関西3空港懇談会、神戸空港30年前後に国際定期便などで合意 久元神戸市長

【神戸経済ニュース】18日の午後に開いた関西3空港懇談会では、神戸空港に2025年に国内線を1日120便、30年前後に国際定期便を就航させることなどで合意した。25年からは自己利用以外の国際チャーター便の乗り入れも認め、団体旅行などでも利用できることにしたという。会議終了後に神戸市の久元喜造市長が明らかにした。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告