斎藤兵庫知事「兵庫・神戸への訪日客に期待」 神戸空港に国際線・3空港懇

20220918関西3空港斎藤知事

【神戸経済ニュース】兵庫県の斎藤元彦知事(写真)は18日に開いた関西3空港懇談会の終了後に記者団の取材に応じ、2025年からの団体旅行などの国際チャーター便就航、30年前後からの国際定期便就航などで合意したことについて、「たいへん喜ばしいことであり、評価したい」と語った。中長期的には「ビジネスを含めた交流の拡大で、人、物、投資をさらに兵庫・神戸に呼び込んでいくために大事な一歩だ」「それが関西全体の成長にもつながる」との認識を述べた。

 加えて斎藤知事は「3空港全体を一体として、関西経済のさらなる浮揚に向けて、まずは2025年の万博(国際博覧会=大阪・関西万博)に向けて、しっかりやっていくということが大事だ」と指摘した。神戸空港の国際線就航で最も期待できることは何か、との記者の質問には「インバウンド(訪日外国人観光客)のお客さまが兵庫、神戸に来ていただける、というのがもっとも期待できるのではないか」と話した。

 一方で神戸空港を今後どう支援するのか、との質問には「新たな需要をしっかり産んでいくことが大事だろう」との認識を示した。まずは「きょうの議論にもあったが、神戸市よりも西側の需要を取り込もうということ」と需要喚起に意欲を示した。さらに「海外からの観光を含め、ニーズを高めていく」と語った。斎藤氏が大阪・関西万博に向けて力を入れている、兵庫県内各地の取り組みを大阪・関西万博のパビリオンに見立てた「フィールドパビリオン」が観光客の訪問先として定着すれば、神戸空港の需要を下支えする形になる。

 斎藤氏は神戸市の久元喜造市長、神戸商工会議所の家次恒会頭とともに取材に応じた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告