FC2ブログ

ワールド、優先株の消却完了へ 投資ファンドから62億円で買い戻し

 ワールドは前週末14日付で、同社のA種優先株式を投資ファンド「UDSコーポレート・メザニン2号」から買い戻し、25日付で消却すると発表した。買い戻した優先株は491万3600株、取得価格の総額は約62億円だった。今回の買い戻しと消却で、同社が発行した優先株の消却が完了する。 優先株は議決権がない代わりに、株式市場で売買される普通株に比べて優先的に配当を受けられるなどの証券だ。財務面では資本に組み入れることが...

続きを読む

トーホーが9日ぶり反発 前日に決算発表で出尽くし感、収益回復傾向に着目とも

 12日の東京株式市場ではトーホー(8142)が9営業日ぶりに反発した。終値は前日比121円(5.47%)高の2332円と大幅高。一時は2344円まで上昇した。足元の収益悪化を警戒して前日までの8日間に184円(7.68%)下落していたが、11日大引け後に2〜10月期の連結決算を発表したことで、悪材料出尽くし感から買い直された。純利益は前年同期比7%減の5億1600万円だった。  足元では収益の回復傾向を指摘する声もある。8〜10月期...

続きを読む

モロゾフが自社株買い1万1500株 11日終値で

 モロゾフは12日、同日朝の東京証券取引所の立会外取引で、1万1500株の自社株を取得したと発表した。取得価格は前日終値と同じ5230円で、総額は6145万5000円だった。モロゾフによると、取得した株式を消却するかなどは未定としている。 同社は11日大引け後に、自己保有分を除く発行済み株式数の0.35%に相当する1万2500株、6537万5000円を上限として、12日朝に自社株買いを実施することを決めたと発表していた。...

続きを読む

トーホーの2〜10月期、償却負担増などで純利益7%減 香港社は2月営業開始

 トーホーが11日発表した2018年2〜10月期の連結決算は、純利益が前年同期比7%減の5億1600万円になった。情報システム投資に対する減価償却費が膨らんだほか、M&A(合併・買収)にかかる費用が増加したことなどが響いた。税金費用も増加し、固定資産売却益の計上などで補えなかった。営業利益は23%減の8億7100万円。 売上高は4%増の1591億円だった。昨年来、相次いで買収した子会社の寄与もあり、増収を確保した。主力...

続きを読む

シスメックス株が反落 連日安値で6月高値の半値を下回る

 11日の東京株式市場ではシスメックス(6869)が反落した。終値は前日比125円(2.23%)安の5482円だった。一時は5462円まで下落し、連日で年初来安値を更新。6月25日に付けた上場来高値である1万1110円から半年たたずに半値(5555円)を下回った。海外投資家などがリスク回避を目的に日本株を売る動きに押されたの加え、同社の収益に減速感が出ているのが株価の重しになっている。 血液検査機器の世界大手。売上高の約8割を...

続きを読む

関西エアの4〜9月期、台風被害で初の減益 神戸寄与などで営業収益は最高

 関西3空港を運営する関西エアポート(大阪府泉佐野市)が発表した2018年3月期の連結決算は、純利益が前年同期比23%減の114億円だった。同社の4〜9月期としては初の減益になった。9月に発生した台風被害の復旧費用などで特別損失42億円を計上。神戸空港の運営権取得に伴い償却負担が増加したことなども響いた。営業利益は2%減の266億円になった。(写真は関西国際空港の第1ターミナル) 一方、売上高に相当する営業収益...

続きを読む

神栄株が大幅安で年初来安値を更新 ファーウェイCFO逮捕で売り波及とも

 6日の東京株式市場では神栄(3004)が大幅に下落した。終値は前日比78円(6.83%)安の1064円と安値引け。10月29日につけた1066円を下回り、年初来安値を更新した。売買高も1万300株と、前日(3100株)を大幅に上回った。中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘である、孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたと伝わったことで、中国向けに電子部品を輸出する銘柄を売る流れに押...

続きを読む

神戸製鋼株が大幅安 SMBC日興が投資判断を弱気に引き下げ

 4日の東京株式市場では神戸製鋼所(5406)が大幅安。終値は前日比63円(6.51%)安の905円だった。一時は901円まで下落した。SMBC日興証券が、神戸鋼の投資判断を3段階で中立の「2」から「3」と弱気方向に引き下げたのを嫌気した売りが先行した。さらに日経平均株価の下げ幅が500円超に広がったことで、日経平均の採用銘柄である同社株の下げが加速した。 SMBC日興は投資判断の引き下げを示したリポートで、今後の...

続きを読む

ロックフィールド株が4日ぶり反発 今期下方修正も悪材料出尽くし感か

 4日の東京株式市場ではロック・フィールド株が4営業日ぶりに反発した。終値は前日比42円(2.51%)高の1717円だった。一時は1729円と、10月22日(1743円)以来ほぼ1カ月半ぶりの高値に浮上した。前日大引け後に2019年4月期の業績予想を下方修正したが、同社株は10月以降に収益への警戒感から水準を切り下げる展開になっていたため、むしろ悪材料出尽くし感が広がったようだ。 今期の連結純利益は前期比微減の20億円になる見...

続きを読む

職人さんドットコムが1億4500万円を調達 工具防犯登録システムなどに投資

 建設業向けの求人情報や工具・用具の情報サイトを運営する「職人さんドットコム」(神戸市東灘区)は3日、第三者割当増資を実施して1億4500万円を調達したと発表した。割当先は大和証券グループ本社傘下の大和企業投資、サムライインキュベート(東京都品川区)、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱UFJキャピタル、みなと銀行傘下のみなとキャピタルの5社。 調達した資金は、同社が昨年4月に開始した工具防犯...

続きを読む

モロゾフの2〜10月期、税引き益38%減 物流費、償却負担などが重荷

 モロゾフが3日発表した2018年2〜10月期の単独決算は、税引き利益が前年同期比38%減の3億1700万円になった。西神工場(神戸市西区)に導入した新たな焼き菓子ラインの減価償却費が増えたのが重荷になったほか、物流費の増加なども逆風だった。 売上高は1%減の188億円、営業利益は29%減の5億2500万円だった。百貨店の閉鎖による店舗数の減少に加え、9月の台風など自然災害による店舗休業や営業時間の短縮が影響して減収...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告