AREHDが反落 純利益「進捗率」が低く今期下振れに警戒感

終値 1971円 -86円(-4.18%)【神戸経済ニュース】1日の東京株式市場ではAREホールディングス(5857)が反落。一時は前日比105円安の1952円まで下落した。前日大引け後に2023年4〜12月期の連結決算を発表。純利益は前年同期比30%減の70億円と大幅減益になった。24年3月期の通期予想である132億円に対する「進捗率」は54%と4分の3を大きく下回ることから、今期の収益下振れ懸念が広がった。 国際商品相場の下落を受け...

GセブンHDが大幅続伸 営業減益も順調な進捗率を好感か

終値1331円 +68円(+5.38%)【神戸経済ニュース】1日の東京株式市場ではG-7 ホールディングス(7508)が大幅続伸。一時は前日比74円高の1337円まで上昇した。前日に2023年4〜12月期の連結決算を発表。営業利益は前年同期比1%減の56億円と減益になった。ただ24年3月期通期の予想(77億円)に対する進捗率が74%と、おおむね4分の3まで到達しており、順調に収益を計上しているとの見方が広がったようだ。 23年4〜12月...

今週末のメリケンパーク 大道芸パフォーマンスとストリートライブ

【神戸経済ニュース】当面のメリケンパークでの行事・イベント予定は以下の通り。(情報提供:神戸港"U"パークマネジメント共同事業体)▽2月3日(土)、4日(日)・大道芸パフォーマンス(円形広場)・大道芸パフォーマンス(メリケンパーク内)・ストリートライブ(円形広場)▽2月9日(金)〜3月14日(木)・バレンタインライトアップ in メリケンパーク (メリケンバーク内に様々なフォトスポットが登場!) 主催:“こ...

日経平均4日ぶり反落、終値は3万6011円 前日比275円安

【神戸経済ニュース】1日の東京株式市場では日経平均株価が4営業日ぶりに反落。終値は前日比275円25銭安(-0.76%)の3万6011円46銭だった。東証株価指数(TOPIX)も反落した。▽株式関連コンテンツ・神戸経済ニュース「業績・株式」記事一覧・メールマガジン「今日の株式相場」(まぐまぐ)・メールマガジン「<無料版>今日の相場」(まぐまぐ)・神戸経済ニュース相場班(twitter) 神戸経済ニュース<トップ>...

神戸医療産業都市のスタートアップ向け共有実験室が開設3年 「共同研究を推進」

【神戸経済ニュース】神戸市の外郭団体である神戸都市振興サービスと、スタートアップの育成支援などを手がけるリバネス(東京都新宿区)は1月31日に、スタートアップ向け共有実験室「スタートアップ・クリエイティブラボ」(写真は玄関=資料)が開設から3年が経過したのを記念するイベントを開催した。同施設を運営するリバネスの高橋宏之執行役員はあいさつし、「スタートアップの成長を加速する共同研究を、さまざまな形で推...

今日の株式相場・売り先行か、下値拾う動きは活発に 3万5800円台に下落も

【神戸経済ニュース】1日の東京株式相場は売り先行か。前日の米株式相場が下落したのを受けて、日本株にも利益確定の売りが先行しそうだ。米株は、米連邦準備理事会(FRB)が31日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文などから、早期の利下げへの期待感が後退したのを受けて下落した。ただ日本株の根強い先高観から、下値を拾う動きは活発になるとみられる。日経平均株価は3万5800円近辺を中心とした値動きにな...

神戸の予定・1日 有馬温泉ユニバーサルの日、陳舜臣氏に関する資料展示など

【神戸経済ニュース】・百貨店月次速報・地元小学生が大阪湾岸道路西伸部の基礎杭に描画(六甲アイランド、10:00)・ゆけむりマルシェ(温泉寺前広場、12:00)・「有馬温泉ユニバーサルの日」イベント(有馬ロイヤルホテル、13:00)・垂水駅前立体原付駐車場・一般車ロータリー利用開始・立命館大・立命館アジア太平洋大が入学試験(神戸国際展示場、4日まで)・関西大学が入学試験(神戸国際会議場など、7日まで)・神戸布引...

トーホー、食品スーパー4店舗を三杉屋に譲渡 残り10店舗も譲渡先探す

【神戸経済ニュース】業務用食品卸売りのトーホー(8142)は1月31日、2025年1月末までに撤退する予定の食品スーパー「トーホーストア」のうち平野祇園店(神戸市兵庫区)、滝の茶屋店(神戸市垂水区)、旗塚店(神戸市中央区)、明石小久保店(明石市)の4店舗を、食品販売の三杉屋(神戸市東灘区)に譲渡すると発表した。すでに13店舗はバローホールディングス(9956)の傘下各社の業態に移行することが決まっている。譲渡先が...

GセブンHDの4〜12月期、純利益8%増 暖冬で冬用タイヤが苦戦

【神戸経済ニュース】「業務スーパー」「オートバックス」の加盟店を展開するG-7ホールディングス(GセブンHD、7508)が1月31日に発表した2023年4〜12月期決算は、純利益が8%増の41億円になった。前年同期に特別損失として計上した創業者の退職慰労金5億円がなくなったほか、特別利益に投資有価証券の売却益1億2700万円を計上。コスト高などによる営業減益を補って最終増益を確保した。 売上高は9%増の1456億円、営...

フジッコの4〜12月期、純利益22%増 昆布製品・総菜製品の販売増で

【神戸経済ニュース】総菜大手のフジッコ(2908)が1月31日に発表した2023年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比22%増の13億円だった。昆布製品と総菜製品の販売が伸び、収益をけん引した。値上げによる採算改善も寄与した。最大の商戦期である12月は、新型コロナウイルスに起因する巣ごもり需要が後退し、おせち関連などが前年同期に届かなかった。ただ懸念されていた、想定以上の落ち込みもなかったという。 売上高は...

さくらKCSの4〜12月期、純利益76%増 インボイス対応で早め計上が増加

【神戸経済ニュース】三井住友銀系の情報サービス会社さくらケーシーエス(4761)が1月31日に発表した2023年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比76%増の6億8900万円だった。品質管理の強化で不採算案件が減り、全体として生産性が向上した。低採算の案件は値上げを申し入れたり、採算が確保できなければ撤退したりと、収益性の改善に引き続き取り組んだ成果が表れた。 売上高は1%増の164億円、営業利益は91%増の9...

トーカロの4〜12月期、純利益25%減 「半導体・FPD」の回復遅れ響く

【神戸経済ニュース】表面処理加工のトーカロ(3433)が1月31日に発表した2023年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比25%減の42億円になった。半導体の需要回復が遅れており、半導体・FDP(平面ディスプレー)の製造装置向け溶射加工で需要が引き続き低調だった。ボイラーの内部などエネルギー分野や高速鉄道向けベアリングといった、産業機械向けの溶射加工が好調だったが、補えなかった。 売上高は4%減の348億円...

AREHDの4〜12月期、純利益30%減 パラジウム・ロジウムの価格が下落

【神戸経済ニュース】貴金属リサイクルのAREホールディングス(旧アサヒホールディングス、5857)が1月31日に発表した2023年4〜12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比30%減の70億円だった。国際商品相場の下落を受けて、利益率が大きく、利益を左右しやすいパラジウム、ロジウムの販売価格が下落したのが響いた。前期にフジ医療器の株式売却損など33億円を計上した営業外の「その他費用」はなくなったが、...

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告