キムラタン、HIS沢田氏の持ち株比率が上昇16.71%に 市場で買い増し

【神戸経済ニュース】旅行会社エイチ・アイ・エス(9603)の沢田秀雄取締役最高顧問が28日、個人として関東財務局に提出した大量保有報告の変更報告書によると、同氏によるキムラタン(8107)株の保有比率が28日時点で16.71%になったことが分かった。従来は15.49%としていた。沢田氏は6月30日から8月28日まで、7月10日を除いて毎営業日にキムラタン株を買い増し、従来の報告から1%以上増えたため変更報告書を提出したもよう。

 沢田氏は3月末時点で、すでにキムラタン株の4.25%を保有する大株主だった。同社が4月に沢田氏を割当先とした第三者割当増資を実施したのを機に、キムラタン株を15.49%保有する第2位株主に浮上していた。第三者割当増資を受けて、筆頭株主であるキムラタンの清川浩志社長の保有分は29%程度になったとみられる。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告