川重など、医薬品や食事などロボット配送 5G活用・東京の西新宿で今冬

【神戸経済ニュース】川崎重工業(7012)、ソフトウエア開発のティアフォー(名古屋市中村区)、KDDI(9433)、SOMPOホールディングス(8630)傘下の損害保険ジャパン、フードデリバリーのmenu(東京都新宿区)、武田薬品工業(4502)の6社は、川重を代表企業として共同で提案した食事や医薬品などの自動配送サービスが、東京都による「スマート東京先行実施エリア」としている西新宿(東京都新宿区)で展開する先端サー...

コープこうべ、文化事業「カルチャー」事業から撤退 25年3月末までに終了

【神戸経済ニュース】生活協同組合のコープこうべ(神戸市東灘区)は2025年3月末までに生活文化講座「コープカルチャー」事業から撤退することを決めた。ネット動画の普及による学び方の変化や、新型コロナウイルスの感染拡大による外出控えなどを背景に、受講者数がピークだった2015年から1万人以上減少、8月現在の定期講座の受講者は約7900人になった。収益面でも04年の事業化以来、年間で黒字化したことは一度もなかった。不...

神姫バス、西播磨と北播磨の地域会社を統合 車両・人員など最適配置も

【神戸経済ニュース】兵庫県のバス大手である神姫バス(9083)は12日、同社の完全子会社で西播磨地区の路線バスを運行するウエスト神姫(相生市)と同じく北播磨地区の路線バスを運行する神姫グリーンバス(神崎郡神河町)を10月1日付で合併すると発表した。人手不足で乗務員の新規採用などが難しいなか両社を一体運営することで、より効率的にバス運行を中心とした地域密着型の事業を展開する。 経営を統合することで兵庫県内で...

エアバスとヒラタ学園「空飛ぶクルマ」で連携 神戸〜関空などヘリで検証飛行

【神戸経済ニュース】欧州の航空機大手エアバスは、神戸空港(神戸市中央区)を拠点にヘリコプターの運航サービスを手掛けるヒラタ学園(堺市西区)と、一般に「空飛ぶクルマ」と呼ばれる電動の垂直離着陸機(eVTOL)を活用した輸送サービスの開発に向けて連携すると発表した。エアバスが開発する「シティエアバス・ネクストジェン」(図=エアバス提供)を活用し、商業輸送サービスを始めるための検証に共同で取り組む。エア...

神栄、工場内の粉じん濃度を「見える化」 作業員の健康管理・安全確保に

【神戸経済ニュース】商社の神栄(3004)は、子会社で電子機器・部品を製造する神栄テクノロジーが工場内などの粉じん濃度を見える化、常時監視できる「パーティクルセンシングモニター『AES-MCM』」(写真左=神栄テクノロジー提供)を発売したと発表した。製造現場で作業する従業員の健康・安全を確保するため、作業エリアごとに室内環境を「見える化」する需要に対応する。家庭用空気清浄機に組み込むホコリセンサーの技...

川重、ヘリの「CRM訓練」を国内初の事業化 VR映像の模擬機器を開発

【神戸経済ニュース】川崎重工業(7012)はヘリコプター向けの「CRM訓練サービス」をヘリコプターを運航する自治体や団体向けに始めた。仮想現実(VR)映像の技術を使った練習用の模擬機器「VRシミュレーター」を開発。実際にヘリコプターを使うよりも、悪天候や故障など多様な場面を想定した訓練ができるうえ、費用も少なくてすむ。同訓練のサービスを事業化したのは日本初になるという。22年度から年1回のCRM訓練が国...

企業対抗戦は「JT・小泉ビジネス」チーム優勝 有馬六甲ヒルクライムフェスタ

【神戸経済ニュース】有馬温泉から芦有ドライブウェイを駆け上がる自転車のロードレース「六甲有馬ヒルクライムフェスタ」の関連行事として、有馬川親水公園(神戸市北区)で開催した「有馬〜六甲バーチャルライドレース2022」では、昨年に続いて第2回になった企業対抗戦で「JT兵庫支社・小泉ビジネスソリューションズ」チームが優勝した。自転車のトレーニングマシンを使った仮想ロードレースで、1キロメートルのコースを4人...

石光商事、8月の連結売上高26.1%増 反動増でコーヒー飲料65.1%増

【神戸経済ニュース】食品商社である石光商事(2750)が9日に発表した8月の月次動向によると、連結売上高(速報値)は、前年同月比26.1%増の45億600万円だった。コーヒー・飲料などを中心とした仕入れ価格の上昇による卸売価格の引き上げと、行動制限の解除による外食需要の回復が引き続き押し上げ要因。 石光商事単独で同月の売上高は前年同月比30.3%増の39億8100万円だった。このうち事業部門別では、コーヒー・飲料事業が6...

ロック・フィールド、8月の既存店売上高11.0%増 全店売上高は12.7%増

【神戸経済ニュース】ロック・フィールド(2910)が9日に発表した8月の月次動向は、既存店売上高が前年同月比11.0%増だった。3カ月ぶりに前年同月を上回った。前年同月は下旬にかけて都市部で新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されるなど、行動制限があったため来店客数が減少。今年は3年ぶりに行動制限のない夏休みシーズンだったことで、反動増が表れたもようだ。 ブランド別では全ブランドが前年同月比で増加。売上...

トーホー、8月の売上高27.6%増 外食の需要回復が続く

【神戸経済ニュース】トーホー(8142)が9日発表した8月の月次動向は、全店全業態ベースの売上高が前年同月比27.6%増になった。6カ月連続で前年同月を上回った。主力の業務用食品卸売り(DTB)では、35.7%増と前月に引き続き高い伸びを記録した。3年ぶりに新型コロナウイルスによる行動制限がない夏休みシーズンで、外食による業務用食品の需要回復が続いたのが表れた。DTBは特に首都圏や関西地区で伸びた。 居酒屋な...

山岡モロゾフ副社長、値上げ「個人消費など見極め必要」 原材料高も慎重姿勢

【神戸経済ニュース】洋菓子大手モロゾフ(2217)の山岡祥記副社長は7日の2022年2〜7月期決算発表を受けて神戸経済ニュースの電話取材に応じ、販売価格の値上げについて「個人消費や景気の動向などを見極めながら、慎重にやっていく必要がある」との見方を示した。原材料の価格がほぼ全面的に上昇しているうえ、仕入れ先からの値上げ要請は2度目や3度目といった材料も多い。光熱費も増加した。値上げ自体は「いずれかのタイミ...

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告