アシックス、米国で初の旗艦店をオープン NY5番街

 アシックスは米国で初の旗艦店(写真=アシックスの発表資料より)を、世界有数のショッピング街である米ニューヨーク5番街にオープンした。米国では初めて、主にランニングやテニスの競技用やトレーニング用に使う「アシックス」と、普段にも使える「アシックスタイガー」の2ブランドを同一店舗で取り扱う。卸売り先の大手スポーツ用品店が不振で、16年12月期に多額の貸倒引当金を計上した米国事業を自ら立て直す構えだ。  ...

続きを読む

ファミリア、ANA国内線の機内販売限定バッグ 18年も1月1日発売

 ファミリアは2018年1月1日から、全日本空輸(ANA)国内線の機内で「ANAオリジナルアート レッスントートバッグ」(写真=ファミリアの発表資料より)を販売する。パイロットと整備士の制服を身につけたファミリアのキャラクター、ファミちゃん、客室乗務員のリアちゃんをデザインした。  16年、17年と1月に発売して好評だったANAとファミリアのコラボレーション(共同企画)の第3弾。表地は刺繍が映える黒の千鳥...

続きを読む

シスメックス、京都のバイオベンチャーに出資 iPS細胞から血小板製剤を開発

 シスメックスは医療ベンチャーのメガカリオン(京都市下京区、三輪玄二郎社長)に出資すると発表した。メガカリオンが実施する32億円の第三者割当増資のうち一部を引き受ける。詳しい出資額は明らかにしていない。メガカリオンは調達した資金でiPS細胞に由来する血小板製剤の臨床試験を日本と米国で実施。さらに同製剤を商業用に大量生産するための設備を開発する計画だ。 血小板製剤の原料になる血液は現在、すべて輸血に頼...

続きを読む

「かねてつ」が「かねふく」のめんたいこ採用 「明太子入珍比良」

 カネテツデリカフーズ(神戸市東灘区)は、販売量日本一の老舗メーカーかねふく(福岡市東区)のからしめんたいこを使った小型のチクワ「明太子入珍比良(めんたいこいりちんぴら)」を2018年1月8日に全国で発売する。1952年に発売した定番商品である珍比良の味に、からしめんたいこで変化を付けた。 珍比良の特徴である魚肉の旨味と香ばしさに、からしめんたいこのピリ辛風味とプチプチとした食感をプラスした。日本酒などの...

続きを読む

日本食品成分認証機構が神戸医療産業都市に進出 理研などプロジェクトに参加

 食品や資料、医薬品などの成分分析やコンサルなどを手がける一般社団法人の日本食品成分認証機構(東京都千代田区、塚原光良代表理事)が、人工島ポートアイランド(神戸市中央区)の神戸医療産業都市に拠点を開設した。今月から同拠点で業務を開始した。 神戸国際ビジネスセンター(KBIC)に入居。理化学研究所など同じく神戸医療産業都市に拠点を置く研究機関や企業などによる、高機能性食品や医薬品といったヘルスケア関...

続きを読む

毛髪で健康状態を診断 アジュバン、理研などの共同研究に参加

 アジュバンコスメジャパンは27日、毛髪から取り出した情報で健康状態や病気の診断などを目指す「毛髪診断コンソーシアム」の共同研究に参加すると発表した。コンソーシアム(共同事業体)には理化学研究所やアデランス、ヤフーなど18社・機関が参加し、毛髪情報で向こう2年間に1万人のビッグデータを構築。疾患に関連する指標(マーカー)物質の特定などにつなげる。 これまでの健康診断では採血や尿検査、血圧測定などが広く...

続きを読む

川重、2017年進水の船舶は5隻 神戸では2隻が進水

 川崎重工業は27日、同社が建造して2017年に進水させた船舶は昨年よりも1隻少ない5隻だったと発表した。このうち神戸工場(神戸市中央区)での進水は2隻、坂出工場(香川県坂出市)が3隻だった。 船種別ではLNG(液化プロパンガス)運搬船が3隻だった。残る2隻は神戸工場で建造した潜水艦とみられる。円相場の下落による価格競争力の向上をきっかけに、13〜14年ごろ受注した船舶の進水は一巡した。 川重は3月に造船事...

続きを読む

兵庫県と神戸市、神戸製鋼の環境アセス数値で「不適切なし」確認

 兵庫県と神戸市は26日、神戸市灘区で計画している石炭火力発電所の環境影響評価(アセス)をめぐり神戸製鋼所が提出したデータに、不適切な処理がなかったのを確認したと発表した。兵庫県と神戸市は神戸製鋼の発電所計画を受けて、同社が7月10日に提出したアセス準備書などに基づき、それぞれ環境影響評価審査会(アセス審)を設けて審議してきた。ただ神戸製鋼が10月8日にアルミ・銅部門などで製品の検査データを改ざんしてい...

続きを読む

川重、鹿児島市の清掃工場で建設・運営を受注 約350億円

 川崎重工業は22日、鹿児島市の「新南部清掃工場(ごみ焼却施設とバイオガス施設、写真=川重の発表資料より)整備・運営事業」を受注したと発表した。設計、建設、運営を一括で請け負う「DBO方式」の民間委託プロジェクトを受注。施設の完成は2021年12月末を予定し、その後は2042年3月末までの運営を担う。合計およそ350億円の受注高になる。 ゴミ焼却施設は1日あたり220トンの処理能力を持つゴミ焼却炉を持つ。少ない空気...

続きを読む

神明、シンガポール「ブレッドトーク」に食材供給 子会社と合弁

 神明は22日、シンガポールを拠点に中国やマレーシアなど17カ国・地域でフランチャイズ含め1000店舗の飲食店を展開するブレッドトーク・グループに食材を供給すると発表した。食材供給を目的とした合弁会社をブレッドトークの子会社と2018年1月にも設立する。 設立する会社名は「BTGシンメイ・ベンチャー」。神明は34%を出資し、残りをブレッドトークが出資する予定だ。ブレッドトークに円滑な食材供給を目指すとともに、神...

続きを読む

神戸製鋼、不正製品の安全性確認さらに5社で 溶接事業のJIS継続を確認

 神戸製鋼所は22日、同日時点で品質データ改ざんがあった不正な製品の出荷先のべ525社のうち、何らかの形で安全性を確認した出荷先が505社になったと発表した。全体の96%でひとまず、安全性を確認した形だ。前回発表した17日時点の500社(95%)から進捗した。このうち出荷先で安全性を確認したのは362社。前回の359社から確認が進んだ。 同時に溶接事業での日本工業規格は認証を継続することを確認したと発表した。神戸製鋼所...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報