米イーライ・リリー会長「昨今の日本の動きに少し危惧」 ドラッグラグ縮小は評価

 米製薬大手のデイビッド・A・リックス会長兼最高経営責任者(写真)は13日に神戸市内で開いた、同社の日本法人である日本イーライリリーの新本社完成記念式典で、日本の医薬品をめぐる政策について「今後どうなるかと少し危惧をしながら見つめている」と述べ、国内の薬価引き下げなどをめぐる動きについてけん制した。特に、2018年度の薬価改定で、革新的な新薬の薬価引き下げを猶予する制度「新薬創出加算」で、対象の医薬品を...

続きを読む

日本イーライリリー、地域の健康寿命延伸で兵庫県などと連携 WHO神戸センターも

 米製薬大手イーライ・リリーの日本法人である日本イーライリリーは13日、兵庫県や神戸市など日本イーライリリーが立地する地域の健康寿命延伸に向けて、自治体などと連携すると発表した。日本イーライリリーと、兵庫県、神戸市、世界保健機関(WHO)神戸センター(神戸市中央区)の4者で市民公開講座を開催する。講座は年に1回以上の頻度になるとみられる。 日本イーライリリーは5月に入居した神戸市中央区の新本社を、会...

続きを読む

シン・エナジー、関西で8月検針分から値下げ 豪雨の被災対応も発表

 新電力のシン・エナジー(旧洸陽電機、神戸市中央区)は関西地区で、低圧電力を8月1日検針分から値下げすると発表した。関西電力が7月に値下げしたのに対抗し、さらなる電力料金の割安感を訴えることで契約数の増加をねらう。値下げの比率は契約の形態によって異なるが、最も顧客数が多い「きほんプラン」では3.2%値下げする。 きほんプランでは、これまでは関西電力に比べて4.8%安くなる計算だったが、今後は6.2%安くな...

続きを読む

新開地駅「駅ナカ」に5店舗オープン 人気のパンやコロッケ・18日

 阪急阪神ホールディングス傘下の神戸高速鉄道は12日、新開地駅の西改札口構内に新たな商業施設「エキナ新開地」(イメージ図=神戸高速鉄道の発表資料より)を18日に開設すると発表した。人気のパンやコロッケなどを販売する5店舗が入居する。駅構内のスペースを有効活用し、演芸場「喜楽館」のオープンで利用者増への期待も高まる新開地駅の利便性を高める。 エキナ新開地を開設する西改札口は、神戸電鉄方面の乗り場と阪急・...

続きを読む

シスメックス、エジプトで直販体制に移行 現地法人設立

 シスメックスはエジプトでの事業を代理店経由から直販体制に移行する。血液検査機器や検査試薬、検査情報システムの販売やメンテナンスを現地法人が手がけるようにする。エジプトでの現地法人設立を10日に発表した。経済成長に伴って医療インフラの整備が進んでおり、高度な検査や医療サービスに対する需要が高まっているのに対応する。 これまでシスメックスのエジプト事業は、中東やアフリカ北東部を担当するドバイ現地法人が...

続きを読む

アシックス、国際パラ委と公式サプライヤー契約 東京で調印式

 アシックスは国際パラリンピック委員会(IPC)と公式サプライヤー契約を結んだと発表した。9日に東京で調印式を開催した(写真=アシックス提供)。IPCの公式イベントでスタッフとパラリンピック難民選手団に公式ウエアとシューズなどを提供する。契約期間は東京パラリンピックの開催期間を含む、2020年12月末まで。 アシックスは16年からワールドパラ陸上で公式サプライヤーになっている。19年からはワールドパラ水泳、...

続きを読む

ロック・フィールド、6月の既存店売上高1.4%増 3カ月ぶり前年比増

 ロック・フィールドが10日に発表した6月の月次動向は、既存店売上高が前年同月比1.4%増と、3カ月ぶりに前年同月を上回った。業態別では主力のサラダ店「RF1」が2.0%増と3カ月ぶりに前年比で増加。和・洋・アジアの惣菜を組み合わせて販売する「グリーン・グルメ」が前月比増を維持した。アジア料理の総菜を販売する「融合」が7カ月ぶりに前年同月を上回ったことなども寄与した。 一方で、「神戸コロッケ」は3カ月連続...

続きを読む

神戸電鉄、全線で通常ダイヤ復帰 神戸天然物化「影響なし」発表

 神戸電鉄は9日、同日の午後4時ごろから全線で通常ダイヤに復帰したと発表した。5〜7日の豪雨を受けて6、7日の両日は全線で運転を見合わせたが、8日から順次運転を再開。9日午後に西鈴蘭台駅(神戸市北区)〜木津(同西区)の運転を再開して全線が開通した。(写真は神戸電鉄の車両=資料) 5〜9日に合計で1671本(上り844本、下り827本)の電車を運休。神戸電鉄は48万4000人の移動に影響が出たとみている。 神戸天然...

続きを読む

神戸製鋼、自動車用の接合技術でショールーム 藤沢事業所に

 神戸製鋼所は9日、溶接事業部門の研究開発拠点である藤沢事業所(神奈川県藤沢市)に「自動車用接合技術ショールーム」(写真=神戸製鋼の発表資料より)を同日開設したと発表した。車体の軽量化に寄与する展示や実演で、顧客との対話を進める。ファナックと共同で開発した、種類の異なる金属を接合するロボットシステムなどを展示する。 同社としては東京に最も近い開発拠点で、自動車メーカーや部品メーカーの担当者らが気軽...

続きを読む

建機の伊MBが神戸事務所を開設 西日本向けの販売拠点に

 イタリアの建機メーカーMB(エムビー、ヴェネト州)の日本法人であるMBジャパン(埼玉県新座市)が、1日付で神戸事務所を開設した。神戸市とともに外資系企業にオフィス賃料を補助する兵庫県が6日発表した。西日本向けの販売拠点として、順次事業を拡大する計画という。 MBジャパンは伊MBの全額出資で、従業員数は7人。イタリアで製造した「バケットクラッシャー」の本体や部品を輸入販売する。建機などに装備し、岩...

続きを読む

川重、国内初のLNG燃料供給船を受注 川崎汽・中部電などの共同出資会社から

 川崎重工業は6日、液化天然ガス(LNG)を燃料とする船舶に、海上で燃料を供給する船(イメージ図=川重提供)を受注したと発表した。発注したのは川崎汽船、中部電力、豊田通商、日本郵船の共同出資会社であるセントラルLNGシッピング。価格は明らかにしていない。2020年の9〜12月ごろに完成する見込みで、LNG燃料供給船としては国内で初めて稼働する予定だ。中部地方の海域でLNG船に燃料を補給する。 2020年に船...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報