GセブンHDの4〜6月期、純利益49%増 業務スーパー好調、ミニピアゴ寄与

 G-7ホールディングスが31日に発表した2020年4〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比49%増の12億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「巣ごもり消費」の影響で、フランチャイズ(FC)店を運営する業務スーパーが好調。東京都と神奈川県で展開する小型スーパー「miniピアゴ(ミニピアゴ)」を展開する99イチバが4月1日から連結対象になったのも寄与した。 売上高は28%増の400億円、営業利益は34%1...

フジッコの4〜6月期、純利益7%増 ヨーグルトなど伸び採算改善

 フジッコが31日に発表した2020年4〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比7%増の7億2900万円だった。売上高は前年同期並みながら、相対的に高採算のヨーグルト製品などが伸びたことが寄与した。販売が伸び悩んだ昆布製品などは、巣ごもり消費を背景に需要は好調だった半面、工場で感染対策を強化した結果生産能力が低下した影響も出た。生産能力の低下で「ふじっこ煮しそ昆布」の販売を一時休止するなど、新型コロナウイル...

久元神戸市長、観光「しっかり感染対策して神戸を楽しんで」「従来通りの考え方」

 神戸市の久元喜造市長(写真)は31日午後に開催した新型コロナウイルス感染症対策本部の会議終了後に記者らの取材に応じ、国や県などが観光キャンペーンを継続していることについて「感染防止の対策をしっかりと取られたうえで、神戸を来られる方には神戸を楽しんでいただきたい」と話した。神戸市は同日、新型コロナ対策本部を再設置するなど対策を強化する方向だが、久元氏は「今日の(対策本部が決めた)方針の中でも観光は特...

神栄、今期3期ぶり最終黒字1億円を確保へ 不採算事業の撤退完了

 神栄は31日、2021年3月期の連結最終損益が1億円の黒字(前期は6億6700万円の赤字)になりそうだと発表した。前期に特別損失として計上した、繊維関連の不採算事業からの撤退費用がなくなる。同じく前期は特別損失に計上したフイルムコンデンサーの取引に関する訴訟関連費用なども、大きく減少する見通し。このため特別損失が大幅に減少し、3期ぶりの最終黒字になる見通しだ。これまで同社は新型コロナウイルスの感染拡大の影...

住友ゴムが大幅安、4カ月半ぶり安値 会社予想が市場予想下回る

 31日の東京株式市場では住友ゴム工業(5110)が4日続落。終値は前日比65円(6.91%)安の876円と大幅安になった。前日に2020年12月期の連結業績予想(国際会計基準)を発表。新型コロナの影響が読みづらいとして「未定」だった純利益は、前期比42%減の70億円と大幅な減益になる見通しを示した。市場予想の平均値(160億〜170億円、15日時点)も大幅に下回ったことから、収益悪化を懸念した売りが膨らんだ。 同社は5月18日に...

神戸市が国内ドル建て債を起債 利率0.765%・発行額は合計2億1000万ドル

 神戸市は31日、国内の機関投資家向けに発行する米ドル建て、2本建ての5年物公募地方債「神戸市令和2年度第7−1回公募公債(5年)」「神戸市令和2年度第7−2回公募公債(5年)」の発行条件を決めた。いずれも表面利率は0.765%、発行価格は額面100米ドルにつき100米ドル(応募者利回り0.765%)になった。8月12日に発行し、償還期限は2025年8月12日。 発行額は第7−1回が5000万ドルで、第7−2回が1億6000万ドル。第...

神戸市、新型コロナ「対策本部」を再設置 感染増で警戒本部から格上げ

 神戸市は31日、同日付で「新型コロナウイルス感染症対策本部」を再設置した。同市は政府の緊急事態宣言が5月25日に全面解除されたのを受けて、5月27日付で対策本部を警戒本部に格下げしていた。だが足元で神戸市内でも新型コロナの感染者数が増加。兵庫県は全体で感染者数の7日移動平均が30人を上回る「感染拡大期1」に入ったこともあり、神戸市でも対策本部を再設置して、新型コロナ対策を強化する。 31日午後に神戸市が開...

スカイマーク、神戸〜羽田など8800円に値下げ 8月7〜31日搭乗「いま得」で

 スカイマークは31日、8月7〜31日の搭乗分に限定して、通常は空席予想数に応じて運賃が変動する国内線の割引運賃「いま得」を9800円(片道、税込み)に設定すると発表した。このうち神戸〜羽田、神戸〜鹿児島、神戸〜長崎の3路線へと8800円にする。同社は8月6日まで「いま得」を多くの路線で1万円、神戸〜羽田を9000円にするキャンペーンを実施しているが、月遅れ盆の休みで航空便の需要がもっとも増える8月中旬に、さらな...

5月の兵庫県一致指数は5カ月連続で低下 基調判断「悪化」据え置き

 兵庫県が31日に発表した5月の兵庫県景気動向指数(兵庫CI、2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月から6.9ポイント低下の64.8だった。基準年である2015年以降の最低を4カ月連続で更新した。さかのぼって算出した2003年以降の参考値でみても、09年5月の70.6を下回り、過去に見当たらない水準になった。新型コロナウイルスを巡る政府の緊急事態宣言で、経済活動が停滞した様子を反映した。 所定外労働時間数...

6月の兵庫県有効求人倍率6カ月連続で低下 1.01倍、判断「厳しさ」据え置き

 厚生労働省の兵庫労働局が31日発表した6月の兵庫県内の有効求人倍率(季節調整値)は1.01倍と、前月に比べて0.04ポイント低下した。6カ月連続の低下で、2015年9月以来およそ5年ぶりの低水準になった。有効求人数が前月比で0.9%増加したのに対し、有効求職者数が5.5%増加した。求人が増加した一方で求職者の増加がより大きいことから、兵庫労働局は足元の雇用情勢について「厳しさがみられる」との見方を前月から据え置いた...

(今日の株式相場)軟調か、新型コロナの懸念くすぶる 2万2200円台に下落も

▽軟調か、新型コロナの懸念くすぶる 日経平均は2万2200円台に下落も 31日の東京株式相場は軟調か。前日に日本国内で新たに判明した新型コロナウイルスの感染者数が1265人と連日で過去最高を更新した。足元で感染が拡大していることで、再び経済活動が停滞することへの懸念がくすぶり……▽注目銘柄・2銘柄▽今日の行事予定(発表予定など)▽前日の相場予想……など。▽関連コンテンツ・メールマガジン「今日の株式相場」(まぐまぐ)....

新長田再開発の全体事業費2279億円 赤字は通算326億円に、事業検証も開始

 神戸市は30日、阪神淡路大震災から2カ月後の1995年3月に都市計画決定して開始した新長田駅南地区の再開発にかかる事業費が全体で、2279億円になりそうだと発表した。公園や道路の整備が完了し、計画した再開発ビル44棟すべての概要が固まったことで、全体事業費の概算額が判明した。一方、再開発によって生み出した商業スペース「保留床(ほりゅうしょう)」の売却予定分を見込んでも、事業期間である28年間の通算で326億円の...

アシックス、立体設計でランナーが快適なマスク 9月中旬発売

 アシックスは飛沫の拡散を抑えながら、快適に呼吸ができる独自技術を取り入れたマスク「ASICS RUNNERS FACE COVER(アシックスランナーズフェイスカバー)」(写真=アシックス提供)を9月中旬に発売する。マスク本体と口との間に適度な空間を持たせた立体設計で、着用しながら速いスピードで走っても息苦しくなりにくい。 マスク本体は2層構造。外側の層はリサイクルポリエステルを約31%配合。速乾性の優れた素材で、内側の...

住友ゴムの今期、純利益42%減に 新型コロナ影響で上期最終赤字

 住友ゴム工業は30日、2020年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比42%減の70億円になりそうだと発表した。新型コロナウイルスの影響で4〜6月を中心に世界のタイヤ需要が後退した影響が残る。従来は合理的な算定が困難として、業績予想を「未定」としていた。同時に1〜6月期の最終損益が95億円の赤字(前年同期は63億円の黒字)になったようだと発表。7月以降に挽回して通期では黒字を確保するが、前期の業績は大きく...

神電鉄が3日続落 4〜6月期赤字で4カ月半ぶり安値、鉄道株は軒並み安

 30日の東京株式市場では神戸電鉄(9046)が3日続落した。終値は前日比130円(3.74%)安の3345円と、ややきつい下げになった。一時は3325円まで下落と、3月17日以来およそ4カ月半ぶりの安値に沈んだ。前日大引け後に発表した2020年4〜6月期の連結決算は最終損益が3億7000万円の赤字(前年同期は6億1700万円の黒字)になり、収益の悪化を嫌気した売りが増えた。 鉄道、バス、タクシーの運輸業で輸送人員が大幅に減少した...

アサヒHD株が急伸、値上がり率3位 今期予想の上方修正で

 30日の東京株式市場では貴金属リサイクルのアサヒホールディングス(5857)が急伸した。終値は前日比520円(16.69%)高の3635円と、東証1部の値上がり率ランキングで3位に顔を出した。2日ぶりに上場来高値を更新し、一時は3685まで上昇した。売買高も85万6600株と、前日の3倍超に膨らんだ。前日大引け後に2021年3月期の業績予想を上方修正したのを好感した買いが集まった。 連結営業利益(国際会計基準)は前期比17%増の...

毎週水曜はポートタワーで夕涼み 地産地消の料理や神戸の地ビール販売

 29日夕方の神戸ポートタワー(神戸市中央区)では、地産地消の野菜を使った料理や神戸産の材料で作ったビールなどを販売する「WEDNESDAY NIGHT MARKET(ウェンズデー・ナイトマーケット)」を開催した。神戸ポートタワーの1階に出店している地ビール店を中心に、毎週土曜日に東遊園地で開催しているファーマーズ・マーケットと連携し、飲食の5店舗と農家1件が出店。仕事帰りの人や家族連れなどでにぎわった。 この日は先週の...

(今日の株式相場)反発か、前日の米株式相場が上昇 2万2500円近辺で推移か

▽反発か、前日の米株式相場が上昇 日経平均は2万2500円近辺で推移か 30日の東京株式相場は5営業日ぶりに反発しそうだ。前日の米株式相場が金融緩和の長期化に対する安心感などで上昇したのに加え、外国為替市場での円高・ドル安進行も1ドル=105円ちょうど近辺で一服。前日の下げ幅が広がったこともあり……▽注目銘柄・2銘柄▽今日の行事予定(発表予定など)▽前日の相場予想……など。▽関連コンテンツ・メールマガジン「今日の株...

神戸市、多井畑西地区の里山を保全・活用へ 29ヘクタールをURから無償取得

 神戸市は29日、須磨区と垂水区にまたがる多井畑(たいのはた)西地区(約72ヘクタール、写真=神戸市提供=白線内)のうち29ヘクタールを取得したと発表した。都市再生機構(UR)が神戸市に無償で譲渡した。同地区は市街化区域で、これまで住宅や商業施設の開発計画が浮上したが、何度もまとまらなかった経緯があるという。神戸市は開発せず里山や農地として保全する方向に転換し、大都市の住宅地の中にありながら、自然に触れ...

アサヒHD、今期純利益42%増に上方修正 金の価格上昇が追い風で最高益に

 アサヒホールディングスは29日、2021年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比140億円になりそうだと発表した。従来予想の106億円から上方修正し、過去最高益を更新する見通しだ。金が過去最高値を更新するなど貴金属価格の上昇が追い風になっている。国内での貴金属回収量の増加や、北米での貴金属製錬事業が好調に推移しているのも寄与する。すでに4期連続で増配の計画だったが、さらに配当金も積み増す。 売上高に相当...

神戸電鉄の4〜6月期、3億7000万円の最終赤字 新型コロナで旅客収入4割減

 神戸電鉄が29日に発表した2020年4〜6月期の連結決算は、最終損益が3億7000万円の赤字(前年同期は6億1700万円の黒字)になった。鉄道、バス、タクシーの運輸業で輸送人員が大幅に減少したのが響いた。新型コロナウイルスの感染拡大で4月に政府が緊急事態を宣言したことなどから、外出を自粛したり、臨時休校のため定期券の購入を見送ったりする動きが広がった影響を受けた。 売上高は前年同期比25%減の43億円、営業損益は...

佐藤神戸税関長「内閣官房で見聞きしたことも話して地域経済に貢献したい」

 20日付で就任した神戸税関の佐藤正之税関長は29日に記者会見し、「神戸税関長として日本の貿易の円滑化等を通じて、地域のさらなる活性化、グローバル化に貢献できれば」と意気込みを語った。新型コロナウイルスの感染拡大については、国が緊急事態を宣言した経緯もあり「人の動きが止まる中にあっては、物流が人や企業を支えているといっても過言ではないく、その中で税関の役割も大きくなっている」とみる。「神戸税関の場合は...

兵庫県が新型コロナ「感染拡大期1」に 「大人数」で会食・飲み会の自粛要請

 兵庫県は29日に新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、同県のいわゆる入り口戦略で「感染拡大期1」に入ったことへの対応を決めた。さらなる感染拡大に備えて県が医療体制を強化することなどに加え、住民向けには東京都など感染が再拡大している地域への不要湯級の移動自粛を、引き続き要請。加えて、新たに大人数での会食や飲み会を避け、特に若年層などに接待を伴う飲食店などの利用を控えるよう要請する。飲食店など...

井戸兵庫知事「基本的な戦略変更は必要なしか」 感染増加で「拡大期1」入り

 兵庫県が29日に開いた新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、冒頭にあいさつした井戸敏三知事は「基本的な戦略を大きく変更しなくてはいけないことはないだろう」との見方を示した。新たに判明した感染者の多くは感染者の濃厚接触者であるなど、感染経路を追うことができているという。 29日の兵庫県では新たに46人の新型コロナ感染者が判明し、新規感染者数の7日移動平均が31.7人になった。これが30人以上になったことで「...

竹本科技相、スタートアップ「東京ではなく世界を相手に」 神戸で意見交換

 内閣府で科学技術政策を担当する竹本直一特命担当相は29日、神戸市内で報道関係者の取材に応じて地方で活動するスタートアップ(起業家)について「東京相手ではなく、世界を相手にしてほしい」と述べ、海外からの投資を呼び込むことへの期待を語った。世界的な金融緩和を背景に「世の中は完全にカネ余り現象で、世界の投資家は投資先を探している」と指摘。事業を拡大するための資金調達力とは、「要は国際的にどれだけアピール...

兵庫県・神戸市・神商が竹本科技相に要望 スタートアップで新たな交付金など

 兵庫県の井戸敏三知事、神戸市の久元喜造市長、神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は29日、神戸市を訪問した竹本直一科学技術相に、スタートアップ(起業家)支援に関する新たな補助金の創設などを要望した。内閣府が京阪神を含む国内で4拠点を、世界に肩を並べる起業家の拠点都市をめざす「スタートアップ・エコシステム・グローバル拠点都市」に選んだのを受け、兵庫県などが改めて要望した。(写真は左か...

(今日の株式相場)続落か、円相場105円近辺まで上昇 2万2500円が中心に

▽続落か、円相場105円近辺まで上昇 日経平均は2万2500円近辺が中心に 29日の東京株式相場は4日続落しそうだ。前日の米株安に加え、外国為替市場で円相場が1ドル=105円ちょうど近辺に上昇したのを嫌気した値動きになるとみられる。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で……▽注目銘柄・2銘柄▽今日の行事予定(発表予定など)▽前日の相場予想……など。▽関連コンテンツ・メールマガジン「今日の株式相場」(まぐまぐ)・メール....

神戸市、「スマート自治体」志向を鮮明 次期の行財政改革方針で明記へ

 神戸市は9月にも決定する2025年度が最終年度の次期「行財政改革方針」で、IT(情報技術)を活用して人口減少時代でも質の高い住民サービスを効率的に提供する「スマート自治体」をめざす姿勢を鮮明にする。高齢者人口がピークを迎え労働力不足が深刻化する「2040年問題」への対応策として、スマート自治体を志向すると位置付ける。28日の有識者懇談会(写真)で提示した次期方針の「素案」には、スマート自治体の実現に向けて...

神戸医療産業都市、「出前授業」代わりに動画配信 感想を応募でプレゼント

 神戸医療産業都市を運営する神戸市の外郭団体、神戸医療産業都市推進機構(神戸市中央区、本庶佑理事長)は28日、神戸医療産業都市について小学校高学年〜中学生向けに説明する動画「オンライン授業」を公開した。世界最高峰のスーパーコンピューター「富岳」や、新型コロナウイルスのPCR検査に使用するロボットなどの開発が、神戸医療産業都市で進んでいることなど最新の動きも紹介。動画の感想を送ると抽選でノートなどが当...

ノエビアHDの10〜6月期、純利益27%減 新型コロナで化粧品販売減

 ノエビアホールディングスが28日に発表した2019年10月〜20年6月期の連結決算は、純利益が前年同期比27%減の35億円だった。政府が新型コロナウイルスの緊急事態を宣言したことで、販売店の臨時閉店や営業時間短縮の影響で化粧品などの販売が減少。緊急事態宣言は5月25日に全面的に解除されたが、宣言の期間中を中心とした減収が利益を圧迫した。 売上高は11%減の397億円、営業利益は26%減の69億円になった。このうち主力の...

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告