第2応接・斎藤兵庫知事が定例記者会見(15:00)・市民広場駅の周辺でライトアップ開始でお披露目(ポートライナー市民広場駅北側、19:15)・1〜3月期決算=ノーリツ・3月期決算=三星ベ、山陽電、トレーディア※予定は変更になる場合があります。※「神戸の予定」は<メールマガジン>(無料)で日々配信しています。・掲載のご希...

さくらKCS、今期純利益4%減に 前期に優遇税制・自治体システム標準化は寄与

【神戸経済ニュース】三井住友銀系の情報サービス会社さくらケーシーエス(4761)は13日、2025年3月期の連結純利益が前期比4%減の8億6000万円になりそうだと発表した。需要は好調で増収の見通しながら、前期に賃上げ優遇税制の適用を受けた反動で、税金費用の増加を織り込んだ。年間配当は前期据え置きの24円(うち中間12円)を予定する。 売上高は1%増の231億円、営業利益は12億円を見込む。記者会見した加藤貴紀社長は、...

兵機海、社長に大東慶治常務が昇格 洋治社長は代表権持つ会長に

【神戸経済ニュース】鋼材輸送など在来貨物が主力の兵機海運(9362)は13日、株主総会を開く6月27日付で大橋慶治常務(50、写真=同社提供)が社長に昇格する人事を発表した。大東洋治社長(78)は代表権を持つ会長になる。新たな経営体制のもとで、経営基盤のさらなる強化と持続的な企業価値の向上をめざす。 大東慶治常務は、洋治社長の長男。平井清隆専務(79)は続投するが、代表権は外す。 大東 慶治(おおひがし・けいじ...

兵機海、今期税引き益18%減に 前期に子会社清算で関連収益計上の反動で

【神戸経済ニュース】鋼材輸送など在来貨物が主力の兵機海運(9362)は13日、2025年3月期の単独税引利益が前期比18%減の4億2000万円になりそうだと発表した。前期に子会社を清算したことに伴う特別利益を3000万円計上したほか、貸倒引当金の戻し入れ益8900万円を営業外収益に計上した反動が表れる。船舶保有会社だった連結子会社のK.S.LINES(パナマ)は3月中に精算を終えた。 売上高は4%減の140億円、営業利益は8%増の5...

日和産、社長に中橋専務が昇格・創業家出身 中沢社長は会長に

【神戸経済ニュース】配合飼料を製造販売する日和産業(2055)は13日、株主総会を開催する6月27日付で中橋太一郎専務(45、写真=同社提供)が社長に昇格する人事を発表した。中沢敬史社長(69)は代表権を持たない会長になる。中橋専務は創業家の出身で、中橋正敏会長(78)の長男。正敏氏は同日付で取締役相談役に就く。 トップの交代で経営体制を充実、強化して企業価値の向上をめざす。中沢社長は17年6月に就任し、社長を7...

日和産、今期純利益45%減に 円安で原材料の輸入価格上昇が重荷

【神戸経済ニュース】配合飼料を製造販売する日和産業(2055)は13日、2025年3月期の連結純利益が前期比45%減の3億円になりそうだと発表した。販売数量と、原材料の国際相場は前期並みを想定する中で、円安による原材料の輸入価格の上昇が重荷になる。年間配当金は6円(中間なし)を計画。前期は創業100年の記念配当2円を含む8円だった。 売上高は5%減の500億円、営業利益は56%減の4億円を見込む。記者会見した中橋太一...

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告