旧居留地ナイトマーケット、31日に第2回を開催 休憩スペースなど増やす

 夜の旧居留地の一部を歩行者天国にして飲食や、雑貨などの買い物ができる「旧居留地ナイトマーケット」の第2回が31日に開催される。昨年11月に神戸開港150年記念行事として開催したところ、好評だったことから第2回も実施することになったという。前回よりも休憩スペースなどを増やし、よりゆったりと夜の神戸を楽しめるようにした。(写真は昨年11月の前回=発表資料より) 旧居留地の玄関口に当たる大丸神戸店の東側の道路...

続きを読む

阪急神戸線、観光地を描いたラッピング電車 17日から運転

 阪急電鉄は15日、沿線の観光地を車両に描いたラッピング電車を17日から運転すると発表した。阪急神戸線では8両編成の1編成に、メリケンパークや六甲山、夙川の桜などを描く。デザインには人気ロックバンドのASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション=アジカン)や、さだまさしさんらのCDジャケットなどを担当した宝塚市出身のイラストレーター、中村佑介さんを起用。2019年3月末まで約1年間の運転...

続きを読む

JR西日本、今夏から「ハローキティ新幹線」を運転 地域を結ぶリボン描く

 JR西日本とサンリオは14日、国内外で人気のキャラクター「ハローキティ」を車両にデザインした「ハローキティ新幹線」を山陽新幹線で運転すると発表した。ハローキティがJR西日本の地域の魅力を新幹線を通じて発信する。外装はピンクを基調に、地域をつなぎ、結ぶ意味を込めたリボンを描く。1号車は西日本の地域の魅力を紹介するスペースとして活用する。 今夏から期間限定で運転する予定だ。1号車では第1弾として、「山...

続きを読む

南京町150周年、通年で記念行事を開催 15日にオープニングイベント

 神戸市中央区の中華街である「南京町」では、2018年3月から19年2月にかけて約1年を通じて記念行事を実施する。今月15日には記念行事の第一弾であるオープニングイベントを開催。南京町の「食」を積極的にアピールして、国内外から観光客を呼び込む考えだ。一連の行事を主催する南京町生誕150年記念事業実行委員会(委員長は曹英生・南京町商店街振興組合理事長)には昨年12月に発足した神戸観光局も参画する。 15日のオープ...

続きを読む

神戸どうぶつ王国が初の値上げ 新エリア「ロッキーバレー」を17日に開設

 神戸どうぶつ王国は4月1日に、2014年の開園以来初めての入園料値上げを実施する。中学生から適用する大人料金は現在の1500円を1800円に、小学生は800円を1000円にそれぞれ引き上げる。年間パスポートも値上げする。神戸どうぶつ王国では3月17日に新たな展示エリア「ロッキーバレー〜北アメリカの動物たち〜」を開設。エネルギー価格の上昇などもあり、入園者に費用増の負担を求めるとみられる。 4月1日からの値上げは小学...

続きを読む

新神戸駅で手荷物の一時預かりを開始 駅レンタカー営業所で20日から

 JR西日本とJR西日本レンタカー&リース、神戸観光局は20日から、山陽新幹線の新神戸駅で手荷物一時預かりサービスを始めると発表した。新神戸駅の1階にある「駅レンタカー」営業所で手荷物を預かる。特に訪日外国人観光客など、神戸を訪れた観光客が大きな荷物を持ち歩いて観光スポットをめぐる不便などを解消するのがねらい。 国土交通省が認定する「手ぶら観光」共通ロゴマーク(図=国土交通省のホームページより)をす...

続きを読む

神戸電鉄、英語でも車内放送 訪日客の増加に対応で13日から順次

 神戸電鉄は13日から順次、英語での車内放送を開始する。これまで運転中に次の駅を知らせるなどの自動放送は日本語だけだったが、訪日外国人観光客の増加に対応する。沿線には、海外からの観光客の取り込みを増やす有馬温泉などの観光地もあり、訪日客の利便性を高める。 3月末をめどに、同社が保有する全43編成で英語放送への対応を完了する計画だ。英語を追加するのは(1)始発駅での列車種別、行き先、停車駅、乗り換え駅(2)出...

続きを読む

神戸ファッションウィーク2018春夏が開幕 そごう神戸店に注目ショップ

 神戸ファッションウィーク2017春夏(主催・神戸ファッションウィーク推進委員会)が2日、開幕した。3日には中核イベントである「神戸コレクション2018春夏」(主催・毎日放送)を開催し、10日は「SANNOMIYA COLLECTION 2018春夏」(主催・三宮コレクション実行委員会)などファッションショーが相次ぐ。メイク講座や船上ヨガなどの行事が今月下旬ごろまで続く。 今回の神戸ファッションウィークに先行して、そごう神戸店では...

続きを読む

山陽電など電鉄3社が台湾観光貢献賞を受賞 1日に台北で授与式

 京浜急行電鉄、山陽電気鉄道、阪急阪神ホールディングス傘下である阪神電気鉄道の電鉄3社は2日、台湾観光局から「2018台湾観光貢献賞」を受けたと発表した。台湾観光局が年間を通じて台湾観光に貢献した企業などを表彰。17年の年間を通じた3社の取り組みを評価した。授与式は1日に台北市内のホテルで開催し、台湾の陳建仁副総統と、受賞した各社の社長が出席した。 京急は2015年に台湾鉄路管理局(台鉄)と友好鉄道協定を締...

続きを読む

神戸港振興協会、神戸観光局に統合へ 神戸市が予算案で方針

 神戸市は16日に発表した2018年度予算案に関連して、同市の外郭団体で一般社団法人の神戸港振興協会(神戸市中央区、岡口憲義会長=神戸市副市長)を、同じく外郭団体で昨年12月20日に発足した神戸観光局(同、尾山基会長=アシックス会長兼社長CEO)に統合する方針を示した。予算案に関する記者会見で久元喜造市長は「エリアマネジメントを強化したい」と統合の目的を説明した。 神戸港振興協会は拠点をメリケンパークにある...

続きを読む

神戸・芦屋・西宮のスイーツ24店舗でスタンプラリー 阪神間モダニズムたどる

 神戸市、芦屋市、西宮市と阪神電気鉄道で構成する「阪神間連携ブランド発信協議会」は2日、神戸市東灘区から芦屋市、西宮市の地域にある洋菓子店24店舗を対象にした「スイーツのまちめぐりスタンプラリー」を20日から実施すると発表した。3月25日までの期間中の土日には関連する行事なども開く。全国でも有数の密度で広がる洋菓子店めぐりを通じて、その源流になった独自の文化「阪神間モダニズム」の影響を受けた街並みや文化...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース Twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報