FC2ブログ

トリドール、インド投資ファンドに1億5000万円出資 インド外食市場の情報収集

 トリドールホールディングスは10日、インド金融サービス大手のセントラムが組成した投資ファンド「カルパヴリキシファンド」に1億ルピー(約1億5000万円)を出資することを決めたと発表した。投資利益の回収に加え、インド国内の外食市場動向のほか、出資候補や協力相手になりそうなインドの有力企業の情報を得るのが目的だ。 インドは人口増加などを背景に経済の規模が拡大。2021年には外食市場だけでも4兆9800億ルピー(約...

続きを読む

メトロこうべ、中央広場にステージなど整備 通路・壁面も改修

 神戸市は10日、高速神戸駅と新開地駅を結ぶ神戸高速地下街(メトロこうべ、神戸市中央区〜兵庫区)で、今月から実施する整備事業の費用を補助すると発表した。阪急阪神ホールディングス傘下で、同地下街を管理する神戸高速鉄道が今月から工事に着手し、中央広場にステージやベンチなどを設置。壁面や通路の一部も改修し、3月に完成する計画だ。(図は完成イメージ=神戸市提供) 地下街の活性化に加え、公共交通の利用促進がね...

続きを読む

楽天、傘下2球団ホーム球場を完全キャッシュレス化 神戸と宮城で

 楽天は10日、サッカーJ1ヴィッセル神戸の試合開催時のノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区、写真=資料)と、プロ野球パリーグ・東北楽天ゴールデンイーグルスの試合開催時の楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)で、売店などの「完全キャッシュレス化」に踏み切ると発表した。傘下2球団のホーム球場でチケットや飲食、グッズ販売などで原則として現金を使えないようにする。キャッシュレス決済の利便性の高さを体験するき...

続きを読む

トリドール、12月の既存店売上高3.7%減 客数が伸び悩む

 トリドールホールディングスが8日発表した2018年12月の売上高動向によると、国内の既存店売上高は前年同月比3.7%減だった。2カ月ぶりに前年同月を下回った。このうち主力のうどん店「丸亀製麺」は3.7%減だった。客単価は前年同月比0.4%上昇と、ほぼ前年同月並みを維持したが、客数が伸び悩んだ。 前月に続き丸亀製麺で「牡蠣(かき)づくし玉子あんかけうどん」など新製品を提供したほか、午後3時以降に学生を対象として...

続きを読む

ワールド、12月の既存店売上高0.6%増 中旬以降寒くコートなど好調

 ワールドが8日発表した2018年12月の月次動向によると、国内既存店の小売売上高が前年比0.6%増だった。前年同月に比べて休日数が1日多かったのが寄与した。中旬以降に気温が低下したことで、コートやセーターなどが好調に推移。下旬から本格化したショッピングセンターでのセールも、順調な滑り出しだったという。 12月は4店舗を出店し、1店舗を撤退。差し引き3店舗増加し、月末時点の国内小売り店舗数は2406店舗になった...

続きを読む

ノーリツ、米ボイラー「PBヒート」を52億円で買収 北米で暖房事業を獲得

 ノーリツは8日、米ボイラー製造の「PBヒート」(ペンシルバニア州バリー)を4700万ドル(約52億円)で買収したと発表した。北米地域では業務用、家庭用とも暖房機器に強みがあるメーカー。ノーリツは北米で給湯器などを販売しているが、今回の買収によって暖房分野、業務用分野の品ぞろえを強化し、海外売上高の比率を高める。 ノーリツは2020年を最終年度とする中期経営計画で、20年の海外売上高を700億円と、16年に比べて...

続きを読む

ノザワ、一部製品で耐火構造認定が不適合 曲げ強度不足、63物件で使用

 建築材大手のノザワは8日、同社が製造販売した押出成形セメント板「アスロック」の一部で、建築基準法による耐火構造認定に不適合の製品があったと発表した。アスロックは外壁などに使い、耐火構造認定を取得した同社の主力製品。このうち「曲げ強度」が認定基準に達していない製品があった。対象製品は63件の物件で使用されたという。 2018年8月1日〜9月8日に同社埼玉工場(埼玉県比企郡吉見町)の製造ライン2号機で作っ...

続きを読む

新素材「ルビーチョコレート」使った新製品を相次ぎ投入 エーデルワイス

 エーデルワイス(神戸市中央区)が展開する洋菓子ブランド「ヴィタメール」「アンテノール」では1月に、着色料を使わず天然でピンク色の新素材「ルビーチョコレート」を使った新製品を相次いで投入する。これまで「黒」か「白」だったチョコレートに「ピンク」の新たな素材を取り入れることで、華やかに品ぞろえを強化。バレンタイン商戦でも関心を集めそうだ。 「ヴィタメール」ではルビーチョコレート本来の味をシンプルに味...

続きを読む

金花川重社長、鉄道車両「品質への信頼回復は最優先課題」強調 年頭あいさつ

 川崎重工業の金花芳則社長は、従業員向けの年頭のあいさつで「品質に対する信頼を取り戻すことは、現在の当社グループにとって最も優先すべき課題」と強調した。昨年2018年には、同社が製造した新幹線「N700系」の台車で製造の不備が明らかになったことで「強みと考えていた当社グループの品質に対する信頼を大きく毀(き)損」したと振り返った。 新幹線を含む鉄道の「車両事業」では、現場での品質管理体制を強化する動きが...

続きを読む

神戸製鋼社長「素材、機械、電力の3本柱確立を推進」 年頭あいさつ

 神戸製鋼の山口貢社長は7日、従業員向けの年頭のあいさつ文で、新たに始まった2019年に「『素材系事業』『機械系事業』『電力事業』を3本柱とする盤石な事業体の確立については変更することなく推進します」との方針を改めて示した。4月に始まる19年度は、現在の中期経営計画で4年目にあたる。「当初計画から環境が変化している部分もあります」としながらも、引き続き計画に沿って事業を展開する考えだ。(写真は神戸市灘区...

続きを読む

神戸の百貨店「初売り」 大丸神戸店「前年並み」、そごう神戸店「やや上回る」

 神戸の主要百貨店で2日に始まった「初売り」は、総じて順調だったようだ。神戸地区で売上高トップの大丸神戸店(神戸・元町=写真右)では「前年並み」だった。初売りで人気の福袋は数量限定とあって、2日午前の完売が相次いだ。毎年人気の食品に加え、アクセサリーなど雑貨類の福袋なども人気を集めた。開店前に並んだ人数は約5000人で、これも前年並みという。最も早い午前2時から並んだ来店客は、化粧品の福袋を目当てに訪...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告