GセブンHD、「miniピアゴ」の全株取得 ユニーから12億5000万円

 業務用食品スーパーやカー用品店などのフランチャイズ加盟店を展開するG-7ホールディングスは17日、東京都と神奈川県で小型スーパー「miniピアゴ」73店舗を展開する99イチバ(横浜市神奈川区)の全株式を取得すると発表した。現在、全株式を保有する、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス傘下のスーパー大手であるユニーから、合計12億5000万円で取得する。 パンパシHDによると、99イチバはユニー...

アシックス、靴底にカーボンプレート内蔵「メタレーサー」 4月中旬発売

 アシックスは4月中旬に、マラソンや駅伝などのレースで高速走行を可能にするランニングシューズの高機能モデル「METARACER(メタレーサー)」(写真=アシックス提供)を4月中旬に発売すると発表した。靴底に1枚のカーボンプレートを内蔵することで、走る際の推進力につなげる。カーボンプレートを内蔵したランニングシューズは、米ナイキの「ヴェイパーフライ」が1月に開かれた第96回東京箱根間往復大学駅伝で走った選手の...

神戸製鋼、米国での訴訟で和解 品質データ改ざんで・業績への影響「軽微」

 神戸製鋼所は、アルミ・銅製品の品質データ改ざんを巡り、米国の消費者が同社グループに対して起こした訴訟で和解したと14日に発表した。現地の裁判所は原告の訴訟をいったん却下していたが、原告が訴状を修正して2019年8月に再び裁判所に提出していた。原告は神戸製鋼の製品を使った自動車の購入者やリースでの使用者らだという。和解は米西部時間の13日に合意した。 原告は購入した自動車の転売価値が損なわれたなどと主張し...

新型肺炎、再稼働の工場で生産抑制の動きも ノーリツは17日に3工場を再開へ

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国で稼働を再開した工場でもフル稼働できない状況が続いている。神戸市に本社を置く企業では、住友ゴム工業は中国に2カ所ある工場でタイヤの生産を再開したが、物流網の停滞で出荷ができない状況とあって、14日現在で生産を抑制しているという。感染者数が増えている浙江省にも拠点を持つ神戸製鋼所は、外務省が12日に中国からの一時帰国を促すスポット情報を出したこと...

広田アシックス社長、五輪グッズ「日本選手の応援Tシャツ・ポロシャツに期待」

 アシックスの広田康人社長COO(写真)は14日に大阪市内で開いた2019年12月期決算発表の記者会見で、今夏に開催する東京五輪・パラリンピック関連商品について、「日本選手団の応援で着ていただくTシャツやポロシャツが一番、販売につながると期待している」と述べた。同社は五輪・パラリンピックの公式ライセンス商品を製造する。競技の会場内外など、応援グッズを販売する店舗は全国で1000カ所を超える予定だ。 広田氏はか...

住友ゴム、25年の売上収益1兆円以上目標 中期経営計画を発表

 住友ゴム工業が13日に発表した2025年12月期を最終年度とする中期経営計画では、最終年までに売上収益(国際会計基準)を1兆円以上、本業の利益を示す事業利益を1000億円以上に引き上げる目標を盛り込んだ。従来の中期計画で20年12月期の目標として示したが、達成できなかったため改めて目標とした。このところ売上高事業利益率が低下傾向にあったが、組織体制を強化してグローバルに展開した供給網の成果を最大化する。 同社は...

川重、社長に橋本・取締役常務執行役員が昇格 金花社長は会長に

 川崎重工業は13日、6月下旬に開催する株主総会で橋本康彦・取締役常務執行役員(62、写真=川重提供)が社長に昇格する人事を発表した。橋本氏は4月1日に付で代表権のある副社長執行役員に就き、さらに株主総会を機に金花芳則社長(65)と交代する。金花社長は代表権のある会長に就く。村山滋会長(69)は退任する。 中期経営計画の達成に向けて、経営体制を一層強化、充実するのが社長交代のねらいとしている。精密機械・ロ...

トレーディアの鉄道コンテナ輸送、荷主の関心上々 12月から発車

 港湾運送のトレーディアが2019年12月に「発車」した鉄道コンテナ輸送について、荷主の関心は上々だという。同社は19年12月17日から、神戸港と大阪港への輸入貨物を自社施設内でJR貨物の鉄道用コンテナに詰め替えて、首都圏や日本海側に向けて貨物列車で輸送するサービスを始めた。20年1月には中国・上海の近くである太倉港と山口県の下関港を結ぶフェリーを活用し、鉄道用コンテナを使って中国から輸入した貨物を、そのまま貨...

ネスレ日本、社長に深谷常務執行役員が昇格 高岡社長は「定年」退職

 ネスレ日本は12日、常務執行役員の深谷龍彦・飲料事業本部長(46、写真=ネスレ日本提供)が4月1日付で社長兼CEO(最高経営責任者)に昇格する人事を発表した。高岡浩三社長兼CEO(59)が3月30日で60歳になるのを機に、従業員同様に「定年」の形で退職する意向を示したため、後任に深谷氏を充てる。高岡氏は会長や顧問などには就かず、3月31日付で取締役も辞任する予定だ。 深谷氏は同社の主力事業であるコーヒーの「...

トーホー、20年1月期の売上高6.2%増 業務用食品卸のM&Aで増収

 トーホーは11日、20年1月期の全店全業態の売上高が前の期に比べ6.2%増加したと発表した。主力の主力の業務用食品卸売り(DTB)が9.5%増と大幅に伸び、引き続き売上高全体をけん引した。19年3月に買収したトーホーフーズHKや関東食品が寄与し、M&A(合併・買収)が売上高を押し上げた。店舗「A-プライス」などを展開するキャッシュアンドキャリー(業務用食品現金卸売り、C&C)事業は既存店が好調ながら、店舗数...

六甲ライナー開業30周年、記念品もらえる検車場開放イベント 3月20日

 神戸新交通は新交通システム「六甲ライナー」が21日で開業30周年を迎えるのを記念して、六甲島検車場(神戸市東灘区向洋町)を開放するイベント「六甲ライナーフェスタ2020」を3月20日に開催する。検車場内(写真=資料)の見学や、人数限定で車両を床下から眺める体験や、洗車体験など、いつもの電車を普段とは違った角度で楽しめる。六甲ライナーをさらに身近に感じでもらえるようにする。5月31日まで全列車にヘッドマーク(...

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告