4〜6月期の兵庫県GDPは1.4%増 民間設備投資の減少幅縮小、高い伸びに

 兵庫県が31日に発表した2019年4〜6月期の県内総生産(GDP、季節調整済み)は、物価変動の影響を除く実質(2011年基準)で1〜3月期との比較で1.4%増加した。年率換算では5.7%の増加と高い伸びになった。民間企業の設備投資は前期比0.1%減と、減少ながら減少率が1〜3月期の7.0%から大幅に縮小したのが寄与した。 設備投資のほか政府部門の消費支出が、小幅ながら4期連続でプラスになったのも寄与した。外需などの純...

神戸電鉄の4〜9月期、純利益11%増 前年同期に災害で特損の反動

 神戸電鉄が31日に発表した2019年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比11%増の10億円だった。昨年の西日本豪雨や台風などの影響で、前年同期に災害による損失2億5000万円を特別損失として計上。これがなくなったのが増益につながった。前年同期に営業外収益として計上した、受取保険金がなくなったことなどを吸収した。 売上高に相当する営業収益は微減の116億円、営業利益は3%増の15億円だった。前年同期に豪雨や台...

さくらKCSの4〜9月期、最終黒字3億円 消費税対応などが収益を押し上げ

 さくらケーシーエスが31日に発表した2019年4〜9月期の連結決算は、最終損益が3億4500万円の黒字(前年同期は400万円の赤字)だった。公共関連部門で消費税率引き上げに伴うプレミアム付商品券対応や改元対応、一般民需分野で消費税の軽減税率制度へのシステム対応などが収益を押し上げた。消費税率引き上げを控え、機器の駆け込み需要も発生した。 売上高は前年同期比15%増の110億円、営業損益は4億400万円の黒字(前年同...

GセブンHDの4〜9月期、純利益75%増 増収と採算改善が寄与

 G-7ホールディングスが31日に発表した2019年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比75%増の20億円になった。2本柱の食品スーパーと自動車用品の販売が、ともに好調だったとみられ、増収効果が増益につながった。売上原価も販管費も、販売が伸びたほどには膨らまず、採算も改善。結果として税金費用の増加も吸収した。 売上高は9%増の642億円、営業利益は59%増の30億円だった。売上原価の伸びは8%、販管費の伸び...

トーカロ、今期純利益28%減に上方修正 産業機械向けが想定上回る推移に

 表面処理加工のトーカロは31日、2020年3月期の連結純利益が前期比28%減の39億円になりそうだと発表した。従来予想の35億円から上方修正し、減益幅が縮小する見通しだ。19年4〜9月期に産業機械分野向けの表面処理加工が想定を上回り、今後も同様に推移するとの見方を反映した。ただ、半導体製造装置向けの溶射加工など、半導体・平面ディスプレー(FPD)分野は引き続き低迷するとの想定は変えず、同社全体として前期業績に...

神栄、今期最終赤字3億円の見込みに下方修正 上期に繊維撤退の特損5億円で

 神栄が31日に発表した2020年3月期の連結決算は、最終損益が3億円の赤字(前期3億9600万円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想である1億5000万円の黒字から下方修正し、一転の赤字見通しとした。繊維関連のうち、アパレル小売り事業と、靴下などを製造・卸売りするレッグウエア事業から撤退することで、5億4400万円の特別損失を4〜9月期に計上したのが響く。 2期連続の最終赤字は、13年3月期まで4期連続の赤字...

8月の兵庫県一致指数、2カ月ぶり低下 基調判断は「横ばい」に上方修正

 兵庫県が31日に発表した8月の兵庫県景気動向指数(兵庫CI、2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比5.9ポイント低下の92.4と、2カ月ぶりに悪化した。製造業の企業収益率が悪化したほか、着工建築物床面積の減少、鉱工業生産指数の低下などが響いた。兵庫県は、同指数の動きによって判断する景気の基調判断を「横ばい局面(上方への局面変化)を示している」として、7月まで3カ月続いた「下げ止まりを示し...

川重の4〜9月期、最終赤字37億円 営業益微増も税金費用が増加で

 川崎重工業が31日に発表した2019年4〜9月期の連結決算は、最終損益が37億円の赤字(前年同期は35億円の赤字)になった。鉄道車両の改善や、エネルギー・環境プラントの増益などで営業利益は前年同期をわずかながら上回ったが、為替差損の発生と税金費用の増加が重荷になった。固定資産売却益12億円を特別利益に計上したが、補い切れなかった。 売上高は7%増の7365億円、営業利益は3%増の86億円だった。売上高は航空宇宙シ...

アシックス、ランニング大会申し込みサイト買収 カナダ社から約30億円で

 アシックスは31日、ランニング大会の出場申し込みに使うサイトで北米3位の「レースロースター」事業を買収すると発表した。同サイトを運営するファストノース(カナダ・オンタリオ州)から2800万米ドル(約30億円)で取得。24日付で事業譲受の契約を結び、11月中にも受け渡しを完了する予定だ。米国の消費者と、直接的な接点を持つのがねらい。 レースロースターではマラソン大会などへの出場登録ができるほか、一部の大会では...

貿易センタービル50周年、元展望台の貸し会議室が初回半額に 11月から

 神戸開港100周年を記念して建設した西日本初の超高層ビル「神戸商工貿易センタービル」(神戸市中央区、写真)が11月11日に開業50周年を迎える。これを記念して、同ビルの運営会社である神戸商工貿易センター(同)は、かつて展望台があった26階の貸し会議室を初めて利用する場合、使用料金が半額になるキャンペーンを実施。同ビルを活用する人のさらなる拡大をめざす。 1969年に開業。高さは107メートルだ。開業当時は全国でも...

神戸市がホームページを刷新、維持管理コストが3割減 年1700万円程度に

 神戸市は30日、11月1日にホームページのデザインを刷新すると発表した。行政情報などを簡単に検索でき、重要な情報を強調しやすくする一方で、職員にとっても担当するページを効率よく更新できる環境に改める。年間の維持管理コストは約1700万円と、従来の約2500万円から3割強削減できる見通しになった。神戸市がホームページのデザインをリニューアルするのは10年ぶり。(画像は新しいトップページのイメージ=神戸市提供) ...

川重、三菱重系に国内の汎用エンジン事業を売却 農機向けなど・来年2月1日

 川崎重工業は30日、耕運機などの農機具に使う汎用エンジンの国内販売事業を2020年2月1日付で、三菱重工業傘下で小型のエンジンを製造販売する三菱重工メイキエンジン(MHIM、愛知県津島市)に売却すると発表した。当面は「カワサキ」ブランドのエンジンを国内でMHIMが販売するが、22年1月31日までにMHIMブランドでの製造・販売に切り替える。 北米の芝刈り機や農機具など、高成長が続いている海外市場への供給を...

スカイマークが東証に再上場申請 佐山会長は代表権を返上

 神戸空港に現在就航する定期便70便のうち48便を運航するスカイマークが30日、東京証券取引所に株式の上場を申請したと発表した。今後、日本取引所自主規制法人が上場審査に入り、再上場の可否や時期などを判断する。スカイマークは2000年に東証マザーズに上場し、13年に東証1部へ市場区分を変更。15年に経営破綻して上場廃止になった。(写真は神戸空港の滑走路上を進むスカイマーク機) 同時にスカイマークは佐山展生会長が10...

神戸製鋼株が3日ぶり反落 前日に600円回復で戻り待ちの売り

 30日の東京株式市場では神戸製鋼所(5606)が3営業日ぶりに反落した。終値は前日比29円(4.77%)安の579円だった。鉄鋼株は総じて売られたが、日本製鉄(5401、1.40%下落)やJFE(5411、2.63%下落)に比べ、きつい下げになった。このところ戻りを試す展開で、前日は9月26日以来およそ1カ月ぶりに600円の節目を回復。目標達成感などもあり、戻り待ちの売りが膨らんだもようだ。 11月6日大引け後に2019年4〜9月期決算...

モロゾフが自社株買い 31日朝の立会外取引で2万3600株・5230円

 モロゾフは30日、翌日の31日午前8時45分の立会外取引で、同社株2万3600株を上限として、30日終値の5230円で買い付けると発表した。買い付ける上限株数は自社保有分を除く発行済み株式数の0.67%に相当する。売買取引の終了後には、結果を公表する予定だ。 同社の7月31日時点の自社保有分を除く発行済み株式数は353万8715株、自社保有株は13万511株だ。...

アサヒHD株が大幅高 今期利益の上方修正で2年ぶり高値、子会社上場も意識か

 30日の東京株式市場ではアサヒホールディングス (5857)が大幅に続伸した。終値は前日比192円(8.24%)高の2523円だった。一時は2561円まで上昇し、2017年10月27日以来ほぼ2年ぶりの高値を付けた。前日大引け後に2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比13%増の102億円になる見通しだと発表した。従来予想の94億円から上方修正し、増益幅が拡大するのを好感した買いが入った。主力の貴金属リサイクル事業で、4〜...

病院で収拾する「検体」、有効活用促す団体 シスメックスと神戸大など共同設立

 神戸大学とシスメックスなどは30日、治療方法や医薬品の開発に向けて「バイオリソース」(検体・生体資源)の有効活用を目的とした一般社団法人「バイオリソース・イノベーション・ハブ・イン・神戸」(BRIH-K)を10月に設立したと発表した。製薬会社や医療機器メーカー、他大学などの研究機関が研究開発のために必要な検体の需要を探り、必要な検体と研究開発のマッチングなどを手がける。検体の提供は神戸大学内の専門機...

桜井日銀審議委員が兵庫県金融経済懇談会に出席 11月27日に神戸市で

 日銀の桜井真審議委員は、11月27日に神戸市内で開催する兵庫県金融経済懇談会に出席する。桜井氏は同懇談会の冒頭である午前10時半からあいさつする予定。日銀が明らかにした。午後2時からは記者会見も予定している。...

神戸市、米ポートランド市と経済・まちづくりで覚書を交換 「若者に選ばれた街」

 神戸市は29日、米オレゴン州のポートランド市と「経済とまちづくりの交流促進に関する覚書」を結んだ。同日夕方に神戸市内のホテルで、覚書への署名式を開催。来日中のウィーラー・ポートランド市長(写真左)と久元喜造神戸市長(同右)が、英文と日本語の覚書をそれぞれ2通ずつ署名して交換した。ポートランド市は35歳以下の転入率が米国で最も高いという。神戸市が掲げる「若者に選ばれるまち」を実現した都市だ。 覚書には...

ビオフェル4〜9月期、税引き益18%減 主力の整腸剤が好調で減益幅縮小

 ビオフェルミン製薬が29日発表した2019年4〜9月期の単独決算は、税引き利益が前年同期比18%減の11億円だった。主力の整腸剤「新ビオフェルミンS」の販売が好調で、同社の予想していた9億2000万円から減益幅が縮小した。競合品の発売を受けて広告宣伝費を増やしたのが奏功した。 売上高は8%増の62億円、営業利益は19%減の15億円だった。新ビオフェルミンSの販売が好調だったのに加え、医療用医薬品での前倒し納入があっ...

神戸税関、高性能の監視艇3代目「こうべ」就役式を開催 航続距離が3倍に

 神戸税関は29日、新造した中型の監視艇「こうべ」の就役式を神戸港中突堤旅客ターミナル(神戸市中央区)で開催した。瀬戸内海や太平洋沿岸など広域で実施する、税関の取り締まりなどに投入する。式典であいさつした大西靖・神戸税関長は「日本海、瀬戸内海、太平洋の長い海岸線と多数の不開港が点在する密輸リスクの非常に高い海域を管轄する神戸税関にとって、水際の取り締まりに税関監視艇の機動力は不可欠」と述べ、新造船へ...

アサヒHD、今期純利益13%増に上方修正 貴金属の回収量が上振れ

 貴金属リサイクルのアサヒホールディングスは29日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比13%増の102億円になる見通しだと発表した。従来予想は94億円だった。3期連続で過去最高益を更新する見込みだったが、増益幅がさらに拡大する見込み。主力の貴金属リサイクルで、回収量が想定を上回って推移しているうえ、主要な取り扱い品種である金とパラジウムの国際商品相場の上昇を受けて、販売価格の想定も見直した。...

アサヒHD、子会社フジ医療器株の60%を台湾社に売却 数年後の上場めざす

 アサヒホールディングスは29日、マッサージチェア大手で全額出資子会社のフジ医療器の株式のうち60%を、フィットネス機器を製造販売する台湾のジョンソンヘルステック(台中市)に売却することで同社と基本合意したと発表した。株式の売却額は現時点で67億円としたが、今後詰める。アサヒHDはフジ医療器株の40%を引き続き保有したうえで、数年後にはフジ医療器の株式上場をめざす。 ジョンソンヘルステックはフジ医療器の海...

久元神戸市長、燃料電池バスの導入に前向き 市議会本会議で答弁

 神戸市の久元喜造市長(写真中=神戸市議会が配信した動画より)は29日午後の神戸市議会本会議で、路線バスへの燃料電池バスの導入について「なんとか導入できないか、模索をしていきたい」と述べ、前向きに検討する方針を示した。神戸市内の水素ステーションの整備状況などから、現実的な方法はレンタルの燃料電池バスを投入することだとしながらも、「水素エネルギーの(利用で)トップを走りたい神戸市としては、レンタルで済...

石原ケミカルの4〜9月期、純利益9%減 電子部品業界の市況悪化が影響

 ハンダめっき液大手の石原ケミカルが29日発表した2019年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比9%減の6億3800万円だった。わずかながら増収を確保したが、スマートフォンや車載関連の半導体部品向けのほか、一般の電子部品向けめっき液の生産減が、19年1〜3月から続いた。投資有価証券の評価損と固定資産除却損で、1億円の特別損失を計上したのも響いた。 売上高は1%増の82億8500万円、営業利益は7%減の8億6100...

中国の孔駐日大使が神戸医療産業都市を視察 外国関連の視察が増加

 中国の孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使(写真中)は29日午前、神戸医療産業都市を視察した。神戸医療産業都市推進機構の佐藤岳幸クラスター推進センター長(写真左)らが、神戸医療産業都市の取り組みや、かじ取り役としての推進機構の役割を説明した後、神戸キメックセンタービル(神戸市中央区)の10階にある展望室から約360社・団体が集まる神戸医療産業都市の全体を見渡した。 中国では2015年まで実施した「ひとりっ子政...

TOAのメガホン4機種、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞に 05年発売

 TOAが2005年に発売したメガホン(拡声装置)「ER-1103」「ER-1106」「ER-1106S」「ER-1106W」の4機種(写真=Ryo Kaikura、TOA提供)が、19年度のグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した。これらは発売当初にもグッドデザイン賞を受賞したが、発売から14年が経過した現在でも販売が継続している。スタイリッシュな見た目と機能が結びつき、スタンダードな道具として定着したことを評価した。 マイク・アンプ...

コープこうべ、国に損害賠償求める訴訟を提起 ポイント還元の不認可で

 生活協同組合のコープこうべ(神戸市東灘区)は28日、10月から中小店舗を対象に始まった国のキャッシュレス決済のポイント還元対象店に認められず大きな損害が発生したとして、国に約2760万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に提起したと発表した。コープこうべは独自の電子マネー「コピカ」を使用した決済についてポイント還元ができるよう5月から登録申請手続きを進めたが、9月27日になって経産省から不認可の連絡を受けた...

兵庫県、明舞団地で「リノベーションスクール」 団地初・11月に事前講演会

 兵庫県は2020年3月20〜22日に3日連続で、神戸市垂水区から明石市に広がるニュータウン「明舞団地」の再活性化を目的に、地域内外の参加者が空き店舗や公共空間などの活用方法を考える「リノベーションスクール」を開催すると発表した。同様のスクールは地域の再活性化をめざす全国各地で開催しているが、兵庫県内で開催するのは初めて。兵庫県によると、団地を対象にスクールを開催するのは全国初という。 リノベーションスク...

トーホー、「せんどば船橋店」運営をAープライスと統合で検討 20年2月めど

 トーホーは28日、同社が直接運営するプロ向け食材店「トーホーせんどば船橋店」(千葉県船橋市)を、同じくプロ向け食材を販売する「Aープライス」の87店舗を運営する子会社トーホーキャッシュアンドキャリーに引き継がせる会社分割の検討に入ると発表した。会社分割の時期は20年2月1日をめどにする。同じプロ向け食材を販売する店舗で経営を統合することで、運営の効率化やノウハウの共有などをねらう。 「せんどば」は2017...

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告