関西3空港懇談会、主な合意内容 神戸空港25年万博から国際チャーター便発着

2022/09/18  16:18  神戸空港・国際線について「1日の最大発着回数は40回とする」を追加しました。

【神戸経済ニュース】18日に開催した関西3空港懇談会で合意した主な内容は以下の通り。

<基本的な考え方>
・2030年前後をメドに関西3空港全体で年間50万回の(発着)容量確保をめざす。
<関西国際空港の容量拡張>
・2030年代前半をメドに年間30万回の発着容量を確保するため、25年万博をメドに1時間あたりの処理能力を概ね60回に引き上げる。
<神戸空港>
・国内線は25年の万博への対応を視野に入れ、1日に120回(現在は80回)に拡大する。
・1日120回への発着回数引き上げは、新たに整備が見込まれる国内線ターミナルの運用開始時を基本にする。
・国際線は2030年前後の就航を基本とする、1日の最大発着回数は40回とする。
・関西国際空港を補完する観点から(自己使用以外の)国際チャーター便は25年の万博開催時から運用を可能とする。
<今後の進め方など>
・国に対し、飛行経路の見直しについて検討を要請する。
・25年の万博を経て、関西国際空港・神戸空港が成長軌道に乗った後は、さらに長期的な空港のあり方を議論する。
・大阪国際(伊丹)空港についても、今後のあり方について必要な議論を行う。
・懇談会は今後も年1回を原則に、適宜(ぎ)継続的に開催する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告