財務省主計官が国の財政・地方創生で講演 8月22日

 財務省近畿財務局は8月22日午後に神戸市内で「我が国の財政について、および地方創生について」をテーマに講演会を開催する。同省で予算編成に直接携わる前田努主計官(農林水産係担当)が、「国際的にも歴史的にも例がないほど膨大な借金」(近畿財務局の資料より)について説明。財政健全化の見通しなどを語る。加えて東京への人口の過度な集中を是正し、将来も各地域での活力を維持する重要性などについても話す。

 時間は午後1時半から午後3時15分。場所は神戸財務事務所が入居する神戸地方合同庁舎の会議室を予定する。参加費は無料だが事前に申し込みが必要で、定員100人を予定する。ファックスとメールで申し込みを受け付け、申し込みフォームは近畿財務局のホームページからダウンロードする。

 近畿財務局は昨年に和歌山市で、2015年に京都市で、同様のテーマで講演会を開催。やはり主計官や主計企画官が講演した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報