神戸市、ノウハウ盛り込み「ヒアリ」対策強化 マニュアル改訂版を公表

 神戸市は31日、2017年5月に神戸港からの輸入貨物に国内で初めてヒアリが見つかったのをきっかけとして作成した「神戸市ヒアリ等対策マニュアル」の改訂版を公表した。昨年4月にはヒアリと同じく特定外来生物のアカカミアリを発見したが、マニュアルに基づいて初動対応。一連の事例から導いたノウハウや、定着初期段階のアリの巣が発見された場合の対応などを盛り込み、対策を強化した。 神戸市は初期のアリの巣が発見された場...

続きを読む

ノエビアHDの10〜12月期、純利益40%増 高級品シリーズ伸びる

 ノエビアホールディングスが31日に発表した2018年10〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比40%増の15億円だった。対面販売するカウンセリング化粧品の高級品シリーズが順調だった。基礎化粧品に加えて、アイシャドーやファンデーションなどのメーキャップ化粧品の伸びが目立った。前年同期に税負担が大きかった反動で、純利益の伸び率が拡大した。 売上高は5%増の162億円、営業利益は3%増の40億円になった。化粧品事業...

続きを読む

GセブンHDの4〜12月期、純利益9%増 食品、オートバックスとも好調

 G-7ホールディングスが31日発表した2018年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比9%増の26億円だった。収益の2本柱である「業務スーパー・こだわり食品事業」、「オートバックス・車関連事業」がともに好調だった。増収効果で特別損失として計上した減損損失などを吸収した。 売上高は3%増の927億円、営業利益は18%増の42億円だった。業務スーパー加盟店などを展開するG-7スーパーマートと、精肉店のG-7ミ...

続きを読む

神栄株が急落 今期一転の最終赤字見通し、今期2度目の下方修正

 31日の東京株式市場では神栄(3004)が急落。終値は前日比111円(12.40%)安の784円だった。大引け間際に780円まで下落する場面もあった。東証1部の値下がり率ランキングで5位。午後2時に2019年3月期の業績予想を下方修正し、連結最終損益が3億5000万円の赤字(前期は1億5800万円の黒字)になる見通しだと発表したのをきっかけに売りが殺到した。今期2度目の下方修正で、従来予想である5000万円の黒字から一転の赤字見通...

続きを読む

トーカロの4〜12月期、純利益23%増 半導体の製造装置向けなどが好調

 溶射加工を手がけるトーカロが31日に発表した2018年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比23%増の45億円だった。半導体や平面ディスプレーの製造装置向けが好調。自動車部品や建設機械メーカー向けの切削工具に施す処理加工も好調に推移し、増収効果で利益が伸びた。 売上高は21%増の307億円、営業利益は22%増の66億円になった。分野別の売上高は溶射加工は23%増の238億円、国内子会社は11%増の18億円、その他は19%...

続きを読む

神栄、今期一転の最終赤字3億5000万円 食品で採算悪化、5期ぶり無配に

 神栄は31日、2019年3月期の連結最終損益が3億5000万円の赤字(前期は1億5800万円の黒字)になりそうだと発表した。従来予想である5000万円の黒字から下方修正。一転して3期ぶりの最終赤字になる見込みだ。収益に占める割合が大きい食品分野で、水産品の価格上昇などを受けて採算が悪化している。さらに年末年始に急速に円高が進んだことで、為替差損を計上する見込みになったことなども逆風だ。 売上高は前期比2%減の425...

続きを読む

11月の兵庫県一致指数、2カ月ぶりに悪化 基調判断「足踏み」は据え置き

 兵庫県が31日に発表した2018年11月の景気動向指数(兵庫CI、2010年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比5.0ポイント低下の116.2と、2カ月ぶりに悪化した。有効求人倍率や鉱工業生産指数の低下などが響いた。兵庫県は同指数の動きによって判断する景気の基調判断を据え置き、3カ月連続で「足踏みを示している」との見方を示した。 数カ月先の景気を示す先行指数は前月比5.0ポイント低下の103.5と、2カ月ぶり...

続きを読む

川重、今期売上高3%増に下方修正 航空・車両が伸びず、利益は据え置き

 川崎重工業が31日、2019年3月期の連結売上高が前期比3%増の1兆6200億円になる見通しだと発表した。従来予想の1兆6450億円から下方修正し、増収幅が縮小する。航空宇宙システム、精密機械・ロボット、車両の3分野で今期の見通しを引き下げた。 営業利益は18%増の660億円、純利益は7%増の310億円になる見通しは据え置いた。精密機械・ロボット、モーターサイクル&エンジンの2分野で営業利益の予想を引き下げたが、エネ...

続きを読む

「お得で便利」が普及のカギに 神戸市「キャッシュレス」テーマに講演会

 神戸市は30日、同市内の商店街や小売店などを支援する「商店街・市場活性化フォーラム」の一環で「キャッシュレス決済」をテーマにした講演会を開催した。楽天でQRコードを使ったキャッシュレス決済「楽天ペイ」を担当する鈴木修氏を講師に招き、日本でキャッシュレス決済の普及が近隣諸国に比べて遅れている現状や、その背景について聞いた(写真)。鈴木氏はポイントサービスに加え、現金を持つ必要がなくなる「お得で便利」...

続きを読む

製造業、現場の「見える化」に強い関心 KCCI神戸IoTワールド初開催

 神戸商工会議所は30日、中小企業の製造現場で導入しやすいIoT(道具やセンサーなどをネット接続した常時監視や情報収集)のツールを集めた展示会「KCCI神戸IoTワールド」を初開催した。中小企業がIoTを活用するメリットについての講演会に加え、メーカー各社が導入事例を紹介するプレゼンテーションも実施。製造業の経営者や生産管理の担当者らがメーカーの担当者に質問したり、講師の話にメモをとったり、熱心に耳...

続きを読む

スタジオアタオ、株主優待制度を新設 1年以上保有の株主にクーポン券

 バッグや革小物を企画・販売するスタジオアタオは30日、株主優待制度を新設すると発表した。100株以上の株式を継続して1年以上保有した株主を対象に、3000円相当のクーポン券を配布する。クーポン券は、グループ会社が運営するネット通販サイト「ROBERTA DI CAMERINO(ロベルタ・ディ・カメリーノ)公式オンラインショップ」で3万円以上(税別)の買い物をする際に利用できる。 2月末と8月末に作成する株主名簿に同じ株主番...

続きを読む

ビオフェル株が昨年来安値 4〜12月期の減益で失望感、新製品の影響読めず

 30日の東京株式市場ではビオフェルミン製薬(4517)が反落。終値は前日比89円(3.69%)安の2385円だった。一時は2376円まで下落し、12月25日に付けた昨年来安値(2380円)を更新した。前日大引け後に2018年4〜12月期の単独決算を発表。税引き利益が前年同期比2%減の17億円と減益だったことで、失望感から売りが出た。 今回据え置いた19年3月期の業績予想が増収増益見通しだったこともあり、4〜12月期の減益には意外感があ...

続きを読む

さくらKCSの今期、売上高4%増に下方修正 利益は据え置き、公共分野伸びず

   さくらケーシーエスは30日、2019年3月期の連結売上高が前期比4%増の223億円になりそうだと発表した。従来予想の239億円から下方修正し、増収幅が縮小する。制度改正や補正予算による年度末にかけての追加案件の発生が低調に推移しているうえ、金融機関の情報化投資もなお回復していない。加えて通常は期末に増えるシステム機器販売が、米インテル製の中央演算装置(CPU)不足に伴う納期遅延の影響も受ける。 ただ...

続きを読む

神戸電鉄の4〜12月期、純利益2%減 豪雨災害での特別損失響く

 神戸電鉄が30日に発表した2019年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比2%減の15億円だった。鉄道を中心とした主力の運輸業では18年7〜9月に豪雨や台風による運休で営業日数が減り、減収になったのが逆風。豪雨被害など「災害による損失」の2億5000万円を特別損失として計上したのも響いた。受取保険金の1億円を営業外収益に計上したが、補えなかった。 売上高にあたる営業収益は微増の174億円、営業利益は2%減の2...

続きを読む

神戸海洋博物館の展示、19年度に大幅リニューアルへ 4億円上限で事業者募集

 神戸市は2019年度に神戸海洋博物館の展示を大幅にリニューアルすることが29日、明らかになった。4億円を上限にリニューアルを請け負う企業の募集を同日開始した。同博物館は1987年に神戸開港120年記念事業の一環でオープン。2006年に川崎重工業の企業博物館であるカワサキワールドが1階に入居したが、これ以降は神戸市による展示部分に大きな更新がなかった。展示の一新による集客向上で、メリケンパークも含めた一帯のにぎわ...

続きを読む

「ストレスフリー空港」アイデア求む スカイマークの課題でクリエイター募集

 神戸市の外郭団体である神戸市産業振興財団(神戸市中央区)は、企業の課題にデザイナーやコンテンツ制作者といったクリエイターの視点で解決策を提示するプログラム「クリエイターズワークショップ神戸」の第1弾として、「ストレスフリー空港の創造」に関心のあるクリエイターの募集を始めた。テーマは神戸空港を関西の拠点にしているスカイマークが提示した。(写真は神戸空港の待合スペース=資料) 35歳程度までのクリエイ...

続きを読む

神戸市、21年の世界パラ陸上開催地に立候補を正式表明 4月に開催地決定

 神戸市は29日、2021年に開催する世界パラ陸上の開催地に立候補すると正式に表明した。国際パラリンピック委員会に立候補申請書を提出したことを示した。20年には東京五輪・パラリンピックを開催し、21年5月には「ワールドマスターズゲームズ関西2021」を開催。国内での機運の高まりを引き継いで、障害を持つ国内外の選手に対して国際大会の機会を提供する。 メーン会場は神戸市須磨区のユニバー記念競技場(写真=神戸市の発表...

続きを読む

有馬節分会で「温泉むすめ」誕生祭を初開催 いまもえ、北神弓子も降臨

 有馬温泉の節分は豆まきだけじゃない--。有馬温泉(神戸市北区)では2月3日に開催する「有馬節分会」の一環で、「有馬コスプレフェスタ」を今年も開催。神戸の萌(も)えキャラとして著名な神戸新聞社(神戸市中央区)の「いまいち萌えない娘」や、北神急行電鉄(神戸市北区)の公式キャラクターである「北神弓子」らが登場して会場を盛り上げる。同時に、有馬温泉の特別観光大使を昨年務めた「温泉むすめ」の誕生祭を今回初...

続きを読む

ビオフェルの4〜12月期、税引き益2%減 新製品発売で初期投資費用

 ビオフェルミン製薬が29日発表した2018年4〜12月期の単独決算は、税引き利益が前年同期比2%減の17億円だった。主力の「新ビオフェルミンS」は売上高が5%増と好調だったが、10月に発売した新製品「ぽっこり整腸チュアブル」の発売に関係する初期投資費用が響いた。営業利益は5%減の24億円になった。 売上高は2%増の86億円。このうち「新ビオフェルミンS」の売上高は54億円と、売上高全体の62%を占めた。ぽっこり整腸...

続きを読む

石原ケミ株が大幅反落 好材料出尽くし感か、目先上昇の見方も

 29日の東京株式市場では石原ケミカル(4462)が3営業日ぶりに反落。終値は前日比76円(4.26%)安の1710円だった。後場終盤にかけて一時は1682円まで下落した。14時20分に2018年4〜12月期の連結決算を発表。純利益は前年同期比41%増の10億円と大幅増益だった。だが好業績への期待感から、同社株は前日までの2日間に195円(12.26%)上昇していたこともあり、好材料出尽くし感が広がったもよう。決算発表後に利益確定の売りが...

続きを読む

石原ケミの4〜12月期、純利益41%増 めっき液好調で通期予想に到達

 石原ケミカルが29日に発表した2018年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比41%増の10億円になった。前年同期に実施した公募増資に関する営業外費用がなくなったほか、投資有価証券の売却益が利益を押し上げた。電子部品向けめっき液も好調。純利益は19年3月期通期の会社予想である前期比18%増の10億円に到達した。 売上高は7%増の121億円、営業利益は40%増の13億円だった。上期に続きスマートフォン(スマホ)関連...

続きを読む

ヴィッセル神戸、新スポンサーにケンミン食品 INACは新たに川重と兼松など

 神戸市に本拠地を置くプロサッカー男女2チームで、2019年シーズンのユニフォームスポンサーが28日に出そろった。J1のヴィッセル神戸は新たにケンミン食品(神戸市中央区)がスポンサーに就く。なでしこ1部のINAC神戸レオネッサは川崎重工業と、1889年(明治22年)に神戸で創業した総合商社の兼松、物流のアートコーポレーション(大阪市中央区)が新たにユニフォームのスポンサーに決まった。 ヴィッセルの新スポンサー...

続きを読む

住友ゴムの遮音シート、西脇小学校の改修工事に採用 「火垂るの墓」ロケ地

 住友ゴム工業は、1934〜36年(昭和9〜12年)に建てられた歴史的な建築物で、2008年に公開された映画「火垂るの墓」や10年の「人間失格」でロケ地にもなった西脇市立西脇小学校(西脇市西脇、写真=住友ゴム提供)の保存改修工事に、同社製の遮音ゴムシートが採用されたと発表した。西脇小学校の課題であった床騒音の問題を、同社のゴムシートを敷いて解決した。 洋館のような正面が印象的な西脇小学校は、兵庫県が景観形成重要...

続きを読む

神戸市、21年の世界パラ陸上で開催都市に立候補 ユニバー競技場を活用

 神戸市は28日、2021年秋に開催する世界パラ陸上に立候補したことを明らかにした。招致に成功すれば、国内で初の開催になる。20年には東京五輪・パラリンピックを開催し、21年5月には「ワールドマスターズゲームズ関西2021」を開催。国内の機運が高まったところで、改めて神戸からもスポーツの魅力を発信するのがねらい。メーン会場は神戸市須磨区のユニバー記念競技場を活用する。 世界パラ陸上は、障害を持つ選手がトラック競...

続きを読む

トーホー株とモロゾフ株にぎわう 配当金、株主優待の権利付き最終売買日で

 28日の東京株式市場では、トーホー(8142)やモロゾフ(2217)など1月末に決算期末を迎える銘柄がにぎわった。トーホーの売買高は16万9200株と、昨年1月26日以来ほぼ1年ぶりの高水準に商いが膨らんだ。終値は前週末比15円(0.72%)安の2063円だった。モロゾフの売買高は2万3000株と7月26日以来の高水準。終値は10円(0.20%)安の5040円になった。配当金や株主優待の権利付き最終売買日とあって、権利取りをめぐる売買が活...

続きを読む

川重、LNGが燃料の大型ばら積み船を開発 設計で認証取得

 川崎重工業は28日、液化天然ガス(LNG)を燃料として運航する20万トン級のばら積み運搬船(イメージ図=川重提供)の開発を完了したと発表した。LNG燃料を使用する船舶が求められる国際規制の認証「IGFコード」と、日本海事協会の規則に基づいた設計基本承認を取得。これまで重油が主力だった、ばら積み船の燃料をLNGに切り替えることで、よりクリーンな排ガスの船舶の需要に応える。 LNG燃料タンクを船員の居住...

続きを読む

今週の予定(1月28日〜2月3日)神戸IoTワールド、川重など4〜12月期決算

▽1月28日(月)・神戸市役所発の情報番組「GOOD DAYS KOBE」配信開始(7:50)・神戸市内各地で認知症のシンボルカラー「オレンジ色」にライトアップ(30日まで)▽1月29日(火)・2018年度第2回事業者向け省エネセミナー(神戸市勤労会館、18:30)・灘区の旧ハンター邸で消防訓練(王子動物園、10:30)・4〜12月期決算=石原ケミ、ビオフェル▽1月30日(水)・KCCI神戸IoTワールド(神戸商工会議所、12:30)・神戸...

続きを読む

兵庫県が「水素社会推進構想」で意見募集 FCVの普及促進など、2月13日まで

 兵庫県は長期的なエネルギー関連施策の指針にする「兵庫県水素社会推進構想」の決定に向けて、意見募集を実施している。ホームページ上に構想の案を掲載。これについて意見や提案などを受け付ける形とした。2050年をめどに水素を活用した高効率で安定したエネルギーが定着している社会を想定。水素エネルギーに関連する産業の集積も進める。 まず25年ごろまでの短期的な取り組みとして(1)燃料電池車(FCV)の普及促進(2)家庭...

続きを読む

井本商運「なとり」が仙台港で油流出事故 漁業被害が発生

 内航コンテナ大手の井本商運は、同社が東日本で運航する主力コンテナ船「なとり」が20日午後8時ごろ、仙台港(仙台市宮城野区)で海上への油流出事故を起こしたと発表した。乗員などに人身事故は発生していない。現場では引き続き、油の回収作業と被害状況の調査を急いでいるという。流出した油は燃料油とみられる。 宮城県内では油の流出に伴う漁業被害も発生している。これに対して井本商運は「関係諸法令に従い、誠意をもっ...

続きを読む

(お知らせ)Kiss FM KOBE 神戸経済ニュースウィークリー・26日放送分

 26日にKiss FM KOBE で放送した「神戸経済ニュース」の内容は以下の通りです。スマートフォンをご利用の方はアプリ「radiko(ラジコ)」のタイムフリー機能で2月2日までお聞きいただけます。▽今週のニュース・川重、JAMSTECから無人潜水機向け「深海底ターミナル」を受注 6億円 (2019/01/23)・神戸市、卸売市場の法改正対応で議論を開始 「業務運営協議会」を開催 (2019/01/21)・大丸神戸店、1階の化粧品売り場を大...

続きを読む

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告