神戸ルミナリエ、次回は24年1月19〜28日に開催 会場を追加・一部は有料に



【神戸経済ニュース】兵庫県、神戸市、神戸商工会議所などで構成する神戸ルミナリエ組織委員会(会長・久元喜造神戸市長)は24日、同日開催した神戸ルミナリエ組織委員会・実行委員会合同会議で、次回の「第29回神戸ルミナリエ」を2024年1月19〜28日に開催することを決めたと発表した。2024年度に迎える第30回神戸ルミナリエを新たな形で開催するために、メリケンパークを会場に追加するなど新たな試みを取り入れる。(動画は前回2019年12月の点灯式)

 多くの電球で市街地を彩るイルミネーション「神戸ルミナリエ」は、1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災の犠牲者への鎮魂と、震災の教訓を語り継ぐ行事として95年から毎年12月に開催してきた。2020年からは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3年連続で中止になり、23年度は4年ぶりの開催だ。ただ新型コロナの感染拡大前から来場者が過度に集中することで、安全面や店舗への影響、警備費用などさまざまな課題が指摘されてきた。

 このため今回は「震災の慰霊と鎮魂、復興・再生への夢と希望」という神戸ルミナリエの一貫したテーマに従い、震災発生日である1月17日の直後の時期へと開催日程を変更。メリケンパークも会場に加えることで観覧者が旧居留地に集中するのを回避すると同時に、市街地を回遊する観覧者を増やす。旧居留地の会場には光の回廊(かいろう)「ガレリア」は設置しない。メリケンパーク内に設置する作品は一部有料にして、ゆっくりと鑑賞できるなどイルミネーションの新たな楽しみ方も提供する。

 加えて第30回神戸ルミナリエに対する意見募集も実施すると発表した。8月18日まで専用サイトでアンケート調査を実施し、24年度に開催する神戸ルミナリエを企画する際の参考にする。「あなたが考える神戸ルミナリエ」について、自由に記述できる欄も設けた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告