関西3空港、新飛行ルート検証で第3者委 大阪・兵庫・和歌山で共同提案

20230625吉村大阪知事

【神戸経済ニュース】大阪府の吉村洋文知事(写真)は25日に開催した関西3空港懇談会の終了後に記者団の取材に応じ、関西国際空港の発着容量拡大や神戸空港の国際線就航に向けた近隣空域の新飛行ルートに関して「第三者の専門家からなる。環境検証委員会を立ち上げるべき」ということで「合意が得られた」と明らかにした。同委員会の立ち上げは新飛行ルートに関係する大阪府、兵庫県、和歌山県の3府県で共同提案したという。

 このほか神戸市の久元喜造神戸市長は今回、神戸空港の新ターミナルビル建設や連絡橋の4車線化など、2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)や、30年ごろの神戸空港への国際線就航に向けた取り組みについて説明したと明らかにした。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告