5月の兵庫県一致指数、2カ月ぶり悪化 基調判断「悪化」据え置き

 兵庫県が31日に発表した5月の景気動向指数(兵庫CI、2010年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.5ポイント上昇の111.0と、2カ月ぶりに悪化した。一致指数の動きのみから判断する景気の基調判断は「悪化を示している」との見方を据え置いた。 数カ月先の景気を示す先行指数は前月比横ばいの101.2だった。着工新設住宅戸数や新規求人数の増加などが寄与する一方、企業倒産件数の増加や鉱工業製品の在庫率指数...

続きを読む

ネスレ日本、キットカット「あぁ青春のシトラス味」発売 野球応援イベントも

 ネスレ日本は8月1日にチョコレート製品のキットカットで「あぁ青春のシトラス味」(写真=ネスレ日本の発表資料より)を発売する。青春の甘酸っぱい思い出をイメージした、かんきつ系の味だ。1箱あたり10円を全日本軟式野球連盟に寄付。8月9日「野球の日」に甲子園浜野球場(西宮市)の夜空を舞台に球児が流れ星に願い事をできるイベントも開催する。スポーツを応援する新プロジェクトの第1弾という。 うんしゅうみかん、...

続きを読む

神戸電鉄が増益、GセブンHD・アバンライフも発表 4〜6月期決算

 31日に2017年4〜6月期の連結決算を発表した会社のうち、神戸電鉄の純利益は前年同期比7%増の6億4700万円だった。鉄道の軌道や法面などの安全対策の工事で費用がかさんだ。だが、バス事業なども含む運輸事業の増収に加え、戸建て住宅用の土地売却が進んだ不動産業も増益で、費用増を九州した。このほかGセブンHDなどが発表した。...

続きを読む

川重、4〜6月期の純利益32%減 船舶海洋、航空宇宙が減収減益

 川崎重工業が28日に発表した連結決算は、純利益が前年同期比32%減の32億円だった。船舶海洋航空宇宙などで売上高が減る一方で、販管費が膨らんだ。前年同期に特別利益として計上した22億円の固定資産売却益がなくなったのも響いた。 売上高は1%減の3353億円、営業利益は49億円になった。航空宇宙、モーターサイクル&エンジンで減益になったほか、船舶海洋分野は修繕船の減少や人件費の上昇度で28億円の赤字だった。鉄道車両...

続きを読む

今週の予定(7月31日〜8月6日)4〜6月期決算発表、みなと神戸海上花火大会など

▽7月31日(月)・井戸兵庫知事の4期目任期満了・5月の兵庫県景気動向指数・井戸兵庫知事が定例記者会見(15:00)・4〜6月期決算=川重、神電鉄、GセブンHD、神栄、アバンライフ▽8月1日(火)・神戸市営交通100周年・神鋼環境が「下水道展17東京」に出店(東京ビッグサイト、4日まで)・10〜6月期決算=ノエビアHD▽8月2日(水)・兵庫県経営者協会セミナー「統合報告の制度と実務」(兵庫県私学会館、14:00)・H...

続きを読む

神明、香港の外食大手マキシムと合弁会社 アジアで日本食市場の拡大めざす

 コメ卸国内最大手の神明はこのほど、香港の外食大手である美心集団(マキシムグループ)と合弁会社「ジャパニーズ・ダイニング・コンセプツ」を設立したと発表した。アジアで日本食の外食店舗を共同で展開する。神明、マキシムグループともに新会社への出資額は明らかにしていないが、出資比率はマキシムグループが75%、神明が25%とした。 両社がノウハウを持ち寄って、アジアでも人気がある日本食の市場拡大などをめざす。マ...

続きを読む

財務省主計官が国の財政・地方創生で講演 8月22日

 財務省近畿財務局は8月22日午後に神戸市内で「我が国の財政について、および地方創生について」をテーマに講演会を開催する。同省で予算編成に直接携わる前田努主計官(農林水産係担当)が、「国際的にも歴史的にも例がないほど膨大な借金」(近畿財務局の資料より)について説明。財政健全化の見通しなどを語る。加えて東京への人口の過度な集中を是正し、将来も各地域での活力を維持する重要性などについても話す。 時間は午...

続きを読む

ノーリツ、給湯機器の保守事業を本格展開 顧客LAN利用の通信機器も投入

 ノーリツは給湯機器の保守事業を本格展開する。従来の携帯電話回線を使った遠隔監視システムに加え、顧客のLAN(構内回線網)を利用してネット接続する遠隔通信ユニット(写真=ノーリツの発表資料より)を12月1日に投入。給湯器に加えて業務用ふろ給湯器、ろ過ユニット、24〜16号の小型給湯器も監視対象に加えるほか、遠隔監視プランの契約形態を多様化し、飲食店など小規模施設でも導入しやすくした。 ノーリツの遠隔監視...

続きを読む

トリドール、「晩杯屋」のアクティブソースを買収 早期に500店展開へ

 トリドールホールディングスは、立ち飲み居酒屋「晩杯屋」などを展開するアクティブソース(東京都品川区)を買収すると発表した。トリドールが掲げる2025年に国内2000店舗の目標を目指す一環という。小規模でも出店できることから、トリドールの主力である「丸亀製麺」などでは出店できなかった場所でも出店立地の候補にできる強みがある。早期に晩杯屋で500店の出店を目指す。 晩杯屋は09年に東京都品川区の武蔵小山店に1号...

続きを読む

ビオフェルの4〜6月期、税引き益51%増 一般用、医療用とも伸びる

 ビオフェルミン製薬が28日に発表した2017年4〜6月期の単独決算は、税引き利益が前年同期比51%増の8億円だった。主力の「新ビオフェルミンS」など一般用医薬品と、医療用医薬品がいずれも伸びた。一方で広告宣伝費を削減して販管費を抑えた。 売上高は18%増の30億円、営業利益は54%増の11億円になった。主力の新ビオフェルミンSは販売が18億円と、前年同期比で16%伸びた。新ビオフェルミンSを含む一般用医薬品全体で売...

続きを読む

モロゾフの今期、一転税引き益14%増に上方修正 「アルカディア」など好調

 モロゾフは28日、2018年1月期の単独税引き利益が前期比14%増の14億円になる見通しだと発表した。従来予想の11億円から上方修正し、一転して増益見通しになる。17年9月にリニューアルした「アルカディア」などの焼き菓子が引き続き好調で、売上高が想定を上回って推移しているため。 売上高は微増の292億円、営業利益は4%増の21億円を見込む。従来予想は290億円、17億円でいずれも一転の増収、増益になる。焼き菓子の好調に...

続きを読む

明治海運の4〜6月期、純利益6%増 ドック入り船舶増加も税金費用減

 明治海運が28日に発表した2017年4〜6月期のの連結決算は、純利益が前年同期比6%減の1億7000万円だった。ドック入りする船舶が増えたことなどで営業減益になったが、税金費用の減少で純利益は前年同期を上回った。 売上高は10%増の96億円、営業利益は32%減の11億円だった。主力の外航海運部門は新たに自動車運搬船とコンテナ船の2隻が加わり売上高は13%増の66億円だったが、ドック入りする船舶が前年同期より多く費用が...

続きを読む

神戸製鋼の今期、最終黒字350億円に上方修正 2期ぶり復配へ

   神戸製鋼所は28日、2018年3月期の連結最終損益が350億円の黒字(前期は230億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想の300億円から上方修正し、黒字幅が拡大する見通しだ。コベルコ建機は中国で油圧ショベルの販売台数が増加傾向にあることや、電力事業で燃料価格が想定を下回って推移していることなどから上方修正に踏み切った。9月末の株主を対象に10円を配当することも決め、2期ぶりに復配する。 売上高は11...

続きを読む

フジッコの4〜6月期、純利益6%増 ヨーグルト、惣菜の伸び目立つ

 フジッコが28日に発表した2017年4〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比6%増の8億6000万円だった。ヨーグルト製品と惣菜製品の販売で伸びが目立った。昆布製品、豆製品、デザート製品の販売も前年を上回り、増収効果が寄与した。 売上高は4%増の152億円、営業利益は6%増の11億円だった。売上高の内訳は、惣菜製品が47億円(前年同期比7%増)、昆布製品が41億円(同3%増)、豆製品が33億円(2%増)、ヨーグル...

続きを読む

みなと銀の4〜6月期、純利益45%減 与信関係費用が増加

 みなと銀行が28日発表した2017年4〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比45%減の12億円だった。国債等債券売買益の減少で減収になったうえ、与信関係費用が増加した。特別利益の計上などがなかったこともあり、税金費用の減少では補えなかった。 みなと銀の単独では、金利収入が元になる資金利益は84億円と前年同期に比べて微増だった。手数料収入を示す役務取引等利益も4%増の15億円と増えた。ただ債券売買益などで構成...

続きを読む

7月の神戸市消費者物価指数、1年半ぶり高水準 生鮮食品除く食品など高い

 兵庫県が28日に発表した7月の神戸市消費者物価指数(2015年=100)は、生鮮食品を除く総合が100.5と、前年同月比で0.4%上昇した。2カ月連続で前年同月を上回り、2015年12月以来ほぼ1年半ぶりの高水準になった。電気代などの「光熱・水道」に加え、酒類を含む「生鮮食品除く食品」の上昇も目立った。 10大費目別で見ると前年比で上昇したのは「生鮮食品除く食料」「光熱・水道」「教育」の3費目に限られた。大幅な安売りを...

続きを読む

久元神戸市長、空港制限緩和「理解のある発言ありがたい」 「フルート」次回に意欲

 神戸市の久元喜造市長は27日の記者会見で、関西経済連合会の松本正義会長に加え「(松井一郎)大阪府知事や(吉村洋文)大阪市長が神戸空港の規制緩和に理解のある発言をしていただいているのは、ありがたいことだ」と述べた。神戸市は前日はオリックスなどの企業連合を神戸空港の運営権の優先交渉権者に選んだと発表。神戸市は空港経営の民営化を機に、1日に30便までといった運用制限の緩和を期待していることを改めて強調した...

続きを読む

神戸市、保育士確保に補正予算を編成へ 新卒保育士に一時金40万円

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は27日の定例記者会見で、保育士の確保に向けた追加施策を発表した。保育の需要に対して保育士数が不足していることに対応する。新卒の保育士が2017〜18年度中に神戸市の保育園に就職した場合、1年目に10万円、2年目に30万円と合計40万円の一時金を支払うなど、待遇改善が柱。神戸市は2017年度予算で保育定員(保育所で受け入れられる子供の数)1200人の増員ための施策...

続きを読む

シスメックス、仏ビオメリューとの合弁を解消 08年に設立の日本法人

 シスメックスと仏診断薬・医療機器大手のビオメリューは27日、両社が出資して2008年に設立した国内法人のシスメックス・ビオメリュー(東京都品川区)について合弁を解消すると発表した。シスメックスが保有するシスメックス・ビオメリュー株の34%を、すべて仏ビオメリューに売却する。株式売却は10月31日を予定する。 合弁解消と同時に、シスメックスが日本国内でのビオメリュー製品の販売代理店になる契約も解消する。ただ国...

続きを読む

神戸製鋼、タイにも本社機能 東南アジア・南アジアの統括会社

 神戸製鋼所は27日、東南アジアと南アジアの6カ国で展開する事業の統括会社である「コベルコ・サウスイースト・アジア」をタイの首都バンコクに設立したと発表した。8月から業務を開始する。タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、インドの6カ国にある神戸製鋼傘下の30社について、統治(ガバナンス)やコンプライアンスなど経営管理のほか、資金の一元管理など本社機能を持たせることで、事業の効率化を進...

続きを読む

神鋼環境の4〜6月期、最終赤字1億3600万円 通期予想は据え置き

 神鋼環境ソリューションが27日に発表した2017年4〜6月期の連結決算は、最終損益が1億3600万円の赤字(前年同期は2億2800万円)だった。水処理関連事業は大型案件があった前年同期に比べて減益になったが、廃棄物処理関連は一部子会社の増益などで補い、赤字幅が縮小した。 売上高は25%減の116億円、営業損益は2億700万円の赤字(前年同期は3億3700万円の赤字)だった。売上高は水処理、廃棄物処理、化学・食品の3分野で...

続きを読む

神戸総合運動公園サブ球場「G7 STADIUM KOBE」に GセブンHDが命名権

 神戸市は26日、神戸総合運動公園サブ球場の命名権スポンサーが、カー用品店や食品スーパーなどを展開するG-7ホールディングス(GセブンHD)に決まったと発表した。新名称は「G7 STADIUM KOBE」になる。契約期間は8月1日から2023年3月31日までで更新が可能。契約額は年500万円(税込み)とした。 スポンサーは6月19〜30日に募集。7月11日に民間の有識者などもまじえて開催した検討会を踏まえて決定した。神戸市は最...

続きを読む

ホテル「ユニゾイン神戸三宮」が宿泊予約を受付開始 来年1月25日開業

 全国でビジネスホテルを展開するユニゾホテル(東京都中央区)は、2018年1月25日に開業を予定する「ユニゾイン神戸三宮」(神戸市中央区、図=ユニゾホテルの発表資料より)の宿泊予約の受付を始めた。加納町3丁目の交差点に近く、山陽新幹線の新神戸駅もJR神戸線の三ノ宮駅なども徒歩圏内の好立地。北野町の異人館街などにも近く、ビジネス客に加えて国内外の観光客による利用も見込む。 ユニゾホテルとしては19番目のホテ...

続きを読む

トリドール、丸亀製麺で「ジャンボオクラ天」を販売 国内協力農家で生産 

 トリドールホールディングス傘下のトリドールジャパンは26日、大きくても柔らかいオクラを使った天ぷら「ジャンボオクラ天」を同日発売したと発表した。沖縄、北海道、関西の一部を除く全国の丸亀製麺の店舗で販売する。食材のオクラは国内で同社の協力農家だけから調達した。トリドールジャパンは安全で高品質の食材確保を目的に、協力農家からの調達を増やす計画だ。 同社は国内協力農家との取り組みを3年前に開始。丸亀製麺...

続きを読む

JR発足30周年記念「神戸牛ビフカツサンド」 京阪神7駅で販売

 JR西日本の傘下で駅構内の店舗開発などを手がけるジェイアール西日本デイリーサービスネットは26日、国鉄が民営化したJR発足30周年の記念商品「神戸牛のビフカツサンド」を8月8日に発売すると発表した。27日まで20日間の限定販売。京阪神7駅19店舗だけで販売する。 セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン-イレブン・ジャパンと共同開発。ミルフィーユ状に重ねた神戸牛にコロモを付けて揚げ、トーストしたパンでは...

続きを読む

川重、アストモスエネルギーにLPG運搬船を引き渡し 「クリスタルリバー」

 川崎重工業はこのほど、出光興産と三菱商事の液化石油ガス部門を統合したアストモスエネルギーに、大型のLPG(液化石油ガス)運搬船を引き渡した。7日に川重の坂出工場(香川県坂出市)で命名式を開催し、「CRYSTAL RIVER(クリスタルリバー)」(写真=川重の発表資料より)を命名。14日付で完成し、同日に引き渡した。川重が建造したLPG運搬船としては55隻目で、同型船では6隻目になった。 全長299.9メートル、幅37.2...

続きを読む

神戸ポートピアホテル、本館18階の全26室をリニューアル 記念の宿泊プランも

 神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)は本館18階で全26室のリニューアルがこのほど完成したと発表した。落ち着いた中にも、きらびやかで神戸のハイセンスな雰囲気「KOBE Calm Modern」をデザイン。今回の改装を機に18階の名称を「リニューアルスーペリアフロア」とした。リニューアルを機に記念の宿泊プランも設定し、利用を呼びかける。(写真はツインルーム=神戸ポートピアホテルの発表資料より)  同ホテル本館は神戸ポー...

続きを読む

神戸空港の運営権、オリックス陣営に191億円で売却 関西3空港は一体運営へ

 神戸市は25日、神戸空港の運営権売却について優先交渉権者として、運営権取得に唯一乗り出していたオリックス、仏バンシ・エアポート、関西エアポート3社の企業連合を選んだと発表した。運営権の対価は契約期間の42年間で総額191億4000万円。加えて神戸空港の収益に連動した負担金もオリックス陣営が支払う。大阪国際(伊丹)空港と関西国際空港を運営する関西エアポートとその大株主2社の企業連合による運営権取得で、神戸市...

続きを読む

井戸兵庫知事、神戸空港の規制「松本関経連会長らと議論のスケジュール相談したい」

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が公開した動画より)は24日の定例記者会見で、来年4月に民営化を予定する神戸空港の運営時間や便数の規制について、関西経済連合会の「松本(正義)会長や関係者と相談しながら、議論のスケジュール感を作っていきたい」と述べ、規制緩和に向けた具体的な議論に前向きな姿勢を改めて示した。関経連の松本氏は18日に開いた記者会見で、神戸空港の1日30便といった規制などを緩和すべきだとの...

続きを読む

神戸ファッションコンテスト2017の最終審査、出場の15人が決まる 神戸市

 神戸市は24日、「第44回神戸ファッションコンテスト2017」の最終審査会に出場するデザイナー15人が決まったと発表した。21日に神戸市内のホテルで一時審査会を開催。国内外から応募した88人の提出書類の中から15人を、4人の国内審査委員が選んだ。審査委員長は、ヨウジヨーロッパやイッセイミヤケ・ヨーロッパ社で社長を務めた斎藤統AECC社長。 審査会では6月14日~7月14日に募集した婦人服のデザイン案について、作品の...

続きを読む

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告