ドーンの6〜11月期、最終赤字200万円 クラウド利用料収入は増加

 ドーンが11日に発表した2017年6〜11月期の単独決算は、最終損益が200万円の赤字(前年同期は700万円の黒字)だった。「NET119緊急通報システム」など防災関連のクラウドシステムの利用料収入は増加したが、受託開発の納期が12月以降に集中しており収益に計上する案件が少なかったという。 売上高は前年同期比4%減の2億7300万円、営業損益は400万円の赤字(前年同期は700万円の黒字)だった。引き続き自治体向けに防犯・...

続きを読む

ロック・フィールド、12月既存店売上高2.5%増 2カ月連続の前年比増

 ロック・フィールドが11日に発表した2017年12月の月次動向では、既存店売上高が前年同月比2.5%増と、2カ月連続で前年同月を上回った。業態別では主力のサラダ店「RF1」が2.4%増だったほか、和洋中の惣菜を組み合わせて販売する「グリーン・グルメ」は4.5%増と高い伸び率だった。 「神戸コロッケ」は2.5%増と、10カ月連続で前年同月を上回った。半面、前月は4カ月ぶりに前年比増だったジュースとスープが中心の「ベジテ...

続きを読む

神戸空港、12月の旅客数24万5000人 搭乗率が前月比で8.4%低下

 神戸市が11日に発表した神戸空港利用状況によると、2017年12月の旅客数は24万5264人だった。12月の旅客数としては開港以来で最高を記録した。国内外の景気回復などが追い風になり、主力の羽田便に加え、新千歳便や那覇便といった主要路線で旅客数が伸びた。 一方で、供給座席数に対する旅客の割合である搭乗率は74.0%と、前年同月の75.7%を下回った。17年11月の82.4%との比較では8.4%低下とやや大幅な低下。供給座席数が最...

続きを読む

日銀神戸支店、兵庫景気「緩やかな拡大に転じつつある」に据え置き

 日銀神戸支店が11日発表した兵庫県の金融経済概況では景気の基調判断を据え置き、3カ月連続で「緩やかな拡大に転じつつある」とした。需要面では輸出が増加基調にあり、設備投資は高水準で推移している。生産も増加基調。このため拡大局面に入りつつあるとの判断を維持した。 需要動向について分野別に見ると、2017年11月の家電販売額は前年同月比7.8%増と高水準。既存店ベースの百貨店販売額は前年同月を上回った。個人消費...

続きを読む

井戸兵庫知事、耐火建築面積「国も課題を承知」 三宮再開発に実質支障なしか

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が10日に公開した動画より)は9日の定例記者会見で、都市再生緊急整備地域で耐火建築の建築面積に関する規制緩和を求めたが、国に対応不可とされたと発表した。ただ井戸氏は、現時点で国交省の内部で検討が進んでいないが「担当部局も、こういう課題があることは承知している」と説明。「実質的に三宮再開発に支障がないように向こう(国)も対応すると言っているようだ」と述べ、引き続き規...

続きを読む

フェリシモの3〜11月期、最終黒字5億円 減収も販管費を抑制

 フェリシモが10日に発表した2017年3〜11月期の連結決算は、最終損益が5億4700万円の黒字(前年同期は5億7900万円の赤字)だった。商品が月に1回届く「定期便」の顧客減に伴い減収だったが、販管費の抑制で黒字を確保した。為替差損がなくなったことなどもあり、営業外費用が減少したのも寄与した。 売上高は7%減の214億円、営業損益は4億5800万円の黒字(前年同期は4億4700万円の赤字)になった。前期末に固定資産を減...

続きを読む

スタジオアタオの3〜11月期、純利益42%増 新規出店とネット通販で増収

 スタジオアタオが10日に発表した2017年3〜11月期の連結決算は、純利益が前年同期比42%増の3億2900万円だった。新規出店に加え、インターネット通販が好調で、増収効果が寄与した。販促費や人件費などを中心に販管費も膨らんだが、増収によって吸収した。前年同期に計上した上場関連費用がなくなったことで、営業外費用が大幅に減少した。 売上高は23%増の25億円、営業利益は26%増の4億7600万円だった。17年11月3日には名...

続きを読む

神戸市、ファッション産業・食都神戸を「ふるさと名物」に 政令市では初

 神戸市は9日、中小企業などが手がける地場産業の振興を目的に「ファッション産業」「食都神戸」の2分野で「ふるさと名物応援宣言」すると発表した。宣言することで、中小企業庁が展開する地域資源活用事業計画の補助金で優先採択されるほか、同庁の中小企業支援サイト「ミラサポ」で情報発信しやすくなるなどの優遇措置がある。同宣言は政令指定都市では初めてという。 ファッション産業は「衣・食・住・遊に関わる生活文化産...

続きを読む

和田興産の3〜11月期、純利益3%減 引き渡し戸数が減少

 和田興産が9日発表した2017年3〜11月期の連結決算は、純利益が前年同期比3%減の15億円だった。主力のマンション事業では前期の前半に大規模分譲マンションの引き渡しがあった反動で、引き渡し時に計上する売上高が伸び悩んだことなどが響いた。減損損失と固定資産除却損で合計約1億円の特別損失を計上したのも響いた。 売上高は4%増の284億円、営業利益は2%減の30億円だった。低金利や景気回復期待などを背景に、分譲...

続きを読む

井戸兵庫知事、初代県庁舎復元「協議会作り地元と相談している」 ラジオ番組で

 井戸敏三兵庫県知事は9日朝に出演したラジオ番組で、2018年に展開する県政150周年記念事業について触れ「いろんな事業があるが、まず初代県庁を復元したい」と改めて設置当時の県庁舎復元に意欲を見せた。場所については「大規模スーパーの南側に確保するめどがついた」と神戸市兵庫区の候補地について説明。そのうえで「地元の皆さんも入っていただいた協議会を作って、こんな形で整備するという方向性を相談しています」と明...

続きを読む

今週の予定(9〜14日)十日えびす、フェリシモなど3〜11月期決算発表

▽1月9日(火)・シスメックスが個人投資家向け説明会(ポートピアホール、14:30)・井戸兵庫知事が定例記者会見(16:00)・3〜11月期決算=和田興産(8931)▽1月10日(水)・十日えびす(柳原・蛭子神社など)・第17回神戸っ子アートフェスティバル(兵庫県立美術館、14日まで)・3〜11月期決算=フェリシモ(3396)、スタジオアタオ(3550)▽1月11日(木)・日銀神戸支店の管内金融経済概況・神戸新春国際親善パーティー...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報