神戸市、49億円の1月補正予算案 均等割のみ・低所得子育て世帯に給付金

20240123神戸市補正予算案

【神戸経済ニュース】神戸市は23日、総額49億8300万円の1月補正予算案を発表した。政府がデフレ脱却のための経済対策に盛り込んだ、住民税の均等割のみ課税する世帯に対し1世帯あたり10万円の給付金を、低所得の子育て世帯に対し児童1人あたり5万円の給付金をそれぞれ支給する予算を計上する。財源はすべて国庫支出の「物価高騰対応重点支援地方創生臨時交付金」を充てる。給付金は補正予算の成立後、年度内の支給をめざす。

 補正予算案は30日に開催する神戸市議会の臨時議会に提出する。同日の本会議で議決して可決、成立する見通しだ。今回の補正予算を計上することで、一般会計の総額は9227億円になる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告