石光商事、6月の連結売上高0.6%減 2年3カ月ぶり減少・前年同月が大幅増

【神戸経済ニュース】食品商社である石光商事(2750)が14日に発表した6月の月次動向によると、連結売上高(速報値)は前年同月比0.6%減の51億円と、ほぼ前年同月並みだった。新型コロナウイルスの影響が薄れたことによる外食や宿泊施設など需要回復が続いたが、前年同月の伸び(35.0%増)が大きかったこともあり、伸び率が鈍化した。前年同月比での減少は21年3月以来2年3カ月ぶり。

 石光商事単独で同月の売上高は前年同月比3.1%増の42億5200万円だった。このうち事業部門別では、コーヒー・飲料事業が5.6%増の16億1900万円、食品事業は6.3%増の22億4600万円。国内の食品を海外輸出する海外事業は19.0%減の3億8500万円だった。

 4〜6月期の連結売上高は3.6%増の149億4600万円になった。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告