TOAの4〜6月期、最終赤字2億9000万円 海外販売は増加

20170802TOA決算グラフ

 音響放送機器のTOAが2日に発表した2017年4〜6月期の連結決算は、最終損益が2億9000万円の赤字(前年同期は4億円の赤字)だった。原材料費などの上昇で原価率は悪化したが、販管費の削減などに取り組んだ。前転同期に1億円超あった為替差損が、円安で大幅に減少したのも寄与した。

 売上高は前年同期に比べ微減の81億円、営業損益は2億4600万円の赤字(前年同期は2億8900万円の赤字)だった。地域別売上高は海外が増加。日本が1%減の44億円だったのに対し、米国は3%増の9億円、欧州・中東・アフリカは2%増の10億円、アジア・パシフィックがは%増の14億円、中国・東アジアが31%減の2億円だった。

 同社の国内顧客は学校や病院といった公共機関が多いこともあり、収益が年度末に偏りやすい傾向がある。18年3月期の連結業績予想は、純利益が前期比29%増の22億円などとする見通しを据え置いた。前期比2円減配の年20円とする配当計画も据え置いた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報