みなと銀、りそなグループからの振込手数料が割引できず 後日返還へ

 みなと銀行は15日、同日から実施を予定していた同社と関西アーバン銀行、りそなホールディングス(HD)傘下の3銀行との間のATMを使った振込手数料の割引サービスで、りそなHDの3銀行からみなと銀へ送金した際の振込手数料が従来通りになり、割り引きできなかったと発表した。システム面のトラブルまたは設定ミスとみられる。 予定通り振込手数料が割り引きできなかったのは、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行...

続きを読む

MORESCOの3〜11月期、純利益1%減 販管費の増加が重荷

 MORESCOが15日に発表した2017年3〜11月期の連結決算は、純利益が前年同期比1%増の11億円だった。減価償却費やシステム関連費などの増加といった販管費の増加が重荷になった。需要が堅調で増収になったが、補えなかった。有利購買に推進などで原材料費は抑制し、売上総利益は増益を確保した。 売上高は5%増の207億円、営業利益は2%減の17億円になった。自動車や部品の製造工程などで使うダイカスト用油剤や切削油材、難燃...

続きを読む

今週の予定(15〜21日)阪神淡路大震災から23年、浜福鶴蔵開きなど

▽1月15日(月)・みなと銀、りそな銀や関西アーバンなどとATM手数料を相互無料化・井戸兵庫知事が定例記者会見(15:00)・3〜11月期決算=MORESCO▽1月16日(火)・松本関経連会長が二階自民幹事長に道路整備で要望(自民党本部、14:30)・松本関経連会長が秋元国土交通副大臣に道路整備で要望(自民党本部、15:50)▽1月17日(水)・阪神淡路大震災から23年・1.17のつどい(東遊園地)など阪神淡路大震災の追悼行事・2018...

続きを読む

川重、東京・秋葉原に2輪車ショールーム 「ライフスタイル」を提案

 川崎重工業の傘下で国内の2輪車総販売元であるカワサキモータースジャパンは、東京都千代田区のJR秋葉原駅近くの商業施設「マーチエキュート神田万世橋」にショールームを期間限定で開設した(写真)。都心の交通に便利な位置で、オートバイに合わせてオリジナルのアパレル製品なども展示。2輪車に触れる「ライフスタイル」を提案することで、生涯顧客の獲得をねらう。 オートバイ「Z900RS」「Z900RS CAFE」「Ninja 250」「...

続きを読む

住友ゴム、「ダンロップ」の空気入りタイヤ130周年で記念ロゴ

 住友ゴム工業は、タイヤブランド「ダンロップ」で130周年の記念ロゴ(図=住友ゴムの発表資料より)を制作したと発表した。1888年にアイルランドに住む獣医師、J・B・ダンロップが息子の3輪車のために世界で初めて空気入りタイヤを実現してから今年で130年になるという。記念ロゴを記念行事や宣伝広告などに活用し、国内外でタイヤブランドとしての「ダンロップ」を一段と定着させる狙いとみられる。 住友グループは1909年に...

続きを読む

神戸市、「都市型創造産業」の集積めざしイベント 東京と神戸で

 神戸市は12日、主に情報の制作や流通を手がける「都市型創造産業」の集積に向けた産業振興を始めると発表した。まずは施策を始めるに当たり、東京都と神戸市内でそれぞれ「キックオフ(試合開始)イベント」を開催。創造的な職業を持つクリエイターや経営者の参加を募り、相互連携や、事業創出に向けた人脈作りなどを促す。 東京都では24日夜に渋谷区の商業ビルにある多目的室で、神戸市出身の編集者である佐渡島庸平氏と、不動...

続きを読む

トーホー、12月の売上高0.6%減 業務用卸売は横ばい

 トーホーが12日発表した2017年12月の売上高動向は、前年同月比0.6%減だった。2カ月ぶりに前年同月を下回った。主力の業務用食品卸売事業の売上高は前年比横ばいだった。 業務用食品卸売事業は国内事業に加え、前期に買収したシンガポールのトモヤジャパニーズフードトレーディングが寄与した。一方、業務用スーパーの「A-プライス」など業務用食品現金卸売事業は7カ月連続で前年同月を下回った。 今期にかけて不採算だっ...

続きを読む

17年の神戸港コンテナ取扱量、過去最高94年と同程度か 久元神戸市長

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は12日の定例記者会見で、2017年の神戸港でのコンテナ貨物取扱量について、過去最高である1994年の取扱量(20フィートのコンテナに換算して292万個)を「超えることはなく、ほぼ同程度といえる水準」との見込みを明らかにした。「まだ最終的な数字の報告を受けていない」としながらも、記者の質問に答えた。 今後のコンテナ貨物取扱量について数値目標を聞かれると「と...

続きを読む

神戸医療産業都市、20周年のロゴマーク決定 神戸市長「相乗効果が課題」

 神戸市は12日、神戸医療産業都市について2018年10月に発足から20周年を迎えることを記念したロゴマーク(図=神戸市の発表資料より)を発表した。これまで通常のロゴに使ってきた六角形の中に、20周年を示す「20th」を書き込んだ。さらにスローガンの「さらなる飛躍へ!」をピンク色の文字で目立たせた。 従来のロゴ作成者でもある、神戸芸術工科大学教授のかわいひろゆき氏がデザインした。20周年の記念行事などで統一したロゴ...

続きを読む

兵庫県、延期の公聴会を2月3日に開催 神戸製鋼の石炭火力発電所計画

 兵庫県は12日、神戸製鋼所が神戸製鉄所(神戸市灘区)で計画している石炭火力発電所の建設について公聴会を2月3日に開催すると発表した。当初は昨年10月16日に開催を予定していたが、神戸製鋼の検査データ改ざん問題が発覚したのを受け、同社が作成したデータの検証が必要として延期していた。検証した結果、不適切なデータがなかったのを確認できたことから、環境影響評価(アセス)の手続きを再開する。 公聴会は2月3日午...

続きを読む

兵庫県10年債、利率0.190%・100円 発行額100億円

 兵庫県は12日、10年物の公募地方債「兵庫県平成29年度第22回公募公債」の発行条件を決めた。表面利率は0.190%、発行価格は100円(応募者利回り0.190%)に決まった。発行額は100億円。機関投資家向けに販売した。引き受け金融機関のうち落札額が最多のBNPパリバ証券が幹事を務める。 10年物の兵庫県債では、2017年11月8日に前回債の条件を決定。応募者利回りは0.164%(発行額100億円)だった。...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報