monoAIなどメタバース4社が連携 KDDIを窓口に最適な基盤を提供

【神戸経済ニュース】KDDI(9433)、STYLY(スタイリー、東京都新宿区)、monoAI technology(モノアイテクノロジー、5240)、グリー(3633)傘下であるREALITY XR cloudのメタバース4社は、目的に最も適したメタバースのプラットフォーム(基盤)を利用できるようにする連携関係「オープンメタバースネットワーク」を発足した。企業や自治体がメタバースを採用する際、複数のメタバースをつないだり、実際の空間も取り...

モロゾフ、千葉・船橋の工場新築に38億円 既存工場の隣接地に建設

【神戸経済ニュース】洋菓子大手のモロゾフ(2217)は、千葉県船橋市にある船橋工場の隣接地に新工場建設で自己資金38億円を投入すると発表した。既存工場に隣接している商品倉庫を解体し、跡地に新工場棟(完成予想図=モロゾフ提供)を建設。生産を止めずに既存工場と置き換える。 すでに足元ではフル稼働状態で、今後も拡大する見通しの焼き菓子のラインを強化する。工場建屋の建設に38億円を見込むほか、製造ラインを移設した...

井本商運、コンテナ船「みかづき」が就航 陸上電源の受電設備も搭載・西日本航路

【神戸経済ニュース】国内コンテナ輸送大手の井本商運(神戸市中央区)のコンテナ船「みかづき」(写真=井本商運提供)が就航し、25日に神戸港で初入港セレモニーを開催した。1月に就航した「まや」と同型船で、最大コンテナ245個(20フィートコンテナ換算)を積載できる。小池造船海運(広島県豊田郡大崎上島町)で建造し、船主は三萬吉(岡山県笠岡市)。神戸を起点に国際フィーダー貨物や国内貨物を運搬する西日本航路に投入...

閉店候補が一転、地域連携で「モデル店」に コープミニ月が丘で新装オープン式典

【神戸経済ニュース】生活協同組合のコープこうべ(神戸市東灘区)は23日、店舗「コープミニ月が丘」(神戸市西区)で同店の新装オープンを祝う式典を開催した。同時に地域住民らが連携して販売会や体験会なども開く行事「コープフェスタ月が丘」を開催した。2023年度の営業終了(閉店)候補店とされたが、地域ぐるみで同店の利用を促進する活動を展開。営業継続が決まった店舗だ。地域住民が自由に使えるスペースとして店内に新設...

アシックス、株式分割「現在は具体的計画ないが重要課題」 株主総会で回答

2024/03/22  19:15  末尾の開催実績に関する数値を追加しました。【神戸経済ニュース】スポーツ用品大手アシックス(7936)の最高財務責任者(CFO)である林晃司・常務執行役員は22日に開いた定時株主総会で「現在、具体的に株式分割について決定したことはない」としながらも、「株式市場の動向、また株価の水準、東証が定める望ましい投資単位というのもあるので、これらを考慮しながら、重要課題として認識している」と...

スカイマーク株、鈴与系が5.9%を追加取得 インテグラル保有分の全部

【神戸経済ニュース】投資ファンドを運営するインテグラル(5842)は21日、同社が保有するスカイマーク株式の全部(スカイマーク株の発行済み株式の5.9%)を、鈴与ホールディングス(鈴与HD、静岡市清水区)に売却する契約を結んだと発表した。インテグラルは2023年11月にスカイマーク株の13.01%を鈴与HDに売却し、鈴与HDはANAホールディングス(9202)を上回る筆頭株主になっていた。今回のインテグラルによる売却で、...

スカイマーク、筆頭株主が鈴与系の投資組合に 鈴与HDが全保有株を移管

【神戸経済ニュース】神戸空港で就航便数が最も多いスカイマーク(9204)は21日、同社株の13.01%を保有する筆頭株主が従来の鈴与ホールディングス(鈴与HD、静岡市清水区)から鈴与系投資組合の鈴与スカイ・パートナーズに25日に異動すると発表した。鈴与ホールディングスは保有する全株を、鈴与スカイ・パートナーズに移管する。売買は市場外での相対取引としており、売買価格は1株895円(総額およそ70億円)とした。(写真は...

神栄、月7500円の賃金改善 労組要求に500円上乗せ・ベア2年連続

【神戸経済ニュース】商社の神栄(3004)は2024年春季労使交渉で、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善を月額7500円にすることで労働組合と合意したと21日に発表した。労組要求の7000円に、今後の物価上昇の懸念も考慮して500円を上乗せした。定期昇給分を含めた賃上げ率は3.97%になった。 神栄と国内子会社である神栄テクノロジー、神栄キャパシタ、神栄リビングインダストリー、神栄ホームクリエイトの5社が対象。各社は...

「冷凍おにぎりdeトマトリゾット」にフジッコ賞 兵庫県・朝食促進で表彰式

【神戸経済ニュース】兵庫県は20日、総菜大手のフジッコ(2908)と連携した朝食のレシピコンテストで、「冷凍おにぎりdeトマトリゾット♪」を考案した神戸松蔭女子学院大4年の常沢明日香さんをフジッコ賞として表彰した。兵庫県による若者世代の朝食喫食率を引き上げるプロジェクトの一環で、若者世代に食事での健康管理を呼びかけるフジッコもSDGs(国連の持続的な開発目標)に関する活動にもつながるとして協力した。表彰式...

神戸市とコープこうべ、買い物支援で連携協定 たけのプラザに「サンディ」6月開店

【神戸経済ニュース】神戸市と外郭団体のこうべ未来都市機構、生活協同組合のコープこうべ(神戸市東灘区)は19日、こうべ未来都市機構が運営する住宅近隣の商業施設に入居する食品スーパーが撤退した際などに、住民の買い物を支援するための連携協定を同日結んだと発表した。高齢者や障害者といった「買い物弱者」とされる人も、日常生活に不可欠な買い物が途切れなくできるようにするのがねらい。 食品スーパーが撤退した地区で...

トーホー、食品スーパー6店舗の売却が追加で決まる ゴダイに3店舗など

【神戸経済ニュース】業務用食品卸のトーホー(8142)は18日、2025年1月までに撤退を決めた食品スーパー事業「トーホーストア」について新たに6店舗の売却先が決まったと発表した。バローホールディングス(9956)の完全子会社である中部薬品に新たに3店舗、兵庫県を中心に調剤薬局などを展開するゴダイ(姫路市)に3店舗を譲渡する。バローHD傘下の企業が引き継ぐ店舗は、今回分を合わせて16店舗。このうち中部薬局は11店舗...

神戸天然物化、バイオ医薬品開発社の株式を追加取得 INCJから

【神戸経済ニュース】受託合成の神戸天然物化学(6568)は18日、バイオ医薬品を開発するナパジェンファーマ(米ワシントン州)の株式を取得したと発表した。神戸天然物化はナパジェン社の株式の一部をすでに保有していたが、INCJ(旧産業革新機構)が保有していた株式を追加で引き受けたとしている。取得価格や株式の保有比率などは明らかにしていないが、株式取得後もナパジェン社は神戸天然物化学の関連会社などには当たらな...

「神戸ワイン」に関する主な動き(年表)

【神戸経済ニュース】◎「神戸ワイン」に関する主な動き・1983年 神戸市葡萄・果樹研究所が酒類醸造免許を取得し、本格的にワイン醸造を開始・1984年 神戸市立農業公園が開業、株式会社神戸ワイン設立(神戸ワイン販売開始)・1995年 阪神淡路大震災・2000年代初頭 在庫過多で経営難に。耕作面積、栽培品種を見直し、ぶどうの品質向上に注力・2006年 農業公園の公共施設としての位置付け廃止、ワイナリーに特化・2016年 ジャ...

白鶴酒造、「神戸ワイン」事業引き継ぎで神戸農政公社と協議開始 販路拡大など

【神戸経済ニュース】酒造大手の白鶴酒造(神戸市東灘区)は15日、神戸市の外郭団体である神戸農政公社(神戸市西区)から「神戸ワイン」の製造販売を引き継ぐことで協議を開始したと発表した。2月8日から協議を開始して基本合意した。今後、事業承継に関する条件を詰めて今秋にも最終合意、事業承継契約をめざす。順調に進めば12月にも白鶴酒造が事業を引き受け、2025年度から白鶴酒造が神戸ワインの醸造を手掛ける公算だ。 白...

神戸国際会館「SOL」新装で幅広い世代を意識、緑も配置 17日マルシェ開催

【神戸経済ニュース】神戸国際会館(神戸市中央区)の商業施設「SOL」は15日、館内の改装を終えてリニューアルオープンした。神戸国際会館の創立70年に加え、阪神淡路大震災後に新築した新会館の開業25年を記念する事業の一環として改装を実施。地下街「さんちか」や地下鉄の三宮・花時計駅に直通する地下1階のメーンの出入り口を植物で覆った(1枚目の写真)ほか、各店舗には観葉植物を配置。商業施設を開業して25年で顧客層...

山口モロゾフ社長「カカオ豆の調達が厳しくなりそう」 1年半〜2年分は備蓄も

【神戸経済ニュース】洋菓子大手モロゾフ(2217)の山口信二社長(写真)は15日に開いた2024年1月期決算発表の記者会見で、チョコレート原料の「カカオの調達が、この先、少し厳しくなりそうだ」との見方を示した。カカオ豆は大雨など相次ぐ異常気象の影響で、2年連続の供給不足。需給が逼迫し、価格はこの1年でざっと2倍に上昇した。国際指標であるロンドン先物(第2限月)は過去最高値の1トン5000ポンド台で推移している。...

石光商事、2月の連結売上高は1.9%増 2カ月ぶり前年比増

【神戸経済ニュース】食品商社である石光商事(2750)が15日発表した2月の月次動向によると、連結売上高(速報値)は前年同月比1.9%増の49億8000万円だった。2カ月ぶりに前年同月を上回った。傾向として外食による需要回復が続いているほか、うるう年で前年同月に比べて営業日数が1日多かったのも寄与したもよう。 石光商事単独で同月の売上高は前年同月比3.0%増の38億3000万円だった。このうち事業部門別では、コーヒー・飲...

神戸製鋼、鉄粉製品を値上げ 付加価格に加えトン1.5万円・4月出荷分から

2024/03/05  14:10  3段落目の市場シェアを最新の数字に更新しました。【神戸経済ニュース】神戸製鋼所(5406)は15日、粉末冶金などに使う鉄粉製品の価格を、すでに導入しているエネルギーコストの「サーチャージ制」(付加価格)による分に加えて1トンあたり1万5000円引き上げると発表した。4月出荷分から。労務費、設備保全費、資機材費、副原料費、輸送費などが前期よりも上昇しており、自助努力だけで吸収するのは難...

ワールド、生成AI活用のデザインコンテストで初の展示会 16・17日

【神戸経済ニュース】アパレル大手ワールド(3612)の関連会社であるOpenFashionは16、17日にAI(人工知能)による画像生成技術を活用したファッションデザインのコンテスト「TOKYO AI Fashion Week(東京AIファッションウィーク)」の展示会を開催する。これまでもコンテストは開催してきたが、応募件数が1900件と膨らんだのは初めて。展示会も初めて開催する。ワールド北青山ビル(東京都港区、写真=資料)1階で、20〜30点...

トーホー、2月の売上高8.6%増の186億円 飲食店の需要回復が続く

【神戸経済ニュース】業務用食品卸売りのトーホー(8142)は14日、2月の売上高が前年同月比8.6%増の186億円だったと発表した。外出する人や訪日客の増加を背景に飲食店の需要回復が続き、主力の業務用食品卸売事業(ディストリビューター、DTB事業)が堅調だった。DTBの売上高は12.3%増だった。 居酒屋など中小飲食店の利用が多い「A-プライス」などを展開するキャッシュアンドキャリー(業務用食品の現金卸売り、C&...

大栄環境とコープこうべ、食品廃棄物の肥料化で認定取得 下旬に事業開始へ

【神戸経済ニュース】廃棄物処理が主力の大栄環境(9336)と生活協同組合のコープこうべ(神戸市東灘区)は、店舗で発生する食品廃棄物から肥料(たい肥)を製造し、店舗で販売する農作物の栽培に活用する「食品リサイクルループ」の認定を農水省と環境省から取得したと発表した。コープこうべの店舗で発生した食品廃棄物を大栄環境が収集し、同社の三木リサイクルセンター(三木市)で肥料化する。コープこうべの子会社コープエコ...

スカイマーク、神戸〜羽田・夜の臨時便を増発 4月3日などに4往復8便

【神戸経済ニュース】神戸空港への乗り入れ便数が最も多いスカイマーク(9204)は、4〜10月の月曜、火曜、木曜、土曜に設定した午後9時台に両空港を出発する神戸〜羽田の臨時便を、水曜である4月3日と5月1日、金曜の4月5日、日曜の4月7日にも追加する。合計4往復8便を追加することで、臨時便を設定する日は神戸〜羽田便を1日7往復(定期便だけで6往復)に増やす。神戸〜東京を日帰りするビジネス客などの利便性が高...

川重、月1万8000円の賃金改善 2年連続の満額回答・賃上げ率7.1%

【神戸経済ニュース】川崎重工業(7012)は13日、労働組合に対し2024年春季労使交渉でベースアップ(ベア)に相当する賃金改善で、労組要求の満額である月1万8000円を回答した。満額回答は2年連続で、回答額は昨年の1万4000円を上回った。定期昇給分を含めた賃上げ率は7.1%になった。 川重は物価上昇への対応や人材への先行投資に加え、「多様な従業員のモチベーション(やる気)を引き出し、意欲のある従業員の活躍を促す」...

神戸製鋼、月3万円の賃金改善で満額回答 深夜・休日の割増率も上げ

【神戸経済ニュース】神戸製鋼所(5406)は13日、労働組合に対し2024年春季労使交渉でベースアップ(ベア)に相当する賃金改善で、労組要求の満額である月3万円を回答した。深夜業割増金(午後10時から午前5時の賃金割増率)を実働1時間あたり40%に引き上げるほか、日曜祝日手当を1回3000円に引き上げるなど、労組の全要求項目をそのまま受け入れることにした。 休日数は2交替勤務の場合に年121日、3交替勤務で105日に増や...

ロック・フィールド、2月の既存店売上高4.4%増 RF1は5.1%増

【神戸経済ニュース】ロック・フィールド(2910)が発表した2月の月次動向は、既存店売上高が前年同月比4.4%増だった。19カ月連続で前年同月を上回った。客数増と値上げによる増収の影響に加え、うるう年のため通常よりも営業日が1日多いことも寄与した。 ブランド別では、売上高の半分超を占める主力の「RF1」が5.1%増だった。「ベジテリア」は13.2%増と2ケタ増収。「神戸コロッケ」は2.6%増、「いとはん」は4.2%増だ...

ロック・フィールド、1月の既存店売上高2.4%増 RF1は2.7%増

【神戸経済ニュース】ロック・フィールド(2910)が発表した1月の月次動向は、既存店売上高が前年同月比2.4%増だった。18カ月連続で前年同月を上回った。新型コロナウイルスの影響が薄れ、消費者が外出して百貨店などの店舗を訪れる機会が増える流れが継続した。5月に実施した値上げも、引き続き寄与した。 ブランド別では、売上高の半分超を占める主力の「RF1」が2.7%増だった。「ベジテリア」は16.0%増と引き続き高い伸...

トーカロ、GLION ARENA KOBEでオフィシャルパートナー契約 25年春に開業

【神戸経済ニュース】表面処理加工のトーカロ(3433)は12日、神戸市中央区の新港第2突堤で2025年春に開業する1万人規模のアリーナ「GLOIN ARENA KOBE(ジーライオンアリーナ神戸)」の運営会社と、オフィシャルパートナー契約を結んだと発表した。アリーナを起点とした街づくりを通じ、新たな地域の価値を創造する構想に賛同し、地元への地域貢献活動の一環として参画を決めたという。 契約額や契約期間は非開示とした。オフィ...

神戸製鋼、橋りょう用鋼板の耐食性を強化 エコビュープラス・国交省NETIS登録

【神戸経済ニュース】神戸製鋼所(5406)は11日、橋りょう用鋼板の1つで塗装によって長寿命を確保する厚板「エコビュー」に、レアメタルのタンタル、マグネシウム、希土類金属(REM)を添加して耐食性を向上させた「エコビュープラス」が国土交通省の新技術情報システム(NETIS)に登録されたと発表した。登録は2月20日付。社会インフラの老朽化が進む中、耐久性の高い材料を提供し、安全でより長寿命の橋に架け替えられ...

古賀トーホー社長、A-プライス「出店強化したい」 業務スーパーと住み分け可能

【神戸経済ニュース】業務用食品卸売りを手掛けるトーホー(8142)の古賀裕之社長(写真)は11日に開いた決算発表の記者会見で、業務用食品を現金販売で卸売りする店舗「A-プライスの出店を強化したい」との方針を述べた。主力顧客である中小の飲食店向けの存在感を高めるほか、食品スーパーのトーホーストアは25年1月期中に事業撤退を予定することから「(一般的な)認知度向上の鍵になる」との見方も示した。今期は3店舗を新...

トーホー、27年1月期の純利益45億円目標 関東シェア向上へ・配当性向40%に

【神戸経済ニュース】業務用食品卸のトーホー(8142)は11日、最終年度である2027年1月期の連結純利益45億円を目標にすることなどを盛り込んだ中期経営計画を発表した。首都圏でのシェア向上や業務用食品の現金卸売り事業(キャッシュ&キャリー)の拡大などで売上高は2650億円をめざす。自己資本利益率(ROE)は10%以上、株価純資産倍率(PBR)は1倍以上(24年1月期は14.5%、1.1倍)を維持する。期間中に配当性向を40...

ネスレ日本「ミロ」3品目を7〜43%値上げ 6月納品分から

【神戸経済ニュース】ネスレ日本は11日、飲料製品「ネスレミロ」3品目を6月1日納品分から値上げすると発表した。「ネスレミロオリジナル」は同時に内容量も変更し、現行の240グラムを200グラムに減らしたうえで希望小売価格(税込み)を478円から547円に引き上げる。内容量変更も考慮した3品目の価格改定率は約7〜43%になるとしている。 「ネスレミロオトナの甘さ」は「オリジナル」同様に内容量も変更。200グラムを160グラ...

「PARIS」めざすトップ選手向けランニングシューズ アシックスが11日発売

【神戸経済ニュース】スポーツ用品大手のアシックス(7936)は11日、中長距離走でトップ選手のパフォーマンス路を最大限に引き出すことを目的に開発したランニングシューズ「METASPEED(メタスピード)」シリーズの最新作である「METASPEED SKY PARIS(スカイパリ)」「METASPEED EDGE PARIS(エッジパリ)」を発売する。従来品に比べて軽量化し、反発性とクッション性の向上に成功した。パリ五輪などの世界大会で1人でも多くの国...

(動画)三菱重、海自向け潜水艦「じんげい」引き渡し 神戸造船所で

【神戸経済ニュース】三菱重工業(7011)は8日午前、神戸造船所(神戸市兵庫区)の第三岸壁で潜水艦「じんげい」を防衛省に引き渡した。同潜水艦は海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)の第4潜水隊に配備する。防衛省の増田和夫事務次官と三菱重の江口雅之執行役員(防衛・宇宙セグメント長)が引き渡しに関する書面を交換する「引き渡し式」を実施。続いて、新造船に最初に自衛艦旗を掲げる「自衛艦旗授与式」を開催した。...

カルナバイオ、米フレッシュ社の解散で契約終了 全権利の返還受ける

【神戸経済ニュース】創薬ベンチャーのカルナバイオサイエンス(4572)は、自己免疫疾患の治療薬と期待されている「STING阻害剤(アンタゴニスト)」について、米フレッシュ・トラックス・セラピューティクス(旧ブリッケル・バイオテック、コロラド州)との契約を終了すると発表した。同社が23年9月に清算・解散する計画を決定したため。開発・商業化などを含むすべての権利の返還を受ける。発表は5日。 STINGアンタ...

神戸製鋼「サステナ経営会議」など設置 取締役の監督機能を強化

【神戸経済ニュース】神戸製鋼所(5406)は5日、取締役会の監督機能を強化する一環で4月1日に「サステナビリティ経営会議」を新設すると発表した。取締役全員で構成する。神戸製鋼とグループ会社が展開する二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロ(カーボンニュートラル)や人材、品質などの分野の全社戦略について、事業を執行する担当者らと認識の共有や意見交換を定期的に実施する。 加えて事業執行を推進する体制も強化。経営審...

ワールド、2月の既存店売上高が7.5%増 4〜2月期通期で8.3%増

【神戸経済ニュース】アパレル大手のワールド(3612)が5日発表した2月の月次動向は、国内既存店舗の小売り売上高が前年同月の7.5%増(速報値)だった。すぐ着られるニットやショートコートなどのセール販売が好調だった。加えて記録的な暖冬で、春物商戦が本格化。卒業式や入学式などのセレモニー向けスーツなどのピークと重なり、冬物セールから春物の定価販売へと販売がシフトした。20年2月との比較では0.5%減だった。 う...

阪神タイガースの名シーンを振り返りながら一杯、岡田監督など7種 白鶴酒造

【神戸経済ニュース】酒造大手の白鶴酒造(神戸市東灘区)は、プロ野球阪神タイガースの23年シーズンの名シーンを振り返りながら、日本酒の一杯を楽しめる「白鶴サケカップ阪神タイガースラベル200ml」7種類を8日に発売する。躍動感あふれる選手本人の写真や、写真で振り返る23年シーズンの名シーン、選手の背番号と直筆サインをラベルにプリントした。9月ごろまでの期間限定で販売する予定だ。阪神とコラボしたサケカップは昨...

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告