FC2ブログ

ロック・フィールドの5〜7月期、純利益37%減 地震・豪雨の影響で減収

 ロック・フィールドが3日発表した2018年5〜7月期の連結決算は、純利益が前年同期比37%減の3億2600万円だった。6月18日に発生した大阪府北部地震に加え、7月の豪雨や台風の影響などで来店客数が減少。減収になった影響を受けた。人事制度の変更に伴う人件費の増加や、減価償却費の増加などを吸収できなかった。 売上高は1%減の125億円、営業利益は36%減の4億9200万円だった。大阪府北部地震が1650万円の減収要因、豪...

続きを読む

神戸電鉄株は見送り 花山〜大池で「のり面」崩壊、売買高は今年最低

 24日の東京株式市場で神戸電鉄(9046)は見送り。終値は前日比変わらずの4000円と小動きだった。ただ売買高は700株どまりと、ここ1年間では見当たらない低水準にとどまった。この日の朝までに兵庫県を北上した台風20号による豪雨のため、神戸市北区の花山〜大池駅の間で線路脇の斜面「のり面」が崩壊。電車が運行できなくなった被害による業績への影響が不明として、売買が見送られた。 神戸電鉄によると、線路が復旧するメド...

続きを読む

さくらKCSが12年半ぶり高値 今期の好業績予想など手がかり

 23日の東京株式市場では、さくらKCS(4761)が大幅高。終値は前日比62円(6.97%)高の951円と、東証2部の値上がり率ランキングで3位に顔を出した。一時は970円まで上昇した。この近辺に株価が上昇したのは、2006年1月以来およそ12年半ぶり。特に目新しい買い材料は出ていないが、今期の好業績予想などを手掛かりに、薄商いの中で値を飛ばしたようだ。 2019年3月期の連結純利益は62%増の3億4000万円を大幅増益の見通し...

続きを読む

R&I、シスメックスの発行体格付けを「AA-」に格上げ

 格付投資情報センター(R&I)は22日、シスメックスの発行体格付けを「AA-」(ダブルAマイナス)に見直したと発表した。従来の「A+」(シングルAプラス)から1段階引き上げた。「順調に収益基盤が拡充しており、AA格に相応(ふさわ)しい状態になっている」と判断した。 R&Iはシスメックスの事業構造について、血液中の赤血球などを数える検査「ヘマトロジー」への依存が強いとしながらも、「機器の設置台数を積...

続きを読む

ワールドの東証再上場、資金吸収額671億円に 届出書で1株3630円想定

 ワールドが22日に近畿財務局へ提出した有価証券届出書によると、9月28日に東京証券取引所に上場するワールド株は1株あたり3630円を想定していることが分かった。同社は新規上場に伴い、自社株の売却と大株主による売り出しなどで、最大1849万2000株の株式売り出しを実施する。公開する株式による市場からの資金吸収額は約671億円になる計算だ。(写真はワールド本社=資料) 発行済み普通株式数は22日現在で3619万9965株。時...

続きを読む

ワールド、今期純利益22%増の見通し 経費削減や優先株の償還で

 9月28日に東京証券取引所に新規上場するワールドは22日、2019年の連結純利益(国際会計基準)が前期比22%増の82億円になりそうだと発表した。増収幅が小幅にとどまるなかで、継続的な経費削減に取り組む。加えて今期中に優先株を全額償還する予定とあって、支払利息に計上してきた優先配当の負担が前期比で6億6200円軽くなるのも寄与する。 売上高に相当する売上収益は1%増の2490億円、営業利益は8%増の142億円を見込む...

続きを読む

ワールド、9月28日に東証再上場 国内外で最大1849万株を売り出し

 東京証券取引所(写真)は22日、アパレル大手であるワールド(神戸市中央区)株の上場を承認した。国内外で最大1849万2000株を売り出し、9月28日に上昇する。所属部は未定だが、東証1部になるとみられる。主幹事は野村証券が務める。 売り出し株数のうち、自社保有株は1485万株、大株主が保有する株式は183万3000株。加えて、需要動向に応じて最大180万9000株のオーバーアロットメントによる追加売り出しを実施する。 仮条件...

続きを読む

フェリシモ、株主優待に食品詰め合わせ 31日時点の株主に

 通販大手のフェリシモが配布する2018年の株主優待品は、同社で選んだ食品の詰め合わせにすると発表した。31日時点の株主名簿に掲載された株主に対して配布する。権利付き最終バイバイびは28日。長期株主を優待する制度に変更してから、初の優待品の配布になる。株主の手元に優待品が届くのは11月ごろになる見通し。 従来は年に1回、100株以上を保有する株主に対して一律3000円相当の自社商品を配布してきた。これを今期から、フ...

続きを読む

山陽電株が年初来安値 「カードキャプターさくら」効果に株価は慎重

 21日の東京株式市場では山陽電気鉄道(9052)が続落した。終値は前日比22円安の2575円だった。一時は前日比2551円まで下落。3月26日に付けた2573円を下回り、およそ5カ月ぶりに年初来安値を更新した。トルコリラの急落など海外情勢への警戒感を受けて、相対的に値動きが荒くなりやすい中小型株から資金が流出する動きに押されたようだ。 15日から山陽電が展開する、人気アニメ「カードキャプターさくらクリアカード編」と共同...

続きを読む

フェリシモ株が6カ月ぶり年初来安値 中小型株から資金流出の見方

 17日の東京株式市場ではフェリシモ(3396)が3日続落。終値は前日比27円(2.20%)安の1202円と、この日の安値で引けた。2月14日につけた1225円を下回り、およそ半年ぶりに年初来安値を更新した。特に目新しい売り材料は出ていないもよう。新興国情勢など世界経済の不透明感が強まる中で、相対的に値動きが荒くなりがちな中小型株から資金が流出する一環で売られたとの見方が多い。 同社の2019年2月期は、連結営業利益が前期...

続きを読む

神栄株が大幅安、連日の併合後安値 見切り売りが優勢で安値引け

 16日の東京株式市場では神栄(3004)が大幅安になった。終値は前日比94円(7.36%)安の1184円と、この日の安値で引けた。昨年10月1日付で、10株を1株に株式併合して以来の安値を更新した。目新しい売り材料は出ていないもようだが、4〜6月期の最終赤字を受けて同社の収益が悪化したとの見方から見切り売りが増えたとみられる。 7月31日の4〜6月期決算発表をきっかけに上値が重くなり、今週に入って改めて下値を探った。...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報