FC2ブログ

シスメックス、血液中「HDL」の機能測定を受託 動脈硬化関連など研究用

 シスメックスは「HDL」と呼ばれる血液中のコレステロールを回収・運搬する物質の機能や能力を測定するサービスを開始すると発表した。血中脂質などに関する研究者を対象に、機能の測定を受託する。臨床研究の場面などで、新たにHDLの機能や能力を測定する需要が増えてきたことに対応する。HDLを対象にした幅広い分野の臨床研究を支援し、動脈硬化関連の予防や治療などにつなげたい考えだ。 従来はHDLが運ぶコレステ...

続きを読む

神戸航空交通管制部、神戸での管制業務を再開 従来システム使用で

 国土交通省は5日、神戸航空交通管制部の本部(神戸市西区)で同日正午から管制業務を再開したと発表した。神戸航空交通管制部は、旧那覇航空交通管制部(那覇市)の業務を移管する形で10月1日に開設。だが神戸で新たに導入したシステムに不具合が発生し、運用開始が10月10日に遅れた。さらに不具合のため旧那覇航空交通管制部を神戸航空交通管制部の那覇分室として、10月15日から管制業務を那覇に戻していた。 管制業務を再開...

続きを読む

ファミリア「オリジナル製品などにリソース集中」 スヌーピー製品を販売終了

 ベビー・子供用品のファミリア(神戸市中央区)は4日に発表した、同社の企画によるスヌーピー製品の販売を2019年3月末で終了することについて「今後はよりオリジナル製品やコンテンツにリソース(経営資源)を集中させたい」と目的を明らかにした。神戸経済ニュースの取材に対し、ファミリア広報担当が5日に文書で回答した。 同社は妊娠から2歳までの約1000日間に着目して、衣類も含めて子供によりよい環境を提供する「for ...

続きを読む

神戸市議会、11月補正予算案を可決 認知症対策の市民税増額案も

 神戸市議会は5日に開いた本会議で、神戸市が提出していた追加の補正予算案を可決した。補正予算は一般会計に企業会計を含めた全会計ベースで、既存予算の組み換え分も含めて6億2300万円規模。農業生産者向けに災害でのパイプハウス復旧費用を補助する費用などの神戸文化ホールの補習費用に加え、1月から始める認知症診断の助成制度にも充てる。 補正予算に関する議案は、共産が反対した市街地再開発に関する予算については賛...

続きを読む

神戸市30年債、利率0.881%・100円 発行額100億円

 神戸市は5日、機関投資家向けに発行する30年物の公募地方債「神戸市平成30年度第10回公募公債(30年)」の発行条件を決めた。表面利率は0.881%、発行価格は100円(応募者利回り0.881%)になった。発行額は100億円。20日に発行し、償還期限は2048年9月18日。 発行額は発行計画通り100億円と、5月に発行した前回30年債に比べ50億円少なかった。ただ応募者利回りは、前回30年債(0.845%)に比べ0.036%上昇。前回30年債の起...

続きを読む

久元神戸市長、大阪万博「何らかの形で参画したい」 神戸空港「手順を踏んで」

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が配信した動画より)は4日に開いた定例記者会見で、2025年に大阪市で開催が決まった国際博覧会(万博)について「万博のテーマと密接に関連した行政運営や事業展開がある神戸としては、ぜひ大阪万博に何らかの形で参画する可能性を探りたい」と述べ、開催について積極的に関与する意向を述べた。万博は「いのち輝く未来社会のデザイン」と健康がテーマ。久元氏は、2018年で神戸医療産業都市...

続きを読む

神戸市、スタートアップとの連携を東京で発表 2月に「GovTechサミット」

 神戸市は4日、同市が進めてきたスタートアップ(起業まもない会社など)支援や、スタートアップと共同で行政の課題を解決する「Urban Innovation KOBE」の成果などの発表会を、2019年2月10日に東京都内で開催すると発表した。特設サイトで参加の受け付けを開始した。IT(情報技術)などに関する東京のベンチャー企業や、自治体や新技術に関する若手の行政担当者などに参加を呼びかける。 発表会の名称は「GovTech(ガブテッ...

続きを読む

ファミリア、「スヌーピー」製品の販売を来年3月に終了 国内初ぬいぐるみ発売

 ベビー・子供用品のファミリア(神戸市中央区)は4日、同社が独自で企画する「スヌーピー」製品の販売を2019年3月31日で終了するとホームページを通じて発表した。スヌーピーは子供らが活躍する米マンガ「ピーナッツ」の中心的な登場人物である犬のキャラクターで、日本では1970年にファミリアがスヌーピーのぬいぐるみを初めて発売。キャラクターがかわいいと人気を集め、スヌーピーが日本で知名度を獲得するきっかけにもなっ...

続きを読む

神戸製鋼株が大幅安 SMBC日興が投資判断を弱気に引き下げ

 4日の東京株式市場では神戸製鋼所(5406)が大幅安。終値は前日比63円(6.51%)安の905円だった。一時は901円まで下落した。SMBC日興証券が、神戸鋼の投資判断を3段階で中立の「2」から「3」と弱気方向に引き下げたのを嫌気した売りが先行した。さらに日経平均株価の下げ幅が500円超に広がったことで、日経平均の採用銘柄である同社株の下げが加速した。 SMBC日興は投資判断の引き下げを示したリポートで、今後の...

続きを読む

ロックフィールド株が4日ぶり反発 今期下方修正も悪材料出尽くし感か

 4日の東京株式市場ではロック・フィールド株が4営業日ぶりに反発した。終値は前日比42円(2.51%)高の1717円だった。一時は1729円と、10月22日(1743円)以来ほぼ1カ月半ぶりの高値に浮上した。前日大引け後に2019年4月期の業績予想を下方修正したが、同社株は10月以降に収益への警戒感から水準を切り下げる展開になっていたため、むしろ悪材料出尽くし感が広がったようだ。 今期の連結純利益は前期比微減の20億円になる見...

続きを読む

川重がLNG発電船を開発へ 船上発電で市場開拓、最大10万〜16万世帯に供給

 川崎重工業は4日、船上の発電設備から地上に向けて電力を供給する「発電船」(図=川重提供=の四角形の構造物)の開発に着手したと明らかにした。液化天然ガス(LNG)を燃料とした10万キロワット超の大型の商用発電設備で、最大10万〜16万世帯に電力を供給できるようにする。陸上に同じ規模の発電所を建設するよりも1年程度、短い工期で完成するのが特徴だ。実現すれば世界で初めてで、新たな発電設備の市場を開拓すること...

続きを読む

井戸兵庫知事、県庁舎の配置「どちらの案にもメリット」 年度末までに基本構想

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は3日の定例記者会見で、県庁本庁舎を建て替える際の建物の配置パターンについて「どちらの案にもメリットがある」との見方を示し、2通りの案について識者らの意見を聞く意向を示した。兵庫県は11月29日に「元町山手再整備基本構想・基本計画検討委員会」の第2回会合を開催。現在の1号館と2号館の機能をまとめる新庁舎を、現在の県民会館の跡地に建てる案に加え、新...

続きを読む

神戸ファッションコンテスト、海外留学の5人が決まる 「特選」で仏・伊・英に

 神戸ファッション協会(神戸市中央区)が1日まで神戸市東灘区の神戸ファッション美術館で開催した「第45回神戸ファッションコンテスト」で、海外留学の権利を得た5人が決まった(写真=神戸ファッション協会提供)。「特選」に選ばれた5人は岡本将宗さん、加藤大地さん、江上千晴さん、佐藤百華さん、原島絵美さん。フランス、イタリア、英国の服飾デザインにかかわる学校に来秋から留学できる。 11月30日と12月1日に開いた...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告