情報セキュリティのLRMが神戸市に本社移転 拠点移転補助制度を適用

 神戸市は2日、情報セキュリティコンサルのLRM(神戸市中央区、幸松哲也代表取締役)に企業拠点の移転補助制度を適用すると発表した。LRMは大阪市中央区から本社を移転し、1日に業務を開始した。新本社は中央区伊藤町のオフィスビルで、従業員数は6人の予定。このオフィス賃料に神戸市が補助金を支出する。

 2015年に開始した「神戸市企業拠点移転補助制度」で、オフィスの賃借を伴う案件としては第2号。神戸市は7月14日に事業認定していたという。制度では、5人以上が常駐する本社が神戸市内に転入した場合、年間500万円を上限として家賃の8分の1を3年間補助する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報