8月の兵庫鉱工業生産、2か月ぶり上昇 基調判断「緩やかな持ち直し」に上方修正

【神戸経済ニュース】兵庫県が25日に発表した8月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)速報値は前月比1.4%上昇の97.4だった。2カ月ぶりに生産の増加を示した。指数の3カ月移動平均からみた生産活動の基調判断は「緩やかな持ち直しの動きが見られる」とし、前月まで9カ月続いた「一進一退で推移している」との見方から上方修正した。 主要9業種の生産指数のうち5業種が上昇した。指数に占めるウエートが最も大きい...

神戸空港、9月の旅客数は前年比2.2倍 ビジネス需要の多い路線で利用者増

【神戸経済ニュース】空港運営会社の関西エアポートグループが25日に発表した9月の神戸空港旅客数は、前年同月の2.2倍である25万6541人だった。新型コロナウイルスの「第7波」が落ち着きを見せたことなどもあり、夏休みシーズンが終わっても需要の回復傾向が継続した。羽田や新千歳といったビジネスの需要も多い路線で利用者数の増加が目立った。 路線別では前月同様に、前年同月に未就航だった新潟便を除く、すべての路線で旅...

9月の神戸市部マンション発売戸数10.3%減 契約率88.6%

【神戸経済ニュース】不動産経済研究所(東京都新宿区)が21日に発表した9月の近畿圏新築分譲マンション市場動向によると、神戸市部のマンション発売戸数は前年同月比10.3%減の175戸だった。発売月内に契約にたどりついた戸数の割合を示す契約率は88.6%になった。マンション販売が好調であることの目安になる70%を2カ月連続で上回った。 神戸市部の平均価格は5003万円、1平方メートル当たりの分譲単価は84.0万円だった。平...

9月の神戸市消費者物価、前年比2.4%上昇 「ガス代」は28.9%上昇

【神戸経済ニュース】総務省が21日に発表した9月の神戸市消費者物価指数(2020年=100)は、生鮮食品を除く総合が前年同月比で2.4%上昇の101.7になった。前月に続いて上昇率が2%台になった。到達したのは2014年9月(2.6%上昇)以来7年ぶりの大きな上昇率になった。円安進行などを背景に「ガス代」「電気代」、灯油代を含む「他の光熱」が大幅に上昇したほか、「外食」など食品価格の上昇が指数を押し上げた。 「電気代」は...

9月の神戸港、輸出入総額が前年比29.0%増 円安などで4カ月連続1兆円超

【神戸経済ニュース】神戸税関が21日に発表した9月の貿易統計(速報)によると、神戸港を通じた輸出入総額は前年同月比29.0%増の1兆669億円だった。比較できる1979年以降では、4カ月連続で1兆円を超えたのは初めてで、9月の輸出入総額としては過去最高。すべての月間でみても、22年6月に次ぐ2番目に大きな金額になった。円安を受けて、ドル建ての決済で輸出入した品目の円換算値が膨らんだことなどが寄与したとみられる。...

神戸港、7月のコンテナ総取扱個数5.4%増 輸入の急増には一服感

【神戸経済ニュース】神戸市が20日に発表した7月の神戸港の統計によると、同月の神戸港コンテナ総取扱個数は前年同月比5.4%増の24万7217個(20フィートコンテナ換算)だった。3カ月連続で前年同月を上回った。中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)など新型コロナウイルスの影響は、おおむね解消したもよう。円安で海外からみて、値ごろ感が出た国内製造の製品の輸出も増えたとみられる。 輸入コンテナは3カ月連続の増加。...

日銀神戸支店、景気「基調として持ち直し」据え置き 感染症・供給制約は後退

【神戸経済ニュース】日銀神戸支店が14日に発表した10月の管内金融経済概況では、兵庫県景気の基調判断を5月以来の「基調としては持ち直している」に据え置いた。ただ、「資源価格上昇や新型コロナウイルス感染症再拡大の影響を受けつつも」といった注記はなくし、経済情勢の改善を強調した。物価が上昇する中でも、新型コロナウイルスの感染拡大で抑制されていた個人消費の回復は続いているという。物流の混乱に伴う電子部品の不...

4〜9月の兵庫県倒産件数、14件減の157件 負債総額は2329億円・帝国データ

【神戸経済ニュース】帝国データバンク神戸支店(神戸市中央区)がまとめた兵庫県の4〜9月期の倒産件数(負債額1000万円以上の法的整理)は157件と、前年同期に比べて14件減少した。負債総額は239億4800万円で、同87億9400万円(58%)増えた。倒産件数は低水準で推移した。ただ負債総額56億円のFELICE、同21億円の映機工業、同20億円のウエシマコーヒーフーズなど比較的大型の倒産があったのが影響した。 6カ月の半期ご...

神戸港、6月のコンテナ総取扱個数4.7%増 輸入は13.9%増と伸び顕著

【神戸経済ニュース】神戸市が6日に発表した6月の神戸港の統計によると、同月の神戸港コンテナ総取扱個数は前年同月比4.7%増の25万5408個(20フィートコンテナ換算)だった。2カ月連続で前年同月を上回った。中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)など新型コロナウイルスの影響で貨物の動きが鈍っていた反動で、輸出入とも急速に回復したとみられる。 輸入コンテナは2カ月連続の増加。6月は前年同月比13.9%増の48万8716...

兵庫日銀短観、全産業DIは3期ぶり改善 価格転嫁が進展・コロナ影響は後退

【神戸経済ニュース】日銀神戸支店が3日に発表した全国企業短期経済観測調査(短観、9月調査)の兵庫県分では、全産業の業況判断指数(DI)が前回調査から6ポイント改善のプラス3だった。業況判断DIの改善は3期ぶり。半導体不足など供給制約の影響が緩和して製造業の景況感を下支えし、新型コロナウイルスの影響が後退したのが非製造業の景況感を押し上げた。値上げの浸透などもあり、企業の収益も改善する動きが調査結果...

4〜6月期の兵庫県、実質GDP0.4%増 民間需要回復で2四半期ぶりプラス

【神戸経済ニュース】兵庫県が30日に発表した2022年4〜6月期の県内総生産(GDP、季節調整済み)は、物価変動の影響を除く実質(2015年基準)が22年1〜3月期との比較で0.4%増加した。年率換算では1.4%増。2四半期ぶりのプラス成長になった。新型コロナウイルスの感染拡大が一服し、3年ぶりに行動制限のない5月の大型連休を迎えたことなどで個人消費はしっかり。民間住宅投資、民間企業設備投資も回復した。円安と原燃料...

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告