ダンロップスポーツ、今期一転の最終増益見通しに上方修正 アジア販売好調

20170802ダンロップスポーツ業績修正グラフ

 ダンロップスポーツは2日、2017年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比17%増の22億円になりそうだと発表した。従来予想である15%減の16億円から上方修正し、一転して増益見通しになった。北米地域での採算改善が計画よりも順調に進んだうえ、アジアでの販売も引き続き好調に推移しているためという。

 売上高に当たる売上収益は4%増の765億円、営業利益は13%減の35億円をそれぞれ見込む。従来予想は760億円、28億円から上方修正した。販売の好調に加え、原材料価格の上昇が想定ほどではなかったことも収益改善に寄与した。17年1〜6月期の連結純利益も前年同期比3.5倍の12億円と、従来予想の6億円から上方修正した。

 17年1〜6月期の連結決算は7日に発表を予定する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報