ワールド、衣料品回収の収益金を義援金に寄付 能登半島地震

【神戸経済ニュース】アパレル大手のワールド(3612)は22日、能登半島地震の被災者への義援金として同社の衣料品回収「ワールドエコロモキャンペーン」の収益金を寄付すると発表した。従業員も積極的に、同キャンペーンに参加する。収益金の金額は、実施済みである2023年秋冬の金額を3月に、24年春夏の金額を8月にそれぞれ開示する方針としている。

 ワールドエコロモキャンペーンは、消費者が着古した衣料品を回収し、国内外の洋服を必要としている人向けに再利用したり、リサイクルに回したりする。衣料品の対価として受け取った収益金は、東日本大震災で被災した子供向けの基金や、あしなが育英会、日本赤十字社などに寄付した実績がある。22年度には102万点の衣料品を引き取り、328万円を寄付した。

▽関連記事
 神戸経済ニュース<トップ>

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告