シスメックスが急伸、9%上昇 シティ証が投資判断を上げ・需要回復を期待

終値 8414年 +704円(+9.13%)【神戸経済ニュース】30日の東京株式市場では血液検査機器の世界大手であるシスメックス(6869)が急伸。一時は前日比804円高の8514円まで買い進まれた。終値でも東証プライムの値上がり率ランキングで19位に顔を出した。シティグループ証券が前週末27日付のリポートで、投資判断を3段階で真ん中の「中立」から「買い」へと強気に引き上げたことなどが買いのきっかけになった。 新型コロナウイル...

兵庫県「県独自措置」を一部緩和 飲食店の人数・時間制限など(県の資料より)

【神戸経済ニュース】◆兵庫県「県独自措置置」一覧表(兵庫県の資料より作成)◆ 3月22日以降に適用した「県独自措置」からの変更は下線で示した。区域 兵庫県全域期間 2022年6月1日(水)から措置内容[外出自粛等]○3密の回避(ゼロ密)、適切なマスク着用、手洗い、換気等基本的な感染対策を徹底○発熱等の症状がある場合、帰省・旅行等の自粛を要請○まん延防止等重点措置区域をはじめ感染拡大地域への不要不急の移動は極...

兵庫県、飲食店での人数・時間制限の撤廃を発表 認証店で6月1日から

【神戸経済ニュース】兵庫県は30日、同日に開いた新型コロナウイルス対策本部員会議で、飲食店を利用する際に1テーブルあたり4人までとする人数制限や、短時間(2時間程度以内)に制限する要請を撤廃することを決めたと発表した。感染対策を実施している「認証店」を対象に6月1日から。本部員会議の終了後に、斎藤元彦知事が記者会見して発表した。 非認証店についても人数・時間制限の要請を取り下げるが、酒類を提供する場...

日経平均続伸、終値は2万7369 前日比587円高

【神戸経済ニュース】30日の東京株式市場では日経平均株価が続伸した。終値は前日比587円75銭高(+2.19%)の2万7369円43銭だった。東証株価指数(TOPIX)は3日続伸。▽株式関連コンテンツ・神戸経済ニュース「業績・株式」記事一覧・メールマガジン「今日の株式相場」(まぐまぐ)・メールマガジン「<無料版>今日の相場」(まぐまぐ)・神戸経済ニュース相場班(twitter)...

カルナバイオ、米国で血液がん治療薬の臨床試験 FDAが承認

【神戸経済ニュース】カルナバイオサイエンス(4572)は30日、新たな血液がん治療薬として開発を進めている薬剤「AS-1763」について、臨床試験(治験)の開始を承認するとの文書を米食品医薬品局(FDA)から受け取ったと発表した。同薬剤の治験は、すでに安全性などを見極める第1相のオランダでの第1相試験を実施している。米国では、この結果をもとにした第1b相の臨床試験を実施する予定だ。 オランダでの第1相では各...

今日の株式相場・続伸か、米株高で安心感 2万7000円上回ると売りも

▽続伸か、米株高で安心感 日経平均2万7000円上回ると売りも【神戸経済ニュース】30日の東京株式相場は続伸しそうだ。前週末の米株式相場が上昇し、戻り歩調を鮮明にしたことで、買い安心感が広がるとみられる。世界的に需要のある半導体関連や……〜記事本文の内容〜▽日米株価指標まとめ▽きょうの相場展開予想▽きょうの注目銘柄・2銘柄▽きょうの行事予定(発表予定など)▽前日の相場予想確認など。▽関連コンテンツ・メールマガジ....

神戸の予定・30日 兵庫県が新型コロナ対策本部員会議

【神戸経済ニュース】・兵庫県第1回住宅審議会(ラッセホール、11:00)・兵庫県が新型コロナ対策本部員会議(14:10)・神鉄シーパスワン・神鉄シーパスワンplus・神鉄シーパスワン北神の販売開始(北区役所、鈴蘭台駅など)・トライやる・ウィーク(6月3日まで)※予定は変更になる場合があります。※「神戸の予定」は<メールマガジン>(無料)で日々配信しています。・掲載のご希望は<編集部まで>お知らせください。▽関連...

今週の予定・5月30日〜6月5日 兵庫県議会が開幕、南京町で「端午祭」

【神戸経済ニュース】▽5月30日(月)・兵庫県第1回住宅審議会(ラッセホール、11:00)・兵庫県が新型コロナ対策本部員会議(14:10)・トライやる・ウィーク(6月3日まで)▽5月31日(火)・4月の兵庫県有効求人倍率・3月の兵庫県景気動向指数(速報)・三宮・サンパルが実質的に閉館▽6月1日(水)・兵庫県議会第358回定例会が開幕・斎藤兵庫知事が定例記者会見(15:00)・第172回2022秋冬日本グランドシューズコレクシ...

(解説)神戸市内31社の23年3月期、会社予想は増収増益 原燃料高は転嫁進む

【神戸経済ニュース】神戸市内に本社を置く3月期決算の上場会社31社について、各社が開示した純利益の2023年3月期予想を合計すると、前期比8%増の2215億円になることが分かった。売上高は11%増える。好調な外需が引き続き輸出型企業の収益をけん引。新型コロナウイルスの感染拡大による消費への影響も後退し、総じてみると増収増益見通しだ。一方で、ロシアによるウクライナ侵攻や原材料高に燃料高、物流費用の高止まりなどは...

広告

広告

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

広告

広告