神戸市「ウィズコロナ戦略」を作成ヘ 今回の感染症対策には検証チーム

 神戸市の久元喜造市長は27日に記者会見し、政府が全国で新型コロナウイルスの緊急事態宣言を解除したのを機に「神戸市ウィズコロナ戦略」の作成に入ると発表した。新型コロナウイルスとの共存を強いられる中で、医療救急体制を確保して死者数を最小限に抑える。加えて感染拡大防止に配慮しながら、経済活動や市民生活をできるだけ回復する。これまでの感染拡大期には対策のため外出自粛や臨時休校といった生活に大きな制約があっ...

北神弓子が神戸市交通局に「移籍」 北神線PRで記念ヘッドマークに採用

 神戸市交通局は27日、北神急行線が6月1日に神戸市営地下鉄北神線として運行を始めるのを記念した電車のヘッドーマークに、北神急行線のキャラクターとして親しまれた「北神弓子」(きたかみ・きゅうこ)を採用すると発表した。同路線の市営化に伴い北神弓子も「移籍」して、引き続き地下鉄北神線のPRキャラクターを務める。(写真は西神中央駅で並ぶ神戸市営地下鉄と北神急行の車両=資料) ヘッドマークは6月1日から当面...

「こうべ医療者応援ファンド」に安福ゴム工業が1000万円を寄付

 こうべ市民福祉振興協会(神戸市北区)は26日、「こうべ医療者応援ファンド」に安福ゴム工業(神戸市西区)から1000万円の寄付を受け取ったを発表した。20日付で入金があったとしている。26日午前8時の時点で同ファンドへの寄付は1439件、4億568万円になった。 こうべ医療者応援ファンドは、新型コロナウイルス感染症の治療などにあたる医師や看護師など、医療従事者の勤務環境を改善するための資金調達を目的としたファンド...

兵庫県の休業要請は31日で全業種終了 知事、外出自粛「要請はしない」

 兵庫県は26日、接待を伴う飲食店など遊興施設やスポーツジムに残っていた休業要請を31日ですべて取り下げると発表した。業界団体などが作成した業種ごとの感染拡大予防のガイドラインや、県のガイドラインを参照した感染防止策を徹底することを前提に、すべての業種に営業を促す。外出の自粛や催し物などに関する方針も見直し、6月1日から経済・社会活動を再開させる。 政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を25日に全国で...

谷上プロジェクトが再始動、美容サービスで起業家育成 6月に4店舗オープン

 谷上プロジェクト実行委員会(神戸市北区)の山本敏行代表(写真)は26日に神戸市役所で記者会見し、谷上駅周辺で新たに美容サービスの店舗を6月1日に3店舗、15日に1店舗出店すると発表した。店舗群を「KOBE BE*美 TOWN(神戸ビータウン)」と名付けて国内でフランチャイズ(FC)展開している店舗を誘致し、20代の若者に店舗を経営させることで起業家、経営者を育成する。同時に地元である谷上で、新たに女性を積極的に...

井戸兵庫知事、遊興施設の休業要請「見直さざるを得ない」 全国で緊急事態解除

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は25日の定例記者会見で、遊興施設など一部の業種で残っている新型コロナウイルスの感染防止を目的とした休業要請を、6月1日からさらに大幅に縮小する方針を明らかにした。25日に新型コロナの緊急事態宣言が全国で解除されたのを受けて、休業要請を「そのままの形で続けるわけにはいかない。見直さざるを得ない」との見方を示した。完全に休業要請を取り下げるかは「専...

久元神戸市長、緊急事態解除「第2波に対応できる安心感が日常性回復か」

 神戸市の久元喜造市長は25日、政府による新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された後の経済の回復について「(新型コロナの感染が再び拡大する)第2波が来たときも、うろたえることなく対応ができる医療の体制が整っているという安心感ができれば、いまは影響が収束してきたということで日常性が回復できるのではないか」との見方を示し、医療面での継続的な体制整備が経済の下支えになるとの見方を示した。神戸市役所で開...

「こうべ医療者応援ファンド」 地元企業などから大口寄付・ゆうちょに専用口座

 神戸市と外郭団体のこうべ市民福祉振興協会(神戸市北区)は、新型コロナウイルス感染症の治療などにあたる医師や看護師など、医療従事者の勤務環境を改善するための資金調達を目的としたファンド(基金)「こうべ医療者応援ファンド」に大口の寄付2件を新たに受け付けたと発表した。P&Gジャパン(神戸市中央区)の社員寄付基金から697万円を19日に、デジアラホールディングス(神戸市東灘区)から1000万円を21日に、それぞ...

神戸市、日本語学習マッチングのHelteを採用 新型コロナ対策のスタートアップ支援

 神戸市は、新型コロナウイルスによって圧迫された市民生活を改善する技術やサービスを持つスタートアップ(起業家)の募集で、スマートフォン(スマホ)のアプリで日本語を学習する海外在住の外国人と、対話の相手になる日本の高齢者をマッチングするHelte(ヘルテ、千葉県柏市)を採用したと発表した。新型コロナ対策のスタートアップ支援で採用したのは同社でで7社・団体目になる。 神戸市在住の日本語を学ぶ外国人と、...

神戸市、臨時休校を31日で終了 市長「感染拡大に備えながら市民生活回復を」

 神戸市は22日、小中学校などの臨時休業を31日で終了し、6月1日から感染防止対策を徹底したうえで再開すると発表した。小中学校では再開から2週間は「慣らし期間」として分散登校を実施する。保育所や学童保育も6月1日からは家庭保育要請しながらも段階的に緩和し、3週目からは通常運営に戻す計画だ。22日午後に久元喜造市長(写真)が記者会見して発表した。 夏休みは短縮し、小学校は7月23日〜8月17日、中学校は8月1...

神戸市、データ解析のグルーヴノーツを採用 新型コロナ対策のスタートアップ支援

 神戸市は21日、新型コロナウイルスによって圧迫された市民生活を改善する技術やサービスを持つスタートアップ(起業家)の募集で、データ解析サービスのグルーヴノーツ(福岡市中央区)を追加で採用したと発表した。新型コロナ対策のスタートアップ支援で採用したのはグルーヴノーツで6社・団体目になる。 神戸市が新型コロナ対策で編成した「データ解析チーム」と共同で、さまざまな主体から発生するデータを掛け合わせて人の...

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告