19年夏の須磨海水浴場、悪天候で利用者数47%減 「ファミリー」は利用増

 神戸市は6日、2019年夏期(7月11日〜8月25日)に開設した須磨海水浴場(神戸市須磨区)の利用者数が前年比46.8%減の24万1000人だったと発表した。お盆休みシーズンである8月14〜16日に台風10号の影響で遊泳禁止になったほか、梅雨明けが7月24日(昨年は7月9日)と遅く、遊泳できる日でも来場者が少ない日が多かった。2015〜17年は70万人を上回る人出だったが、2年連続で悪天候の影響が大きかった。 須磨海水浴場ではJ...

続きを読む

神戸観光局の尾山会長、W杯「7月ごろからホテルが予約で埋まり始めた」

 神戸観光局の尾山基会長(アシックス会長CEO、写真)は2日、神戸商工会議所の定例記者会見に副会頭として出席し、20日開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)を控えた宿泊施設について「7月ごろから(W杯期間の)ホテルが予約で埋まり始めた」と明らかにした。英国から個人が神戸市内のホテルに予約を入れている模様だ。尾山氏は「ラグビー通なら、どうしても見たいという試合が神戸で多く開催される」と指摘。「チケット...

続きを読む

期間中の3日間に地下鉄など乗り降り自由、新神戸駅などで発売 24日から

 神戸市と神戸新交通は24日〜10月10日のうち、任意の3日間を選んで神戸市営地下鉄海岸線などが乗り降り自由になる乗車券「KOBE SEASIDE 3day PASS」(神戸シーサイド3デーパス、写真=神戸市提供)を発売する。販売する場所は、地下鉄の海岸線全駅のほか、西神・山手線の新神戸と三宮、ポートライナーの神戸空港駅。ラグビーワールドカップ(W杯)の観戦を目的に国内外から神戸に訪れた人が、円滑に移動するのを手助けする。 ...

続きを読む

神戸ポートピアホテルで10日間だけディスコ復活 24年ぶり「おもてなし事業」で

 神戸ポートピアホテルでは25日〜10月8日のうち10日間、およそ24年ぶりにホテル内のディスコを復活させるイベント「MUSIC & DANCE @KOBE PORTPIA Night 2019」を開催する。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の4試合がノエビアスタジアム神戸(御崎公園球技場、神戸市兵庫区)で開催される時期に合わせ、神戸観光局が呼びかけて開催する「おもてなし事業」の一環だ。国内外から神戸を訪れる観戦客に向け、試合開催日...

続きを読む

神戸市のストリートピアノ、陸海空の玄関そろう 神戸空港で31日午後に演奏会

 神戸空港を運営する関西エアポート神戸と神戸市は31日から、神戸空港ターミナルビル3階のイートインスペースに、誰も自由に演奏できる「ストリートピアノ」を設置する。今年3月で閉園した神戸市立清風幼稚園で実際に使われていたピアノを使用。神戸市内の各地で好評のストリートピアノを「空の玄関」にも設置して、音楽によるにぎわいの創出をねらう。(写真は神戸空港ターミナルビル=資料) 神戸市は施設の管理者などと連携...

続きを読む

最大800人収容で温泉MICE対応 有馬グランドホテルがリニューアル

 7月26日にリニューアルオープンした有馬グランドホテル(神戸市北区)では、耐震改修工事を終えたほか最大およそ800人を収容と、兵庫県内の温泉旅館では屈指の規模になるホール(写真=有馬グランドホテル提供)を新設した。宴会だけでなく、「MICE(マイス)」と呼ばれる国際会議などの需要にも対応する。日本ならではの観光資源として関心を集める「温泉MICE」で新たな顧客層を開拓する。 ホールは音響や照明の最新...

続きを読む

神戸観光局、旅行中の訪日客に神戸訪問よびかけ 「ジャパンレールパス」に着目

 神戸観光局は9月20日に始まるラグビーワールドカップ(W杯)に向けて、新幹線の主要駅や、空港から主要駅に向かう列車の中などで、神戸観光のPRを強化する。旅行中の訪日客に対して神戸訪問を呼びかけるという、初めての取り組みだ。長く日本に滞在する旅行者は鉄道での移動が多いことが知られている。ラグビー観戦を目的に、滞在日数を長く取る欧米豪からの訪日客が増える時期に照準を合わせ、駅や車内から神戸への観光誘致...

続きを読む

神戸で試合する8カ国の食文化を紹介 ラグビーW杯控え24日、高浜岸壁で

 9月20日に開幕するラグビーワールドカップ日本大会を1カ月後に控え、神戸で開催する4試合に登場する8カ国・地域の食文化を紹介するイベント「ラグビーワールドカップ2019日本大会・国際交流パーティーin神戸」を、24日にハーバーランド(神戸市中央区)の高浜岸壁で開催する。試合で神戸を訪れるチームの背景にある文化に触れることで、大会を歓迎するムードを盛り上げる。 神戸で開催する試合に出場するのは英国のイングラ...

続きを読む

ラグビーW杯、山陽電車に神戸開催の車体装飾 20日から梅田〜姫路で

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕1カ月前になる20日から、山陽電鉄の3編成で車体に神戸開催を知らせる車体装飾を実施する。御崎公園球技場(ノエビアスタジアム神戸、神戸市兵庫区)で試合を開催する8チームの写真などを掲示するほか、各編成の前後にはヘッドマーク(図はデザイン例=神戸市提供)も取り付ける。神戸での試合がひと段落する10月10日までを予定する。 ドア横に掲示するステッカーは9種類。神戸...

続きを読む

「ひょうご観光本部」が日本版DMO候補法人に登録 来年3月に中期計画

 1日付でひょうごツーリズム協会から名称を変更した公益社団法人の「ひょうご観光本部」は、観光庁から日本版DMO(観光地経営組織)候補法人として登録されたと発表した。登録は7日付。兵庫県域を対象とした観光誘致への取り組みを通じて、地域活性化する。2020年度中には候補法人から正式登録への移行をめざす。まずは20年3月をめどに、新たな観光戦略の中期計画を作成する。 ひょうご観光本部は「地域連携DMO」の区分...

続きを読む

ラグビーW杯ファンゾーン、9月26日から計8日開設 平尾誠二たたえる展示も

 神戸市は16日、ラグビーワールドカップ(W杯)の神戸で開催する試合に合わせてメリケンパーク(神戸市中央区)に開設する「ファンゾーン」の開設日程を発表した。ノエビアスタジアム神戸(御崎公園球技場、神戸市兵庫区)で試合を開催する4日ほか、その前後など合計8日に開設(表)。300インチの大型ビジョンを通じて無料で観戦できる「もう1つの会場」で、神戸での開催試合を盛り上げる。 ファンゾーンはメリケンパーク内に...

続きを読む

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告