神戸製鋼、法人税2億7000万円を追加納付 棚卸資産の計上漏れなど

 神戸製鋼所は3日、大阪国税局の指摘によって連結ベースで2億7000万円の法人税を追加で納付すると発表した。税務調査を受けたところ一部で見解の相違があったが、最終的には当局の指導に従い、指摘された全額を納付するという。追加納付額に重加算税は課されなかった。 2013〜15年の3年間で連結ベースで11億1000万円(神戸製鋼単独では8億6000万円)の所得が正された。国税局による指摘の大半は棚卸資産の計上漏れだった。こ...

続きを読む

住友ゴム、スロベニアに医療用ゴム部品工場を新設 投資額約44億円

 住友ゴムはスロベニアに医療用精密ゴム部品の向上を新設すると発表した。新工場は2019年4月に稼働する予定で、欧州での生産能力を従来の3倍に拡大。欧州の大手メーカーなどへの販売を強化する。総投資額は3400万ユーロ(約44億円)になる見込みだ。 新工場は、2015年1月に買収したスイスの医療用ゴム部品メーカー、ロンストロフの子会社として建設する。敷地面積は約3万平方メートルで、約200人を雇用することになる見込み...

続きを読む

バンドー、コンベヤベルト10%以上値上げ 原材料高を転嫁・10月1日から

 バンドー化学は1日、ベルトコンベヤーに使うコンベヤベルトの主要製品をそれぞれ10%以上値上げるすと発表した。10月1日受注分から適用する。主原材料である天然ゴムのほか、原料になる合成ゴムや石油化学製品の価格が軒並み大幅に上昇。物流費の高騰などもあり、これらを販売価格に転嫁する。 生産性の向上やコスト削減など企業努力だけでは吸収できないと判断した。値上げは、コンベヤベルトのほか、コンベヤ周辺製品全般、...

続きを読む

ネスレ日本、キットカット「あぁ青春のシトラス味」発売 野球応援イベントも

 ネスレ日本は8月1日にチョコレート製品のキットカットで「あぁ青春のシトラス味」(写真=ネスレ日本の発表資料より)を発売する。青春の甘酸っぱい思い出をイメージした、かんきつ系の味だ。1箱あたり10円を全日本軟式野球連盟に寄付。8月9日「野球の日」に甲子園浜野球場(西宮市)の夜空を舞台に球児が流れ星に願い事をできるイベントも開催する。スポーツを応援する新プロジェクトの第1弾という。 うんしゅうみかん、...

続きを読む

神明、香港の外食大手マキシムと合弁会社 アジアで日本食市場の拡大めざす

 コメ卸国内最大手の神明はこのほど、香港の外食大手である美心集団(マキシムグループ)と合弁会社「ジャパニーズ・ダイニング・コンセプツ」を設立したと発表した。アジアで日本食の外食店舗を共同で展開する。神明、マキシムグループともに新会社への出資額は明らかにしていないが、出資比率はマキシムグループが75%、神明が25%とした。 両社がノウハウを持ち寄って、アジアでも人気がある日本食の市場拡大などをめざす。マ...

続きを読む

ノーリツ、給湯機器の保守事業を本格展開 顧客LAN利用の通信機器も投入

 ノーリツは給湯機器の保守事業を本格展開する。従来の携帯電話回線を使った遠隔監視システムに加え、顧客のLAN(構内回線網)を利用してネット接続する遠隔通信ユニット(写真=ノーリツの発表資料より)を12月1日に投入。給湯器に加えて業務用ふろ給湯器、ろ過ユニット、24〜16号の小型給湯器も監視対象に加えるほか、遠隔監視プランの契約形態を多様化し、飲食店など小規模施設でも導入しやすくした。 ノーリツの遠隔監視...

続きを読む

トリドール、「晩杯屋」のアクティブソースを買収 早期に500店展開へ

 トリドールホールディングスは、立ち飲み居酒屋「晩杯屋」などを展開するアクティブソース(東京都品川区)を買収すると発表した。トリドールが掲げる2025年に国内2000店舗の目標を目指す一環という。小規模でも出店できることから、トリドールの主力である「丸亀製麺」などでは出店できなかった場所でも出店立地の候補にできる強みがある。早期に晩杯屋で500店の出店を目指す。 晩杯屋は09年に東京都品川区の武蔵小山店に1号...

続きを読む

シスメックス、仏ビオメリューとの合弁を解消 08年に設立の日本法人

 シスメックスと仏診断薬・医療機器大手のビオメリューは27日、両社が出資して2008年に設立した国内法人のシスメックス・ビオメリュー(東京都品川区)について合弁を解消すると発表した。シスメックスが保有するシスメックス・ビオメリュー株の34%を、すべて仏ビオメリューに売却する。株式売却は10月31日を予定する。 合弁解消と同時に、シスメックスが日本国内でのビオメリュー製品の販売代理店になる契約も解消する。ただ国...

続きを読む

神戸製鋼、タイにも本社機能 東南アジア・南アジアの統括会社

 神戸製鋼所は27日、東南アジアと南アジアの6カ国で展開する事業の統括会社である「コベルコ・サウスイースト・アジア」をタイの首都バンコクに設立したと発表した。8月から業務を開始する。タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、インドの6カ国にある神戸製鋼傘下の30社について、統治(ガバナンス)やコンプライアンスなど経営管理のほか、資金の一元管理など本社機能を持たせることで、事業の効率化を進...

続きを読む

神戸総合運動公園サブ球場「G7 STADIUM KOBE」に GセブンHDが命名権

 神戸市は26日、神戸総合運動公園サブ球場の命名権スポンサーが、カー用品店や食品スーパーなどを展開するG-7ホールディングス(GセブンHD)に決まったと発表した。新名称は「G7 STADIUM KOBE」になる。契約期間は8月1日から2023年3月31日までで更新が可能。契約額は年500万円(税込み)とした。 スポンサーは6月19〜30日に募集。7月11日に民間の有識者などもまじえて開催した検討会を踏まえて決定した。神戸市は最...

続きを読む

ホテル「ユニゾイン神戸三宮」が宿泊予約を受付開始 来年1月25日開業

 全国でビジネスホテルを展開するユニゾホテル(東京都中央区)は、2018年1月25日に開業を予定する「ユニゾイン神戸三宮」(神戸市中央区、図=ユニゾホテルの発表資料より)の宿泊予約の受付を始めた。加納町3丁目の交差点に近く、山陽新幹線の新神戸駅もJR神戸線の三ノ宮駅なども徒歩圏内の好立地。北野町の異人館街などにも近く、ビジネス客に加えて国内外の観光客による利用も見込む。 ユニゾホテルとしては19番目のホテ...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報